苫屋さんでのこぼれ話

今回は、前回の記事のこぼれ話です。


西表島から送られてきたというパッション茶。精神安定効果があるんだとか



私が苫屋さんに訪問すると、お二人のお客様が囲炉裏を囲んでいらっしゃいました。
(お連れ様ではなく別々の旅のかたです)



お一人は札幌からいらしたという男性の方で、
「なんだかオーラのある方だなぁ~」・・・と思っていたら、
アイヤキーさんというレゲエシンガーの方でした。
やっぱしオーラは本物だった!Σ( ̄ロ ̄)
昨日、お隣久慈市さんで10周年を迎えたというお店で、ライブをされてきたそうです。

頂戴した名刺には、ウェブサイトのアドレスもありました~
http://iyahkie.com/
ちなみに「アイヤキー」というお名前はジャマイカの師匠が付けてくれたそうですっ!
さすが、渋くてすてきなお声でした!



初めて飲むパッション茶は、"めかぶ"とよく似た風味だった。ごちそうさまです。


そしてもうお一人は女性の方。
はるばる愛知からいらっしゃって・・・野田村でボランティアをしてくださったということでした。ありがとうございます!!
太鼓の上手な(和太鼓やってたんですって!)、雰囲気のある素敵な方です。

そのお話の中で、ふと「野田村の観光ブログって、どなたがやってるんですか?」というお話が出てきて 「!」 ・・・わわ わたしです(*ノωノ) と挙手


この方は、『今回の旅は岩手県へ』と決めてくださっていたそうなのですが、
では岩手県の中でどこへ行こう・・・とネットで調べていたところ
たまたまこのブログも見ていただき、そして野田村へ訪れていただいたそうなんです。



なかなか面と向かって
「ブログを見て野田村に来ました」というお話をいただいたことがなかったので
恥ずかしくて(恥ずかしがってちゃダメなんですが)、うれしくて、ビックリしました(*ノωノ)


先日にも、以前ボランティアとして野田村に来てくださった方より
「いつもブログを拝見しております」とすてきなメールを頂戴して
やっぱりそんな気持ちになりました。




よーし、野田村を知るきっかけをいっぱい作れるように、
江刺のぽんたくんにはかなわないけれど(ビシ!(; ̄Д ̄)
これからもがんばるぞー!!


今日の苫屋のご主人は、のだ砂まつりのTシャツでした。いいなぁ!



お二人とも、これからまたそれぞれ別の場所へ向かわれるそう。
どうぞ良い旅を!!
(haru)
・野田村では災害義援金を受け付けています
・野田村役場公式ホームページ(災害・復旧・生活などの情報はこちら)
・野田村社会福祉協議会/野田村災害ボランティアセンター

タグ:久慈市, 苫屋, 苫屋

関連する記事

※記事の内容は取材当時のもので、最新の情報とは異なる可能性があります。最新情報は直接店舗等にご確認ください。

Comments [4]

No.1

TITLE: No title
SECRET: 0
PASS:
素晴らしいですね??(^^)/

ワタクシ

そんなコト

言われたコト

ないっす(爆)

No.2

TITLE: No title
SECRET: 0
PASS:
>noboさん

! そうなのですね・・!

そういったお声をいただけるのは励みになります。

いつか来たい、もちろん来ていただけたらすごく嬉しいですが、そのお気持ちだけでも嬉しいです。

どうもありがとうございます!!

No.3

TITLE: No title
SECRET: 0
PASS:
>かもん長者様

私はComeOnブログを読んで、金ヶ崎町に行った気にもなり、機会があったら金ヶ崎に行くぞー!って思うようになったんですよ!

新聞でも金ヶ崎が出てると、「おっ」と見るようになりました。

読みやすいけれども真剣な長者さまのブログは、ほんとーにお手本になります。これがまた、難しいんですけどね・・・。

No.4

TITLE: No title
SECRET: 0
PASS:
おしょす(ノ∀?*)

コメントする

公開されません

その他の記事

最近の記事から

過去の記事から

このページの上部へ

検索

プロフィール

岩手県九戸郡野田村(沿岸北部・三陸・三陸復興国立公園/陸中海岸国立公園・国道45号)の観光・物産・食、村の“ほっ”とな話題などをご紹介するブログです。

以前の記事