震災がれきのゆくえ

今年の桜はちょっと遅め。


昨日は、野田村内米田地区の災害廃棄物仮置き場で 『安全祈願祭』が行われましたよー。


このがれき置き場に、選別・破砕機械などの中間処理施設が整備されるそうです。

作業場の土地整備(コンクリートしいたり)をして・・・・
実際の作業開始は6月頃の目途。


関係者60人ほどが参列、安全を祈願しました。


三陸鉄道の線路が近いですので、がれきの飛散防止のためにフェンスも作るそうです。


ところで災害廃棄物の仮置き場は、村内8カ所。

たとえば野田保育所跡地

保育所は別の場所に建設されます。先日、地鎮祭が行われましたね。


そのすぐ近くの、村営住宅跡地と・・・


そこからほど近い南浜地区(十府ケ浦)

三鉄運行再開のときは、よくここで写真撮られました


あと道の駅から近い、新山地区(野田港そば)と


そしてお隣久慈市に入りますが宇部地区 国道45号線沿い。
ここもかなりの山でしたが、分別して米田地区の2次仮置き場に運搬したそうです。


あと、車で10分ぐらい離れて下安家にもあります。


野田村の震災がれきは、推定約14万トン

岩手県内や青森県八戸、秋田県などでの処理を委託するそうですが、
現在片付いたのは約5%ほどだということです。

人気ブログランキングへ (haru)

・野田村役場公式ホームページ(災害・復旧・生活などの情報はこちら)

タグ:久慈市, 三鉄, 震災と復興

関連する記事

※記事の内容は取材当時のもので、最新の情報とは異なる可能性があります。最新情報は直接店舗等にご確認ください。

コメントする

公開されません

その他の記事

最近の記事から

過去の記事から

このページの上部へ

検索

プロフィール

岩手県九戸郡野田村(沿岸北部・三陸・三陸復興国立公園/陸中海岸国立公園・国道45号)の観光・物産・食、村の“ほっ”とな話題などをご紹介するブログです。

以前の記事