野田村 生ウニ口開け

■岩手日報
「浜に活気、ウニ大漁 野田で解禁」(7/10)

先週の土曜日、赤い旗があがりました。
生ウニの口開けの日です。

三陸・野田村の美味しい海草を食べてすくすく育ったウニは美味しいですっ!
身はプリッとして、口の中にいれるとトロ~ッととろけて、甘く・・・・

生うに丼にするとが付くほどうまくて、
食べると 「ん~~~~~!!!」 と幸せいっぱい胸いっぱいになります。

今月は土用(丑の日)がありますが、ウナギじゃなくてウニでもいいんでないかなー
(丑の日の「う」からこの日に「うのつくもの」を食べると病気にならないという迷信だそうです)


ちなみにこの辺ではウニといえば牛乳瓶。中には海水が入っています。
「平べったい容器に入ったウニはどうもウニっぽくないな」と言われるぐらいです。


野田村内の鮮魚店でお持ち帰りのお土産としても買えますが、
もちろん野田村・国道45号沿いの各食堂では豪快な生ウニ丼が食べられます!!


旬の時期はまさに今大体お盆前まで。
ぜひ食べにいらしてくだんせ!

タグ:浜の話題

関連する記事

※記事の内容は取材当時のもので、最新の情報とは異なる可能性があります。最新情報は直接店舗等にご確認ください。

コメントする

公開されません

その他の記事

最近の記事から

過去の記事から

このページの上部へ

検索

プロフィール

岩手県九戸郡野田村(沿岸北部・三陸・三陸復興国立公園/陸中海岸国立公園・国道45号)の観光・物産・食、村の“ほっ”とな話題などをご紹介するブログです。

以前の記事

お知らせ