ご予約はお葉書で。野田村 苫屋(とまや)

本日は、野田村日形井地区にある「苫屋」(とまや)をご紹介します。


苫屋さんは、築150年以上の南部曲り家を改装した、民宿&カフェです。

苫屋さんには、電話もない。テレビもない。
インターネットで旅館の方の声さえ聴かずに予約が完了するこのご時世
苫屋さんへ宿泊予約するには、なんと手紙ハガキという....( ゚д゚ )

手紙を書いて、投函して、お返事が届くのを待って・・・
それは時間のかかるものですが、そのやり取りからが既に旅のはじまり。

その魅力が口コミで伝わり、今や全国各地からお客さまが足を運んでくださるそうです。




場所ですが、先日アジア民族造形館の記事を紹介しましたが、その近くにあります。
野田村へ来るにも時間がかかると思いますが、野田村(陸中野田駅/道の駅のだ)についてから更に車で15分。



山の中へどんどん進んで行きます。
すると、同じ野田村とは思えないほど、のほほ~んとして時間がゆっくり流れている雰囲気♪癒される~♪
苫屋さんの前にはこんなきれいな川が(>_<)

苫屋さんに行ったこの日には、川に魚がいました。
夏には、虫取りもできるかもしれませんね~



そしてそして、お待たせいたしましたぁ~!
茅葺き屋根の南部曲り家!
こちらが「苫屋」さんです~♪ 藍色の“のれん”が営業の目印ですよ。



入口の看板には今日のランチメニューが。

・チキンと大根のシチュー ライス・サラダ・コーヒー付 1,000円
・チーズケーキ、バナナケーキ 各250円




ガラガラと木戸を開け、中へ入ってみると・・・。
カランカラン♪♪♪


昔を感じることができる囲炉裏。

奥にはテーブルもありますが、この囲炉裏を囲んでのお食事もいいですよね。

こんな縁側もあり、川の流れる音も聞こえ、ホントに落ち着く空間!

時計のカッチコッチという音・・・風が吹けば風鈴の音も聞こえ・・・・

ゆったり夏を満喫できる場所です(^^♪



この日はケーキとコーヒーを頂きました(^_^)
こちらはバナナケーキです!!

そして・・。
こちらがチーズケーキ!
濃厚なのに、しつこくない味です。

どちらも、苫屋(坂本)さんの手造り^m^
とーってもおいしかったです。
たくさんの方に食べてもらいたいです。



ケーキセットのコーヒーですが、なんとその場で豆から挽いてくれます。

それが壁に取り付けてある、このレトロなコーヒーミル。
クルクルと手回しで!!
なので、コーヒーもほんとにおいしい(^^♪



民宿ですが、カフェ・ランチは予約不要です。
ぜひぜひ苫屋さんへどうぞ!


-お店データ-

苫屋(とまや)
  〔住所〕〒028-8201 岩手県九戸郡野田村大字野田5-22
  〔TEL〕
  〔営業時間〕カフェ・ランチは午前9:00~午後6:00
  〔定休日〕カフェ・ランチは毎週月曜定休
   ※冬季休業がございますのでご注意くださいませ。
  〔問い合せ先〕当民宿には電話はありません。ご予約は手紙やはがきでお願いします。
   ※飛び込みの宿泊もできますが、満室の場合もありますのでご注意ください。

詳細は野田村観光協会ホームページをご覧ください。

(あっこ)



人気ブログランキングバナー 人気ブログランキング シーズンバナー
◆もっと岩手県ブログが読みたい方は 《人気ブログランキング・岩手》 へどうぞ~

タグ:カフェ, ランチ, ランチ, 苫屋, 苫屋

関連する記事

※記事の内容は取材当時のもので、最新の情報とは異なる可能性があります。最新情報は直接店舗等にご確認ください。

Comments [2]

No.1

TITLE: No title
SECRET: 0
PASS:
>くまんちゅ様

コメントありがとうございます。

坂本さんもお元気で頑張ってますよ(^_^)

苫屋さんから役場までジョギングはすごいですね!!

結構、遠いですよね?。健康ですね!!

時間がありましたら、ぜひ、野田村へお越しください。

お待ちしております。

No.2

TITLE: No title
SECRET: 0
PASS:
>くまんちゅ様

塩の道も5月に歩きましたが、いい感じに疲れました(>_<)

山登りをしている高齢の方のほうが体力があり、びっくりでした。

でも、頂上に着いた時の達成感はすごく気持ちよかったので、次の機会も参加できたらなと思っています。

コメントする

公開されません

その他の記事

最近の記事から

過去の記事から

このページの上部へ

検索

プロフィール

岩手県九戸郡野田村(沿岸北部・三陸・三陸復興国立公園/陸中海岸国立公園・国道45号)の観光・物産・食、村の“ほっ”とな話題などをご紹介するブログです。

以前の記事