都市公園にのんちゃん花壇ができました

こんにちは、ハルです!
この土日に九戸村の道の駅に寄ったら、松茸が売ってました!
美味しそうな葡萄もたくさん♪秋ですね~。
さて先日、村内の海沿いを通る国道45号沿いに建設中の都市公園内(十府ヶ浦公園)を通りがかりましたら
野田小の皆さんが花壇を作ってるじゃないですか~~
ななんとこれは、のんちゃん!ステキ!
のんちゃんのまわりに色とりどりの花★
この花壇は小学生の皆さんがデザインしたものだそうです。
デザインを考えた当時5・6年生の皆さんや、苗木を育ててくれた皆さんから引き継いで、3年ごしに実現となりました
花壇は来年の春までにさらに増えることになってるそうです!!
この都市公園は、もともと民家などが立ち並んでいたわけですが、
震災後に新設された10m前後の盛り土と国道の間のくぼ地が、津波緩衝地帯(津波防災緑地)として都市公園となります
その広さはなんと約19.3ヘクタール(東京ドーム4個分の広さ)
この都市公園には地元の小中高生や村民の意見を取り入れられており、冒頭でご紹介したのはその一部です

また十府ヶ浦海岸が見えることろにも都市公園ができるわけですが
ここには望遠・休憩施設ができるそうです~
上の団地から見おろしてみると・・・・
ホタテ~!!
そのわきには展望台をつくってますね。
眺めよさそ~
来年からはここでガイドできるじゃん!

あと、その近くには三陸鉄道の新駅・十府ヶ浦海岸駅(仮称)も建設中。

三鉄と撮ってみた(※通過したところです)
都市公園にはイベント広場や遊具などの遊び場
円型のステージはイベントに使えそうですね
管理棟や
体育館ウラの川のむこう まだどこも建設中で入れません
そういえばここからよく見えるんですが、保健センターというのも役場バス車庫ウラのあたりに建設中です
「防災拠点施設」とあり避難ビルの役割も
あと商工会の向かい(岩手銀行野田支店さま隣)の第1公園にはトイレや東屋が出来てきました
左奥が中健さん、右奥が商工会です
ここには生き残った木が2本あるので、木のある公園に。
これまで図面だけだったものが、現実のものとなってきました。
震災後、花木がなくなりとても殺風景でしたが、
来年の春には、子どもたちが思い描いた花壇の花がたくさん咲くことでしょうね。
みなさんの憩いの場となる日が楽しみです。
のんちゃん花壇、国道を走行するお車からは見えにくいかもしれませんが
ぜひご覧になってみてくださいね♪

この記事が気になりましたらお気軽にコメントやシェアしていただければ幸いです。
野田村観光協会Facebookページはこちら


【関連記事】


タグ:復興事業

関連する記事

※記事の内容は取材当時のもので、最新の情報とは異なる可能性があります。最新情報は直接店舗等にご確認ください。

コメントする

公開されません

その他の記事

最近の記事から

過去の記事から

このページの上部へ

検索

プロフィール

岩手県九戸郡野田村(沿岸北部・三陸・三陸復興国立公園/陸中海岸国立公園・国道45号)の観光・物産・食、村の“ほっ”とな話題などをご紹介するブログです。

以前の記事