謹んで、新春のご挨拶を申し上げます。

旧年中は、全国の皆さまにはひとかたならぬご厚情を賜り、
心より深くお礼申し上げます。

本年もどうぞ宜しくお願い申し上げます。





さて新年1月1日(日)―

三陸鉄道さん主催の臨時列車「初日の出号」が運行されました。


例年、初日の出を拝み初詣を行う臨時列車「初詣号」を運行していましたが、
津波のため小本(岩泉町)―陸中野田間が不通となってしまいました。

今年は、三陸鉄道北リアス線「さんりくしおさい号」(レトロ&ゴージャスな内装のすてきな列車です!)にて久慈駅出発、陸中野田駅へ。そして近くの線路に徒歩で移動しご来光を拝むという短縮コースです。

レールのない線路


幸い、風もほとんどなく海も穏やかで、寒いものの耳やほっぺがちぎれそうな感じはありません。

マ、マイナス6度だけどね....



今回のご参加者さまは53名。

また野田村でボランティア活動をしている「チーム北リアス」の皆さん、久慈広域観光協議会の皆さん、また野田村からは野田村長、野田村青年会、野田村商工会青年部も参加。

あったか~い甘酒がふるまわれましたっ。


この水門の屋根の上まで津波が来ました。



そして・・・・あの津波を被っても無事だった黒松と・・・

『奇跡の東屋』(村長命名)

現在あそこに行けるかっていうと、んー、行けなくもありません。
でもあんまり気軽には・・・。今度行ってみるかー。



そして、空も明るくなってきた日の出時刻6:50、
十府ケ浦海岸の水平線と雲の隙間から あふれる光が・・・・

「あっ!」



「見えてきたよ!」

「きれーい!」


出た出た!!

出たー!


ワタクシも人生初!の初日の出です~!(えっ


シャッターを切る方、手を合わせる方、バンザイをする方。。

(※柵からこちら側は工事中なのです)


薄暗かったまちなみが、みるみる朝日を浴びて明るくなっていきます。

なんて清々しい気持ち。新しい年の幕開けです。

↑工事中の体育館・図書館(生涯学習センター)・役場・銀行...



美しいご来光を皆さんで拝むことができて、幸いでした。

甚大な被害を受けた三陸沿岸部で、三陸鉄道さんは震災5日後に久慈~陸中野田間で運転を再開させました。
同3月中には宮古~小本間でも運転再開、3月いっぱいはなんと運賃無料で列車を運行させ、被災地の足となりました。

現在、復旧に向け工事が進められています。



被災地・三鉄応援にご参加くださった皆さん、
どうもありがとうございました!!



【関連リンク】




人気ブログランキングへ (haru)

・野田村役場公式ホームページ(災害・復旧・生活などの情報はこちら)

タグ:初詣, 初日の出, 野田村商工会

関連する記事

※記事の内容は取材当時のもので、最新の情報とは異なる可能性があります。最新情報は直接店舗等にご確認ください。

Comments [3]

No.1

TITLE: No title
SECRET: 0
PASS:
素晴らしいご来光

ありがたやありがたや?

嬉しいことの多い2012でありますことを†

No.2

TITLE: No title
SECRET: 0
PASS:
kayabuki110さんにとっても、穏やかで良い年でありますように。

No.3

TITLE: No title
SECRET: 0
PASS:
かもん長者さまにとっても、穏やかで良い年でありますように。

輝け、金ケ崎??!

コメントする

公開されません

その他の記事

最近の記事から

過去の記事から

このページの上部へ

検索

プロフィール

岩手県九戸郡野田村(沿岸北部・三陸・三陸復興国立公園/陸中海岸国立公園・国道45号)の観光・物産・食、村の“ほっ”とな話題などをご紹介するブログです。

以前の記事