歩く旅を楽しむルートマップ「みちのく潮風トレイル」野田~普代開通式

先日8月3日、野田村役場にて
「三陸復興国立公園の創設を核としたグリーン復興のビジョン」(環境省)の一つである「みちのく潮風トレイル」やませ海道編[野田村~普代村北部]開通式が行われました!

環境省の自然保護官 櫻庭さんからルートマップを受け取る野田村副村長
(と、すっきぃ&えんぞー・のんちゃん❤)


みちのく潮風トレイル』は、青森・岩手・宮城・福島の4県にまたがる全長約700kmのロングトレイル。今回開通したのは、野田村の三陸鉄道北リアス線「陸中野田駅」から普代村の「普代駅」までです。



長い弧を描く砂浜が美しい野田村の十府ヶ浦海岸や、普代村の普代水門などが見どころです。山と海両方の自然を体験できるだけでなく、街中を通り地域との出会いも楽しめるルートですよ♪
※過去「JR駅からハイキング」の写真
震災後は防潮堤工事で砂浜も入りづらいかもしれませんね~


トレイル(trail)とは――
森林や原野・里山・海岸・集落などを通る「歩くための道」を指す言葉。

観光施設へ行ったり景勝地を眺めて終わる短時間の観光スタイルではなく、
歩くスピードで旅することで、土地のありのままの魅力に出会う
という旅のスタイルです。




開通したといっても、トレイル用の遊歩道が整備されたとかではありません
環境省と地元の人たちで検討し決めたルートをマップ化。
そのルートマップを元に、ご希望の方が個人で歩いて楽しむわけです。



というわけで、これができたてホヤホヤのルートマップ『やませ海道編[野田村~普代村北部]』(*^▽^*)
広げると・・・
じゃーん、大きいA1サイズ!!
細かい!
今まで「歩く人向け」のマップがなかったので嬉しいですね!!



このマップは野田村内では、今のところ
道の駅のだ・野田村役場(産業振興課)・国民宿舎えぼし荘で入手可能です。
マップデータは公式ウェブサイトに公開されており
ご希望の方はルートマップのお取り寄せも可能だそうですよ~

地元の皆さんも、ルートマップを見て歩いてみてね!


-データ-

みちのく潮風トレイル(環境省)
  〔公式ウェブサイト〕http://www.tohoku-trail.go.jp/

  〔ルートマップのお取り寄せ方法〕

▽下記アドレスのページ下部をご覧ください。
http://www.tohoku-trail.go.jp/routeIntroductions
※郵送代はお客様ご負担となります。

〒980-0014 宮城県仙台市青葉区本町3-2-23 仙台第二合同庁舎6F
東北地方環境事務所「みちのく潮風トレイルマップ郵送係」
TEL:022-722-2874/FAX:022-722-2872

この記事が気になりましたらお気軽にコメントやシェアしていただければ幸いです。
野田村観光協会Facebookページはこちら


【関連記事】


タグ:みちのく潮風トレイル, みちのく潮風トレイル, 道の駅のだ, 普代村

関連する記事

※記事の内容は取材当時のもので、最新の情報とは異なる可能性があります。最新情報は直接店舗等にご確認ください。

コメントする

公開されません

その他の記事

最近の記事から

過去の記事から

このページの上部へ

検索

プロフィール

岩手県九戸郡野田村(沿岸北部・三陸・三陸復興国立公園/陸中海岸国立公園・国道45号)の観光・物産・食、村の“ほっ”とな話題などをご紹介するブログです。

以前の記事