さんりく駅-1グルメ 陸中野田駅〔レストランぱあぷる〕

こんにちは!昨日・今日といいお天気が続きますね~。

こんな日はのだ塩ソフトが食べたいですね~。

道の駅のだ(三陸鉄道北リアス線・陸中野田駅併設)は今日もにぎわっています♪

かわいいチューリップが満開

さて、本日ご紹介しますのは今年度2度目のランチ♪

三陸沿岸の鉄道各駅のお勧めグルメを紹介するフリーペーパー、さんりく駅-1グルメ(三陸鉄道、JR東日本盛岡支社ほか発行)というのがあります。

今回発行される第7号(2015年 春夏号)は「浜の母さん料理特集号」
岩手県主催「いわての浜料理選手権」とコラボレーションした各駅メニューが並びます。



三陸鉄道北リアス線 陸中野田駅 今回の駅-1(エキイチ)グルメは、野田村漁協女性部さんとレストランぱあぷるさんがコラボした
☆ホタテ丼とホタテスープセット☆
(ホタテスープ・ホタテ丼・小鉢・お新香)
1,000円(税込)※1日5食限定

です!
こちらが、「いわての浜料理選手権」に野田村漁協女性部さんが出品されたとゆーホタテスープ

{{o(*>_<*)o}}

・・・美味し~!!

ホタテまつりで食べた「荒海汁」も美味しかったけど...これも絶品です... いいダシしてるぜ!



野田村と言えばホタテの産地。特に野田村産のホタテは「外海」で養殖されているので、貝柱に厚みがありプリプリ・濃厚できれいな甘みが特徴です!

このホタテスープに使っているのはもちろん野田村産!
そして凍み豆腐を使ってるのがポイントで、凍み豆腐が美味しいスープを吸ってるので、食べるとジュワ~ッと旨味が出てきて二度美味しいのです(*>∀<)o




一方こちらは、なんとホタテを使用した天丼・ホタテ丼!
ホタテを天ぷらですか!? Σ( ̄ロ ̄)

丼ぶりにホタテっていえば刺身になる沿岸民の感覚としては、むしろ新鮮!!

(レストランぱあぷるの桜庭さんは、小さい貝柱のホタテをたくさんいただいたときは、耳ごとかき揚げにするそうです!美味しそう!)

使用しているホタテはもちろん野田村産!
ほかの天ぷらの具は、その日のおすすめだそうです☆

ふっくらやわらか・・・
スープとは全く違うホタテの甘みを味わえます。

天ぷらと甘い天つゆがかかったご飯を一緒にかきこむとまた美味しい。


これに小鉢(この日はタコのお刺身)とお新香が付いて1,000円。
野田村漁協女性部さんとレストランぱあぷるさんがコラボした『ホタテ丼とホタテスープセット』、限定数ですが、ぜひ召し上がってみてくださいね。

レストランからは三鉄も見えるのだ(⌒▽⌒)

-お店データ-

レストランぱあぷる
  〔住所〕〒028-8201 岩手県九戸郡野田村大字野田31-31-1
     道の駅のだ・観光物産館ぱあぷる2階
  〔TEL〕0194-78-4191
  〔営業時間〕11:00〜15:00
  〔定休日〕毎週水曜日、年末年始休業
  〔席数〕35(カウンター、テーブル、小上り)
  〔ウェブサイト〕http://nodaeki.com/restaurant/

[#IMAGE|S72#]『ホタテ丼とホタテスープセット』
  〔予約〕ご予約は必要ありませんが、混雑している場合はお待たせいただく場合がございます
  〔限定数〕1日5食限定
  〔期間〕平成27年4月下旬~9月まで(予定)

[#IMAGE|S72#]さんりく駅-1グルメについては三陸鉄道様ウェブサイトをご覧ください。
この記事が気になりましたらお気軽にコメントやシェアしていただければ幸いです。

タグ:ランチ, レストランぱあぷる, レストランぱあぷる, 道の駅のだ, 陸中野田駅

関連する記事

※記事の内容は取材当時のもので、最新の情報とは異なる可能性があります。最新情報は直接店舗等にご確認ください。

コメントする

公開されません

その他の記事

最近の記事から

過去の記事から

このページの上部へ

検索

プロフィール

岩手県九戸郡野田村(沿岸北部・三陸・三陸復興国立公園/陸中海岸国立公園・国道45号)の観光・物産・食、村の“ほっ”とな話題などをご紹介するブログです。

以前の記事

お知らせ