あわび×100

昨日は今季初めてのアワビの口開け(口開け=漁解禁日)でした!
アワビは11月~12月の決まった回数口開けされ、組合員だけが取ることができます。


組合員の漁師さんたちは、長いカギザオを使って上手にアワビを獲っていました。

およそ80隻の船!壮観!
箱めがねで海底を見ながら、カギサオで岩からアワビを剥がします。


漁の時間は2時間と決められているそうですが、
それが終わると一斉に野田港へ向かっていきます。
約80隻が列をなして港に向かうのも壮観!

では、ワタクシも野田港へ移動します。ブーン!(((((っ・ω・)っ
すでに船が引っぱりあげられてました。


野田港は漁船でわちゃわちゃ
あっ、いつもごくろうさまです!
アワビを見せてくださ~い。

どうしてみなさん、きれいに並べてるのかな?
と思ったら、100個が上限なんだそうです。


アワビを検査されるそうで、皆さん順番を待ってました。左のはよく太ってますね!
規定の大きさ以上のアワビのみ獲ってよいことになっているそうで、漁師さんはちゃんとアワビ定規を持っていました。



アワビカギ(カギサオ)。これで船上からアワビを獲るんだそうです。スゴイですね。。

アワビの「稚貝(赤ちゃん)」の跡を見せてくれました。
アワビの殻は、殻の内側全体から層が付加されて厚くなってゆき、成長するそうです。

三陸産アワビといえば高級品
ジモッティーといえど食べる機会は少なく、
ワタクシにおいては冠婚葬祭ぐらいです(笑)


でもコリコリとした食感のアワビの刺身は大変美味・・・。
これからの時期、お歳暮として活躍します。


(ハル)


この記事が気になりましたらお気軽にコメントやシェアしていただければ幸いです。

タグ:浜の話題

関連する記事

※記事の内容は取材当時のもので、最新の情報とは異なる可能性があります。最新情報は直接店舗等にご確認ください。

コメントする

公開されません

その他の記事

最近の記事から

過去の記事から

このページの上部へ

検索

プロフィール

岩手県九戸郡野田村(沿岸北部・三陸・三陸復興国立公園/陸中海岸国立公園・国道45号)の観光・物産・食、村の“ほっ”とな話題などをご紹介するブログです。

以前の記事