道の駅のだ&三陸鉄道北リアス線陸中野田駅

「道の駅・のだ」。
ここは三陸鉄道北リアス線・陸中野田駅と、道の駅が併設されているという珍しい駅です。
ちなみに「東北の駅100選」にも指定されています。



まず目に入るのが野田の牛方像
野田村といえば。野田塩を運んだベコ(牛)とそのベコを引いた牛方さんです。(この牛さんを撫でるとご利益があるとかないとか!?)



道の駅のだには、観光物産館ぱあぷる、その二階にはレストランぱあぷる、その隣には産直ぱあぷると並びます。


左側が「のだ塩ソフト」が大変人気のソフトクリームハウス、その右隣が三陸鉄道北リアス線陸中野田駅です。


その右隣が観光物産館で、さらに向こうが産直です。

観光物産館ではやはり天然塩「のだ塩」が人気だそうですが、わかめやまつも、すき昆布などの海藻類も人気なのだそうです。三陸産の海草は根強い人気がありますね!


道の駅を見わたすと、やはり他県ナンバーもちらほら。
観光客、トラックドライバー、駅を利用する通勤通学の皆さん、さらには産直へ立ち寄る地元民と、大変賑やかな道の駅です。




さて、今日はせっかくなので、三鉄を見にいってみましょう!



あれ、のんちゃんが「オイラ」とか・・・・。そんなキャラだったの!?




りくちゅうのだ駅です。
野田村は「陸中海岸国立公園」の中の一箇所でもあるので、「陸中」が付くのでしょうか。


木の肌触りがよいベンチ。


ソルト・ロード(=塩の道)



冬は人気の待合室。




田んぼが広がるのどかな景色。
そういえば高校生に入ったばかりの春のこと、「野田駅に着くと『田舎の香水』がする」って言われたなぁ。田舎の香水・・それは田んぼの堆肥のかほり・・・




なじみのデザイン、36形気動車 36-1103。
いわゆる汽車ですが、しゅっしゅっぽっぽではなく、動力源はディーゼルエンジンです。

今回は2両。結構たくさん乗られていました。観光にいらっしゃった皆さんでしょうか。

宮古方面へ出発する三鉄。次は野田玉川駅ですよ~。




そして最後にソフトクリームハウスで夏季限定の「トマトサンデー」を。
野田村で獲れたトマトをジャムにして、バニラアイスにトッピングしたんだとか。


トマトの酸味もなく、あまくて食べやすいものでした。
トマトってジャムにもいいんですね!


秋の行楽に、ぜひ道の駅のだへお寄りくださいませ♪
10月の土日限定で登場する、野田村特産山ぶどうの生果直売も見逃せませんよ~!

タグ:産直, 道の駅のだ, 陸中野田駅

関連する記事

※記事の内容は取材当時のもので、最新の情報とは異なる可能性があります。最新情報は直接店舗等にご確認ください。

コメントする

公開されません

その他の記事

最近の記事から

過去の記事から

このページの上部へ

検索

プロフィール

岩手県九戸郡野田村(沿岸北部・三陸・三陸復興国立公園/陸中海岸国立公園・国道45号)の観光・物産・食、村の“ほっ”とな話題などをご紹介するブログです。

以前の記事