生き抜いた浜辺の花たち

先週の岩手日報に、野田村の十府ヶ浦海岸にハマナスの花が咲いた・・・という小さな記事が載りました。

 希望の花ハマナス咲く 野田の十府ケ浦海岸(岩手日報 - 2011/07/01)


私はてっきり、流されちゃったろうなー(´・ω・`)と思っていたので

エッ!!
流されてなかったの!?



(一度見てきたつもりだったのですが、気がつきませんでした・・・ △5月9日時点)



というわけで撮りに行ってきました。

元・ドライブイン安来と安来直売所があった場所に車を停め、国道45号を渡り浜へ下ります。

浜辺に緑色の部分が!小さな川を挟んだ向こう側にも。



!! ほんとに咲いてる~!!



砂浜にへばりつくように広がって咲くハマエンドウに・・・。

今はシーズンを過ぎたよう。こちらも去年は見事でした。


そしてハマヒルガオもけっこう残ってくれています。



そして野田村の村花である、ハマナス

例年であれば咲き始めて1ヶ月ぐらい経っているころですが、まだ咲いてくれていました。良かった。

群生の中に入ると、まるで香水のようなあま~い香りにむせかえるようです。



ハマナスの木はもがれていますが・・・

残った花たちが、けなげに咲いてくれました・・・。

岩手日報の記事によれば、村やむらづくり運動推進協議会が中心となり、ハマナスを増やす活動をされるそう。


撤去作業は急ピッチで進められていますが、復旧作業はまだまだこれからです。



この米田水門ざっと20メートル弱あるように見えますが、てっぺんが壊れているのが見えるでしょうか・・・

津波がこの高さをもゆうに超えたというのです。


米田水門のゲートは閉じられていました。



津波・塩害なんのその、生き残って花をさかせてくれた海辺の花たち。

見に行くと、たくましい花々から元気をもらえるかもしれませんよ。



【関連記事】




(haru)
・野田村では災害義援金を受け付けています
・野田村役場公式ホームページ(災害・復旧・生活などの情報はこちら)
・野田村社会福祉協議会/野田村災害ボランティアセンター

タグ:十府ヶ浦

関連する記事

※記事の内容は取材当時のもので、最新の情報とは異なる可能性があります。最新情報は直接店舗等にご確認ください。

コメントする

公開されません

その他の記事

最近の記事から

過去の記事から

このページの上部へ

検索

プロフィール

岩手県九戸郡野田村(沿岸北部・三陸・三陸復興国立公園/陸中海岸国立公園・国道45号)の観光・物産・食、村の“ほっ”とな話題などをご紹介するブログです。

以前の記事