被災地応援くるみまんじゅう「興福」

ついに出来上がりました~!!

先月放送された「NHK・あさイチ」に登場し・・・
まるきん大沢菓子店さんから出たばかりのお菓子、
その名も「くるみまんじゅう 興福(こうふく)」です!


まるきん大沢菓子店の代表、大沢欽弥さんです。

こちらのお饅頭は、甘さ控えめのこしあんに和グルミがたくさん入っていて、しっとりした生地の上にも和クルミを乗せて焼き上げています。
この3月に一年ぶりに復活した野田村産の天然塩「のだ塩」も入っていて、味を引き立てています。


和クルミの香ばしい歯ごたえがあって、とっても美味しいですよ~(*>_<*)♥


 ぼくも味見したけど、これおいしいよ~!


これは、東日本大震災被災地支援チーム「SAVE IWATE(セーブイワテ)」さんで行っている三陸の和グルミプロジェクト”から生まれたお菓子です!

三陸の和グルミプロジェクトとは、三陸の被災地で「仕事を失った」「収入がない」といった方々が、クルミを拾ったり、またクルミの殻むきを行いそれをセーブイワテさんが買い取り販売することで収入につなげよう!というプロジェクトだそうです。


2011年秋、集まった和クルミはなんと23トン(230万個)!!ヾ( ̄0 ̄;ノ
その三陸産和クルミ(殻付き、むき実)は、いわて銀河プラザや岩手県盛岡市内の小売店、そしてAmazonなどネットで販売。


ところで和グルミには「鬼ぐるみ」と「ひめぐるみ」の2種類があり、大体が鬼ぐるみだそう。
和グルミは洋グルミに比べて濃厚でコクがあり、フルーティ!
お菓子にしてももちろん美味しいわけです。


というわけでこの「三陸産和クルミ」はお菓子にもなって登場。

おひとつは岩手県盛岡の老舗和菓子店 「造り菓子 竹芳」(ちくほう)さんで作られている和くるみ糖。醤油と砂糖で包み込み込んだお菓子だそうです!

そしてこのたび、被災地・野田村の「まるきん大沢菓子店」さんから「くるみまんじゅう 興福(こうふく)」が登場。


「“興”という漢字には、呼び起こす、起きる、始まるという意味があります。
福がたくさん興きますようにという願いをいっぱいに込めてこの名前にさせていただきました」
とお菓子職人の心さん。すてきな名前ですね。


クルミを採った皆さん、殻を割り実を剥いた皆さん、のだ塩を作っている皆さん、
そしてそれを支援していただいた皆さん・・・
たくさんの方々の想い・願いの詰まったお饅頭なんですね。


「くるみまんじゅう興福(こうふく)」は1個150円、6個・箱入りで1,050円。


まるきんさん、それから道の駅のだ(陸中野田駅併設)「観光物産館ぱあぷる」さんでもお買い求めいただけます。


また、まるきんさんでは、その鬼グルミの剥きくるみ、そして野田村の被災者の方々が作った手作り小物も販売しています。

ぜひ被災地の応援をお願いいたします!

ご注文、お待ちしております

 

-お店データ-


まるきん 大沢菓子店
まるきんブログ http://blog.goo.ne.jp/marukin-oosawa
住所:岩手県九戸郡野田村大字野田20-25-5
電話:0194-78-2538  FAX:0194-78-4126
営業時間:平日 朝9時~夜7時まで 土・日 朝9時~夜6時まで
定休日:第一、第三火曜日

 

【関連サイト】




【関連記事】




人気ブログランキングへ (haru)

・野田村役場公式ホームページ(災害・復旧・生活などの情報はこちら)
 

タグ:まるきん, まるきん, 観光物産館ぱあぷる, 観光物産館ぱあぷる, 道の駅のだ, 道の駅のだ, 陸中野田駅

関連する記事

※記事の内容は取材当時のもので、最新の情報とは異なる可能性があります。最新情報は直接店舗等にご確認ください。

コメントする

公開されません

その他の記事

最近の記事から

過去の記事から

このページの上部へ

検索

プロフィール

岩手県九戸郡野田村(沿岸北部・三陸・三陸復興国立公園/陸中海岸国立公園・国道45号)の観光・物産・食、村の“ほっ”とな話題などをご紹介するブログです。

以前の記事