石巻蛤浜へ、苗木の植樹へ

突然ですが、アーモンドの花言葉をご存知ですか?

アーモンドと言えばおつまみなどに食べると美味しいあれですが、

花言葉は「希望」だそうです。

IMG_2780.JPG

 

3月8日、震災後に失われた防潮林を再びよみがえらせるために、また東日本大震災を千年後の子供たちに伝えるため発足された村内のグループ「のだ千年の松」が、宮城県石巻市へ向かいました。

 

 

IMG_2775.JPG

村の花屋「大沢園芸」さん(写真中央)から受け取り、車に積み込んだのはアーモンドの苗木20本。

小さな苗木は植樹しても鹿に食べられてしまう恐れがあるということで、2mほどの大きな苗木を調達してくださったそうです。

 

「3月11日の前に、直接お届けしたい」と、お二人が軽トラックで向かいます!

まるでそのへんの畑に行くようですが、行先は宮城県石巻市のその向こう....。

IMG_2793.JPG

「行ってきま~す」
「無事帰ってきてくださいよー!!」みんなで心配して見送りました

 

 

今回、苗木をお届けした石巻の“Cafe はまぐり堂”さん。
宮城県は石巻市牡鹿半島の蛤浜(はまぐりはま)という場所にありますが、東日本大震災で壊滅的な被害を受けた場所です。カフェを中心に、ふるさとの浜の再生させようと2013年3月11日にオープン。

ホームページで拝見しましたが、とても素敵なお店でした。

 

IMG_2777.JPG

 

現地の皆さんと、日当たりの良い斜面に植樹。

このアーモンド、実は春になるとにそっくりな花を咲かせるそうです!

 

どうか希望の木の花が、皆さんの心の励ましとなりますように・・・。

 

IMG_2619-001.JPG

 

 
 
 


この記事が気になりましたらお気軽にコメントやシェアしていただければ幸いです。
野田村観光協会Facebookページはこちら

タグ:3月11日, のだ千年の松, のだ千年の松, カフェ, 復興支援

関連する記事

※記事の内容は取材当時のもので、最新の情報とは異なる可能性があります。最新情報は直接店舗等にご確認ください。

コメントする

公開されません

その他の記事

最近の記事から

過去の記事から

このページの上部へ

検索

プロフィール

岩手県九戸郡野田村(沿岸北部・三陸・三陸復興国立公園/陸中海岸国立公園・国道45号)の観光・物産・食、村の“ほっ”とな話題などをご紹介するブログです。

以前の記事