みちのく潮風トレイルウォーキングin野田コース:その1

こんにちは!
今日もきもちいい秋晴れです!

昨日も素晴らしい秋晴れのもと、「みちのく潮風トレイルウォーキング」が開催されました!
慣れない運動で本日の私の体は悲鳴を上げています。日頃の運動不足が...(/ω\)
 


ともあれ見てください、このおびただしい数の参加者のみなさま!


100名弱(約半分は盛岡方面ツアー)+スタッフ30名弱の約120名!
(※出発地点「道の駅のだ」で準備運動中)

環境省が整備する「みちのく潮風トレイル」野田村-普代村北部区間開通記念となるこのイベント。もう一つの出発点・普代村では57名の参加者があったという事でしたので、そちらもスタッフ込70人以上。

イベント全体ではナント合計200人近くです!!
こんな大人数でのウォーキングイベントは初めてですよ。

 
参加者にはルートマップ、バッジをいただけました★
 
野田コースは道の駅のだを出発し、普代村「まついそ公園」へ13:30までのゴールを目指します。
なお案内人は、みちのく潮風トレイルを整備する環境省 自然環境局の皆様、今回のイベントの主催である県北広域振興局の皆様、共催の三陸ジオパークの皆様、地元・野田村役場の皆様、そして久慈広域観光協議会の皆様などがつとめます!
 

info018:40『【1】道の駅のだ』スタート

→駅前から信号を渡り(国道を横断)、アンバーハートさん~大沢石油さん前の十字路を直進、宇部川沿いの道路へ出たら左折。


北区「宇部川」沿いの道路

右折して野田橋を渡り、野田のメインストリート(商店街)を通過します。

きれいに見えるけれど、まだ津波の跡が残る商店街
 
【2】野田村仮設商店街です。
13.4mの高さを誇る愛宕神社大鳥居が立つ参道広場を抜けて・・
海蔵院の前を通り、赤い橋の川を渡って・・・
左折してまるきんさんの前を通って田中時計店さん前を右折、野田村役場前を通ります。
広場ではちょうど村の消防団消防操法大会をやってました!
がんばれ消防団!
総合センター~JA新いわて野田支所前を左折~スマイル直売所を通り左折・・・
↑トレイルルートの目印、水色のテープ
 
小さな橋を渡ったら右折し、泉沢方面へ住宅地を進みます
もと中野商店(お富さん)のところを左折・・・
この辺りは海に向けてがらんとした風景で、「震災前は何か建っていたであろう」と津波の恐ろしさを感じる場所でもあると思います
まっすぐ行ったら、三日市場橋を渡って国道45号方面へ

泉沢川を通過。溯上してる鮭が見えました!
国道45号に出るので右折。
建設中の防潮堤や、残った松の木が見えます。

しばし歩くと三陸鉄道の線路のうえを通ります

すると左手にキラキラと青い海が・・・!

あっ、海だ!潮風だ!


sun9:24 第1休憩ポイント『【3】十府ヶ浦(とふがうら)』海岸です!

震災で折れた、綿津海神社の龍の木がお出迎え~。
や~キレイな海ですね!!

9:30しゅっぱーつ。


現在、国道は防潮堤工事のため、ぐるっと迂回するようになっています。

海の見えるビューポイントの終わりあたりで、右手の空き地に寄り道。

 
「くんのこほっぱ」とは、琥珀採掘場を意味する久慈地方の方言です。

 

国道を逸れて、空き地のところをナナメ右に右折、土内方面へ。

のどかな住宅地を抜け・・・

大成ロテック様・野田玉川鉱山様の看板をナナメ右に。
しばらく歩くと、「マリンローズパーク野田玉川」の看板が!
info0110:07 第2休憩ポイント、『【5】野田玉川鉱山跡地(マリンローズパーク野田玉川)です!
 
三陸ジオパークのジオサイトです!
今度ゆっくり見学に来てくださいね。
(※11月〜4月中旬は冬季閉洞)

 

子どもたちはここの公園で遊ぶ元気っぷりを見せますが、出発からおよそ1時間半、私はもう疲れ気味。(苦い笑い)

10:21 休憩・お手洗いを済ませて、しゅっぱーつ。

右方面へ下っていくと、玉川保育所の手前に左に曲がるところがあるので、左折。


ここを曲がらず、のだ窯ギャラリーIZUMITAさんを覗いてから国道45号を左折でもいいですけどね。

ここで国道45号を横断、まっすぐ行って三陸鉄道「野田玉川駅」を目指します。
右みて左みて~

あちこちに柿の木が♪ きれいですね~。

10:38 三陸鉄道 野田玉川駅手前。
野田玉川駅前の駐車場に入る手前で、右へ降りていく道路があるのでそちらへ。

あっ、三鉄だ!ワ~!ふりふり!(←条件反射)

細い道を下って行くと、わぁ、海だぁぁ~

玉川漁港が見えます★
道路真下を見るとコバルトブルーがきれい!

車通りも少ない、いい道です
 

この玉川漁港の右側高台に上っていく急な坂道がありますが、

かの西行法師が草案を結んだという言い伝えがある西行屋敷跡(玉川神社)があります。
今回は寄りませんでしたが、徒歩3分ほどですのでよろしければ寄ってみてくださいね★
漁港を過ぎたら道なりに上へ
ここにも三鉄の橋梁

 

橋梁の下を通ったら、左の道へ~~

野田玉川の奇岩「えぼし岩」のマンホール


坂道をのぼると、「玉川野営場」の看板があるので左折。

三陸鉄道ガード下をくぐって野営場へ向かうと、

なにやら手を振る黄色い物体が・・・

!!!

のんちゃんだーっっ(ノ*゚▽゚)ノ
まさかのサプライズゲ~スト!うれし~~~。ポヨンポヨン。←お腹を押す音


というわけで
info0110:52 第3休憩ポイント『【6】玉川キャンプ場(玉川野営場) 』です。


コースの4合目ぐらいなのだ!
 
高台にあり海の音が聞こえる小さなキャンプ場です♪(11月〜4月は冬季閉鎖)
 

10:58 休憩・お手洗いを済ませ、のんちゃんに見送られてしゅっぱつ!


ありがとうのんちゃん

 

この野営場の正面入口の手前に、右に降りていく山道があるので、そこを降りて行きます。

ここにも目印のテープ

このコースで初めての山道。1人通れる幅の小道です。


木が横たわっていたり、段があったり「おっとっと」
ゆっくり降りて行きますよ


2~3分降りていくと、わぁ! 眼下に海が見えてきました!


あらま~っshine


 キレイですね~~!
ここに来るのは久しぶりです!
 

【7】玉川海岸です!
降りると足元に漂着ゴミがたくさん。先日の高潮で砂浜に打ち上げられたんですね。。


十府ヶ浦にはない、細かい砂も少し残ってます!
夏場はここでサーフィンをする方も。

 
 
久慈層群下部の砂岩大露頭
 
左側を見ると、高い断崖絶壁。この周辺は、琥珀や、海生植物の化石、カキ化石密集層も発見された場所です!
そう、今回のイベントのチラシの場所ですね♪


通行は天候や海の状態に左右されますが、まさに「潮風トレイル」らしい風光明媚なルート!

 
震災前の姿であれば、十府ヶ浦海岸もこのように歩いていけたのでしょうね...。


小さな川をぴょんと飛び越え(あら素敵!)、

少し進むと右側に防波堤?があるのでそこを登ります。


砂浜なのははじめだけであとは石がゴロゴロなので、上の方がラクチン。
右に登り口。これを登ります。

下ってきたということは、登るということ(TωT)

 

この時点で出発からおよそ2時間半。約半分です!

ここまではなんとかかんとか後ろを着いて来れましたが・・・先行き不安・・・

さあ、後半へ続く!

 
 
―Data―
みちのく潮風トレイル
 『みちのく潮風トレイル』とは、被災した太平洋沿岸部を中心に北は青森県八戸市から福島県相馬市までの道をつなぐ700kmのロングトレイルコースのこと。「トレイル」とは、森林や原野、里山などにある「歩くための道」を指す。歩くスピードで旅することで、車の旅では見えない風景、歴史、風俗や食文化などの奥深さを知り、体験する機会を提供する。
 
▼ルートマップはウェブ上で公開されているほか、取り寄せることもできます。
みちのく潮風トレイル 野田村~普代村北部区間
http://www.tohoku-trail.go.jp/static/route/route09.html

「みちのく潮風トレイル」のお問合せは下記まで
http://www.tohoku-trail.go.jp/contact
この記事が気になりましたらお気軽にコメントやシェアしていただければ幸いです。
野田村観光協会Facebookページはこちら

タグ:みちのく潮風トレイル, ウォーキングイベント, 道の駅のだ, 普代村

関連する記事

※記事の内容は取材当時のもので、最新の情報とは異なる可能性があります。最新情報は直接店舗等にご確認ください。

コメントする

公開されません

その他の記事

最近の記事から

過去の記事から

このページの上部へ

検索

プロフィール

岩手県九戸郡野田村(沿岸北部・三陸・三陸復興国立公園/陸中海岸国立公園・国道45号)の観光・物産・食、村の“ほっ”とな話題などをご紹介するブログです。

以前の記事