のだ塩「白銀塩」

こんにちは!
皆さんのご家庭には“のだ塩”置いていただいてますでしょうかhappy01
わが家は茹で卵とか焼肉とか、付け塩としてよく使います♪
 
 
 
のだ塩は海水を鉄板に入れ、薪をくべ4日間かけて丹精こめて炊き上げられるお塩です。
職人さんが手間暇かけてつくっているので、質が高く、お料理を楽しくさせてくれるお塩になっています!!
 
20190131_IMG_9260.JPG
 
20190131_IMG_9263.JPG
 
のだ塩工房は野田村内で一ヶ所しかないんだよ。
 
 
ところでこちらの商品ご存知ですか?
 
20190131_IMG_9746.JPG
 
昨年から販売されている、のだ塩 白銀塩!!
 
20190131_IMG_9763.JPG
 
ふつうの「のだ塩」(レギュラー)と何が違うかお尋ねしてみましたところ、
塩分濃度が高いニガリから採取したお塩だそうで、採取量が少なく貴重なお塩なんだそう。
 
のだ塩工房でニガリをなめたことがありますが、本当に苦いsweat01
でもこのニガリ成分をほどよく残した塩は、独特の「まろみ」「こく」「あまみ」があるんだそうです。
ふしぎですね・・・
 
 
 
というわけで、試してみました!!
比較対象として、県外の他社製品もあります。
(Oさん、お塩のご協力ありがとうございます!)
 
20190131_IMG_9774.JPG
 
20190131_IMG_9769.JPG
 
粒が大きく粗塩に似ているのかと思いきや、とにかくキラキラshineでプレミアム感があります。まるで積りたての雪が太陽の光を浴びて輝いているよう。商品名も、この「白銀」のような見た目から付いたんだそう。
 
20190131_IMG_9761.JPG
 
試食してみたところ、結晶が大きく口の中でゆっくりとけます。(苦さはまったく感じません)
 
そしてのだ塩(3種類)はあまい。他社の塩はガツンとしょっぱいbearing
のだ塩の3種類の中で比べてみると、“白銀塩”がわずかにしょっぱいという意見がありました。
 
 
「白銀塩」は野菜やお肉などの食材の旨みを引き出してくれるので、加工にぴったりだそうです。
おむすび、唐揚げの下味、漬物など、ぜひお試しください!!
 

 

-商品データ-

のだ塩 白銀塩
200g 860円/500g 1,620円/2kg 6,480円
 
〔取扱店〕道の駅のだ 観光物産館ぱあぷる、ネットぱあぷる
〔お問合せ〕株式会社のだむら 0194-78-4171

この記事が気になりましたらお気軽にコメントやシェアしていただければ幸いです。
野田村観光協会Facebookページはこちら

タグ:のだ塩, のだ塩工房, 観光物産館ぱあぷる

関連する記事

※記事の内容は取材当時のもので、最新の情報とは異なる可能性があります。最新情報は直接店舗等にご確認ください。

コメントする

公開されません

その他の記事

最近の記事から

過去の記事から

このページの上部へ

検索

プロフィール

岩手県九戸郡野田村(沿岸北部・三陸・三陸復興国立公園/陸中海岸国立公園・国道45号)の観光・物産・食、村の“ほっ”とな話題などをご紹介するブログです。

以前の記事