三陸に春を告げる魚「ママス」

東日本大震災から13ヶ月が経ちましたね。

野田港では今、2年ぶりに三陸に春を告げる魚 真鱒(ママス)の漁が始まっています!


ママスは銀鱗の輝きが美しく、味も素晴らしい高級魚です!

お聞きするところによれば昔、エリザベス女王が日本を訪問された際に三陸産のママスを献上したというお話もあるとか。


ママスは鮭の仲間で、”サクラマス”とも言います。
大きさは1.5kg~3kg程度。獲れるのは3月末~5月までで、今が旬!


味はまさに絶品で、様々な魚を食べ尽くした漁師さんたちも太鼓判。
「食べると隣の人の頭をはたくほどうまい」んだとか(^△^;)


塩焼きにするだけでも、焼魚とは思えないほど上品でまろやかな風味が口の中に広がります。ほかに煮付けにしても美味しいそうですよ。


そしてもう一つが、やはり2年ぶりとなる『塩蔵わかめ』ですー!
野田村産の塩蔵わかめは、全国どこに出しても恥ずかしくありません(`・ω・´)


お湯にくぐらせ戻せば、たちまちピンとした美味しいワカメに早変わり。

「ワカメの味噌汁が苦手」だとか言っちゃう人、
このシャキシャキわかめを食べてごらんなさい!


というわけで、ここ小林魚店さんではママス(1本)2kg前後で5,000円。(送料別)
ご希望の方には、サービスで切り身にしてお届けするそうです♪



 

2kg前後のママスを切り身にすると、大体18切れぐらいに。


そして小林さんでは、このママスの切り身と塩蔵わかめ、干しまつもをセットにした
『野田村応援 春の三陸セット』も販売するそうです♪



ママスの切り身(8切)、塩蔵ワカメ(1袋250g入)、干しまつも(1袋3枚入)のセットで3,800円(送料別)
※干しまつもをすき昆布とチェンジすると3,400円(送料別)



野田村の各漁協で200隻以上あった漁船も津波でほどんど流され、残った船はたった数隻。一年経ち船も増えてきたとはいえ、まだ10隻や20隻ほど。
そのせっかく水揚げできたお魚も、商店街周辺から人が減ったことや、また風評被害も絡み合い、売れ残る状態だそうです。


「買っていただく」ことを通じて、ぜひ応援をおねがいします。
三陸、野田村の"今"をお届けいたします。

おいしいよっ!



-お店データ-

小林魚店


* 所在地:〒028-8201 岩手県九戸郡野田村大字野田26-15-2
* Tel :0194-78-2055
* 営業時間:午前8:00~午後7:00
* 定休日:毎週日曜日
* 交通:三陸鉄道北リアス線陸中野田駅から徒歩5分
* 通販⇒なにゃどやらねっと
 

人気ブログランキングへ (haru)

・野田村役場公式ホームページ(災害・復旧・生活などの情報はこちら)
 

タグ:三陸鉄道北リアス線, 陸中野田駅

関連する記事

※記事の内容は取材当時のもので、最新の情報とは異なる可能性があります。最新情報は直接店舗等にご確認ください。

Comments [2]

No.1

TITLE: No title
SECRET: 0
PASS:
うまそ・・・

わかめでお父さんの髪にもツヤ!

ということで通称

『ママス&パパス 夢のカリフォルニアなのだセット』ですね(^^)

No.2

TITLE: No title
SECRET: 0
PASS:
>かもん長者さま☆

頭の中のBGMは「夢のカルフォルニア」・・・♪

小林さんのお父さんがマスマス渋く見えてきた。

コメントする

公開されません

その他の記事

最近の記事から

過去の記事から

このページの上部へ

検索

プロフィール

岩手県九戸郡野田村(沿岸北部・三陸・三陸復興国立公園/陸中海岸国立公園・国道45号)の観光・物産・食、村の“ほっ”とな話題などをご紹介するブログです。

以前の記事