blog_eyecatch.jpg

タグ「震災ガイド」の一覧

昨年度末、野田村保健センターと併設している防災拠点施設の3階を活用して「復興展示室」ができました というわけで、ガイドの研修も兼ね視察に行ってきました~ 2年前(平成29年)に役場の周辺に新しく建てられた野田村保健センターは、1階は保健福祉業務、2階は地域の集会所として、また緊急時には2~3階が緊急避難場所となります。 来月にはボランティアまつりも開催されますね! 館内にはスリッパに履き替えて入ります。 職員の方にお声掛けいただいてから入りましょう   村内ではほとんど見ることのないエレベーター   こちらが3階の展示室の入口! 入口には、鎮魂と復興を祈念し贈られた木彫地蔵尊「一里塚」が展示されています。   この日は、野田村役場の未来づくり推進課・廣内さんがご案内くださいました。   本展示室は「野田村の伝えたいこと」をテーマに、津波防災対策の考え方を将来に語り継ぐため、東日本大震災の記憶(本村における被害の写真など)、復旧・復興の歩み、防災マップのパネルが展示されています。   部屋中央には、2013年に「いわて失われた街 模型復元プロジェクト」として製作された、震災前の野田村の復元模型(ジオラマ)が展示されています。 こちらは住民の皆さんの思い出をもとにして作られたジオラマになっています。正確ではありませんが、震災前の営みや生業、そしてたくさんの思い出が詰まっていますね。 お祭りの山車もあったり!   こちらのテーブルは現在の野田村の地図もあって、ワークショップなどでは語り集う場として活用されそうです。     東日本大震災の野田村における浸水域や被害写真、復興事業、当時の「広報のだ」、避難への課題などを展示 本当にいろいろありましたね~   テレビもあり、目撃者がとらえた津波の映像をご覧いただけます。 そして、こちらの木のぬくもりが温かいテーブルベンチは、地元の久慈工業高校の生徒さんが製作してくれたものだそうです。     窓からは、大唐の倉、14メートルに嵩上げされた防潮堤、また土地区画整理事業を終えた街並みなど、ぐるりと見わたすことができます。   「復興展示室」は閲覧無料で、どなたでもご覧いただけます。 開放日は平日のみとなっていますが、震災伝承活動や震災学習などに役立てられればよいですね。   -詳細- 野田村 東日本大震災大津波 復興展示室 〔場所〕野田村保健センター3階(岩手県九戸郡野田村大字野田第17地割107番地) 〔開放日〕月曜日~金曜日 午前8:30~午後5:15 〔休館日〕土曜日・日曜日・祝日 〔問合せ先〕野田村役場 未来づくり推進課 TEL:0194-78-2963 (ハル) ≫野田村観光協会 ≫野田村役場公式 ≫のだ村に暮らすのだ! この記事が気になりましたらお気軽にコメントやシェアしていただければ幸いです。 野田村観光協会Facebookページはこちら 関連記事 模型復元プロジェクト展(野田村展) - 2014年1月15日 野田村の震災遺構 - 2017年7月 6日...

こんにちは!   先日、ボランティアガイド・観光関係の皆さんで、野田村の海岸防潮堤を視察してまいりました。 宇部川が海に流れ込む、野田海岸堤防の水門。 でっかっ! 人だ! てっぺんまで約24m。ビル6~7階建てに相当する高さ。   野田村内の主な復興事業は 土地区画整理事業(H30.3 事業完了!) 都市公園事業(津波防災緑地)(H30.3 事業完了!) 漁業集落防災機能強化事業(H29.3 事業完了!) 防災集団移転促進事業 (H28.3 工事完了) 災害公営住宅整備事業 (H28.3 事業完了!) 災害公営住宅整備事業(H28.3 事業完了!) 三陸鉄道新駅(完了!) 保育所移転(完了!) 消防署移転(完了!) 保健センター移転(完了!) 北区地区防災センター(完了!) 避難道路事業 などありますが (多い・・あらためて7年の年月を感じます・・・)、   現在も盛んと工事が行われているのが 県道野田山形線の付け替えや三陸沿岸道路 そして海岸防潮堤工事になります 岩手県振興局土木部の方にご案内いただきました   防潮堤は高さ14m、これは明治三陸津波を想定した高さです。 (東日本大震災など最大クラスを想定した防潮堤は現実的ではないので、住民の避難を軸としたまちづくり事業で「多重防御」することになっています。)   あのデカい水門は高さ24.3メートル・幅97.7メートルのコンクリート製。水門を渡り宇部川を渡ることもできるそうです。 ちなみに水門のてっぺんはT.P.24mですが、設計津波水位はT.P.18.5mで、その下の壁(防波堤っていうのかな)がT.P.13.85m。普代水門よりは低いですかね。 岩手県では東日本大震災では水門や陸閘を閉めるため海へ向かった消防団員48人が津波の犠牲になったことを受け、津波警報などを伝える「全国瞬時警報システム」(Jアラート)で一括して自動閉鎖されるような仕組みになるそうです。     十府ヶ浦海岸の方に移動して、米田地区の海岸防潮堤も見学。 きれいだな~ でも砂浜が減ったな~ 海岸の工事現場の中に、保護区域で花を咲かせるハマナスが見えますね。(もう大体咲き終わっちゃったかな?)     もしもしピット。普段ここに車を停めることは震災後あまりありません。 もう海は見えなくなるのか・・・と思いきや、 米田地区海岸堤防に合わせ、国道45号自体も2mほど嵩上げされるそうです。 なお海岸防潮堤は、今年度中に野田海岸(0.5km)+前浜地区の林野海岸(1.3km)+米田地区海岸(0.8km)の全ての防潮堤を繋げ、津波防護効果の確保を図ります。 そして野田海岸防潮堤で2020年度、前浜地区防潮堤で今年度、米田地区海岸防潮堤で2019年度の事業完了を見込んでいます。 前浜地区の部分は完了しているものの、まだ全体が出来ていないこともあり一般が立ち入ることができるようになるのは先の事のようですね。   米田地区海岸防潮堤の近くにある震災遺構『米田歩道橋』 野田村の震災遺構はコンパクトです   そこから車で移動すること約7分、 今年5月にオープンしたばかりの「木彫りの魚美術館 魚の番屋」様へも視察へ 木彫りの魚美術館 魚の番屋   ここは野田村の現役漁師・深渡栄一さんが長年かけて製作した木彫りの魚が展示される美術館です。 館内には木から生まれた活き活きとした海の生き物たちがズラリ350点以上。(もう新作が何点か追加されていました!) 深渡さんにご案内していただき、様々なエピソードをお伺いしました。 「木彫りの魚美術館 魚の番屋」についてはこちらをご覧ください。   防潮堤をガイドのコースに入れるのはまだまだ先の話になりそうですが、視野に入れつつ今後のガイドに活かして行きたいと思います ご案内いただいた皆さま、どうもありがとうございました。   (ハル) ≫野田村観光協会 ≫野田村役場公式 ≫のだ村に暮らすのだ! この記事が気になりましたらお気軽にコメントやシェアしていただければ幸いです。 野田村観光協会Facebookページはこちら...

... 震災ガイドやイベント等を通して、多くの方々と交流す...

... 震災ガイドやイベント等を通して、多くの方々と交流す...

冬の間はほぼ活動のないボランティアガイド。 その間にも、村の復興事業はどんどん動きを見せています。 事業計画書だけでは分からないこともいっぱい。   というわけで春に向け、先日ガイド研修会として 役場・復興むらづくり推進課の方々に 村内に建設中の都市公園を案内していただきました。   その中の一つ、完成すればガイドコースに組み込まれるであろう施設がこちらです! ホタテの貝殻のデザインが特徴的な、十府ヶ浦海岸を望む展望休憩施設 建物は既に完成していますが、駐車場他周辺はまだ整備中。 6月からオープン予定だそうです。 中は広々として、立派なお手洗いがあり、海も見えます。 柱の一部にはここに立っていたスギ、また壁にはホタテの粉末も使用されているんだとか。 ここで何か飲食や販売を行うかなどの利用法については未定です。   外へ出て、休憩施設のとなりにある展望台へ。 ま~! 良い眺め~ 「防潮堤も砂浜も野田港も見えますね」「ガイドにぴったり」 防潮堤や水門はまだ建設中で、平成30年度までかかります。     なお、ここには昭和8年3月3日の三陸津波の石碑も設置されています。 これは国道をはさんで向こう側にあった綿津海神社(津波で流失)にあったものを移動したもの。 3メートルぐらいあるでしょうか。 正面には「津浪記念碑」、裏側には三陸津浪の詳細が記されています。 この三陸津波のあと、防潮林の植林、防波堤の施工がされたそうです。     東日本大震災大津波のモニュメントは現在はないのですが、来年度末に向けてこの場所に設置される予定になっています。   この場所から山手の遊歩道(これも建設中)を越えたところに三陸鉄道北リアス線の新駅「十府ヶ浦海岸駅」のホーム・待合室が建設中です。 来月3月25日開業に向け、急ピッチで工事中のようです(*^─^*) あと約1ヶ月で開業です! この駅の前を通る、国道45号迂回路を挟んで向こう側もまた、都市公園として整備中です。   この駅で降りて村中心部まで都市公園を歩く、というウォーキングイベントコースもありですね。 管理や活用法についてなど課題はありますが、作った物をどう活かすかは村民の力の見せどころなのでしょうか。( ´-`)   ご案内いただいた役場復興むらづくり推進課の皆さん、参加いただいたガイドの皆さん、ありがとうございました     ※(注意)都市公園及び施設は5月末までに工事完了、6月からのオープン予定となっています。   都市公園事業(津波防災緑地)-野田村 http://www.vill.noda.iwate.jp/machinamisaiseihann/320.html   (ハル) ≫野田村観光協会 ≫野田村役場公式 ≫のだ村に暮らすのだ! この記事が気になりましたらお気軽にコメントやシェアしていただければ幸いです。 野田村観光協会Facebookページはこちら...

...お過ごしだったでしょうか☆先週・先々週は震災ガイドラッシュでした!毎日やってるわけじゃない...

...日は、今後個人のお客様向けにタクシーでの震災ガイドも対応できるようにと、トモエタクシーさん...

...それぞれ特色あるツアーです。なお野田村の震災ガイドも入っている「久慈・野田コース」は3月1...久慈市侍浜海岸【サッパ船乗船】/野田村:震災ガイドなど  申込締切:3月9日(火)-ツアー...

...、国道が見えなくなってきてます(汗)秋の震災ガイドでは「(城内地区は)春には全く違う風景に...

...なりますさて、野田村観光協会で行っている震災ガイドですが、予約カレンダーは12月以降は空い...

...本日も震災ガイドご利用いただきました。青森県八戸市の皆さ...

...からご旅行においでくださった御一行様に、震災ガイドをご利用いただきました。ガイドは商工会の...

...  (3)震災ガイド・・・・・えぼし荘支配人によるエクスカー...

...震災ガイドを行いました。...

...野田村ではまだ、いわゆる「震災ガイドプログラム(被災地ガイド)」や、「語り部...というわけで今回の震災ガイドは、国民宿舎えぼし荘の坂下支配人。...

このページの上部へ

検索

プロフィール

岩手県九戸郡野田村(沿岸北部・三陸・三陸復興国立公園/陸中海岸国立公園・国道45号)の観光・物産・食、村の“ほっ”とな話題などをご紹介するブログです。

以前の記事