三鉄ベアレンビール列車に乗ってきた

皆さんは列車でビール飲んだりしてますか。
この休み、「三鉄ベアレンビール列車」に乗ってきました。

今回企画されたこの三鉄ベアレンビール列車は、久慈駅を13:10に出発、約2時間半かけて久慈駅~田野畑駅を往復。その間、盛岡の地ビールメーカー「ベアレン醸造所」のビール飲み放題・プラスおつまみチケット付で3,500円という内容。
三陸鉄道の久慈駅には、ビール列車に乗る皆さんが集まっていました。この日の参加者は78名だったそうです。



今日乗る三陸鉄道北リアス線のレトロ列車2両。(写真右)

乗車すると、ありましたビールサーバー!6種類・スペシャルもあり。

三陸鉄道のレトロ列車「さんりくしおさい」の車内は、昭和初期をイメージしたレトロ調のデザイン。木目を基調とした壁や椅子、そして照明はなんとシャンデリア。
ベアレン醸造所の嶌田氏からのご挨拶をいただいたあと、みんなでカンパイ!



列車の中で、しかも昼間から飲むビールは最高!!
ちなみにこのピンクのビールは、ベアレンのスペシャルビール「盛岡クリーク」。クリークとは「さくらんぼ」のこと。さくらんぼビールなんて女子力あがるわー。ウマイ。


ほどなく陸中宇部駅を通過したところで、走る若者たちが!すごい、あまちゃん走!
車内からは「すごい!」「がんばれ!」と歓声が。
乗り合せていた野田村の小田村長曰く、走っていたのは野田村の青年たち。



野田村に入り陸中野田駅、ここではおつまみが来るらしく一度降ります。
なんと、ホームになもみがいます!写真写真!
「呑兵衛はいねがあ~」
めっちゃカメラポーズ決めてくれるなもみさん。
ここでは野田村の「洋食・旬彩料理 みなみ」さんが登場。おつまみ(お弁当)をいただきました。
なもみさん、宇部からあまちゃん走してきた青年たちに見送られ、再び出発。長い距離を走ってお疲れさまでした。



そしてこちらがみなみさんの厳選おつまみ。
ビールによく合うジューシーな南部福来豚のお肉に、荒海ホタテのアヒージョは美味しいエキスがたっぷり出て冷めても美味しく、バケットにぴったり。口直しのかぶのピクルスも良かったです。



三陸の海を眺めながらビールを楽しめる。いいですね~。
堀内駅(普代村)で一時下車。
普代村の黒崎荘さんのおつまみ「たこドッグ」がやってきました。ウマイ。

飲んで食べているうちに、早くも折り返しの田野畑駅に到着。
帰りの普代駅ではアツアツの普代村のこんぶ饂飩(ハーフ)。ウマイ。
そして景品が当たるジャンケン大会があり、とても盛り上がりました。
この日久慈では初雪が降り、外は寒い気温でしたが、三鉄の中はのん兵衛の皆さんの熱気にあふれていました。
美味しいビールにおつまみ、車窓からの美しい風景、車内のアトラクションに沿線からのパフォーマンス。
2時間ちょっとの短い時間でしたが、旅行気分を味わえました。
まだもう少し飲みたい、乗ってたい。そんな後ろ髪惹かれる思いで下車したのでした。



今度はこたつ列車も乗りたい。
楽しい旅をありがとうございました。

-関連リンク-

ベアレン醸造所 http://baeren.jp/
三陸鉄道 http://www.sanrikutetsudou.com/


つなぐビール

嶌田 洋一/ポプラ社

「世界に伝えたい日本のクラフトビール」コンテストでグランプリを獲得!盛岡の地ビール「ベアレン」の歩みと仕事術。

この記事が気になりましたらお気軽にコメントやシェアしていただければ幸いです。
野田村観光協会Facebookページはこちら

タグ:なもみ, なもみ, 三鉄, 三陸鉄道, 普代村, 野田村観光特派員

関連する記事

※記事の内容は取材当時のもので、最新の情報とは異なる可能性があります。最新情報は直接店舗等にご確認ください。

コメントする

公開されません

その他の記事

最近の記事から

過去の記事から

このページの上部へ

検索

プロフィール

岩手県九戸郡野田村(沿岸北部・三陸・三陸復興国立公園/陸中海岸国立公園・国道45号)の観光・物産・食、村の“ほっ”とな話題などをご紹介するブログです。

以前の記事