先のブログでご案内してました映画「浅田家!」を見てきました!   もうご覧になった方、いらっしゃいますか   三重県津市出身の写真家・浅田政志さんと家族の絆を実話に基づいて製作したオリジナルストーリーで、 前半は浅田政志さんの家族写真にまつわるお話で、コミカルな場面も。 後半では東日本大震災で被災した写真の洗浄活動が描かれます。     日本映画界を代表する超豪華キャスト&スタッフですごいなぁとは思っていましたが、 浅田家のご家族と取り巻く皆さんが温かくて、、素敵な映画でした。 いろんな場面で感動して目に涙が溜まりました     <野田村、モチーフとして登場>   主人公の写真家・浅田政志(二宮和也さん)さんが写真洗浄や返却のボランティア活動を行った被災地「野津(のづ)町」のモチーフとなったのが野田村だったようです。 野津町は野田村より人口が多い町で、全体的な被災地のイメージになっているように見えました。   野田村で行われたロケはごく一部で、野津小学校や野津町役場の撮影は埼玉県などで行われたようです。   現場で中野監督や二宮さんとお話をされたという小田村長さんにお話をお伺いしました。 昨年の4月、ロケスタッフは野田村に3日間滞在されたそうですが、主演の二宮さんは昼に入って夕方には帰るという、ほんとうに時間がない中でのロケだったとか。漁協さんの作業をロケの間お休みしていただいたり、幅の狭い防波堤に撮影スタッフが20名以上いるところを通って行ったり、村内の業者がスタッフへのケータリングをしたり・・・     先日映画館でご覧になって「良かった。いろいろと当時を思い出した。映画にも野田村を出していただいてありがたい。野田村でもいつか上映会をやりたい。」とお話になっていました。     <野田村出身の方も、モチーフとして登場>   浅田政志(二宮和也さん)さんが野津町で出会う大学院生・小野陽介(菅田将暉さん)が、野田村出身の小田洋介さんという方がモチーフになっているそうですが 予備知識がなければ菅田将暉さんと一瞬わからないほど“小野くん”になってました!   小田さんのお母さまも映画をご覧になって、「当時着ていたジャンパーとか、本当に恰好がそっくり」と驚いたそうです。 映画パンフレットの菅田将暉さんのコメントでも、小田さんと直接お話したときの印象など大きく触れられていました。   ちなみに“小野くん”とボランティアをする外川美智子(渡辺真起子さん)、最高に良い人でしたね この方もモチーフになった方がおり、写真返却お茶会に行ったことのある方の中にはお会いしたことのある方もいるかもしれませんね。     <小田洋介さんからのコメント>   というわけで、その小田洋介さんより野田村の皆様へメッセージをいただくことができました。そのままご紹介いたします こんにちは。野田村出身の小田洋介です。この度、様々なご縁があり、映画「浅田家!」の一部で関わらせて頂きました。   映画「浅田家!」の後半部では東北の震災やその時の被災写真返却のお話しが出てきます。   震災当時、私は友人と写真を集め返却を行なっていましたが、周りの皆さんが瓦礫を一生懸命片付けるなか、写真を集めて返す事は正しい事なのか?今やるべき事なのか?と言う事を何度も思いました。ただ、写真を見つけられた方はとても喜び、「ありがとう」と言って頂き、その言葉に支えられ、活動を続けました。活動初期から、野田村の方々や村外・県外の多くの方の協力を得て現在まで活動が継続出来ています(現在はチーム北リアスや八戸の方が中心となって活動しています)。   映画の主人公、写真家の浅田政志さんとは、その活動中、2011年4月に役場前で声を掛けて頂き一緒に活動しました。その時の出逢いが現在まで続いており、約10年も繋がっていられる事がとても不思議であり嬉しいご縁です。当時から写真の返却方法や洗浄について沢山助言頂き、何度も野田村へ足を運んで活動して頂きました。     映画「浅田家!」では、菅田将暉さんが演じる小野陽介は私がモチーフになっていますが、全国の写真洗浄返却に関わる多くの方の思いを菅田さんが演じられている様に思います。菅田さんも中野監督も本当に丁寧に当時の様子や写真洗浄返却のお話しを聞いて頂き、撮影現場でも優しく声を掛けて下さいました。   中野監督は私だけではなく、野田村や東北各地で沢山インタビューを重ね、事実をもとにこの映画を作られました。家族愛に溢れたとても素敵な映画です。映画館が野田村からは遠く、なかなか観る機会が少ないかも知れませんが、この映画で沢山の方々が笑顔になり、野田村の更なる盛り上がりに繋がれば嬉しいです。   最後に、野田村の写真返却はまだ続いておりますので、これを機に写真返却にも足を運んで貰えれば幸いです。   小田さん、ありがとうございました。 浅田さんと小田さんとの出会いは大体映画と同じで、実際は野田村役場の前で4月25日にお会いしたそうです。 映画での写真返却ボランティアの様子は、詳細な部分でも再現されていると感じたそうです。 また小田さんご一家でエキストラとしても登場されているそうですよ。   当時ボランティアの皆さんが被災地や被災者を目の当たりにしてどんな思いで活動をしていたのか。当時のこといろいろ思い出したりしました。   野田村が映ったのは本当にチラッとなんですが、 あの大画面で野田村の空撮と、エンドロールで「岩手県野田村」の文字が流れていくのを見て感動しました。   何年かぶりに映画館に行きましたが、 映画館って、いいですね~。 映画って、いいですね~   皆様もぜひご覧になってみてはいかがでしょうか。 野田村のどこが出たのか、ネタバレはまた次回   -データ- 映画『浅田家!』 2020年10月2日より全国東宝系 フォーラム盛岡、TOHOシネマズおいらせ下田(青森県)ほか全国で上映中   監督/中野量太 原案/浅田政志(『浅田家』『アルバムのチカラ』) 出演/二宮和也、妻夫木聡ほか 公式サイト/https://asadake.jp/ Twitter/@asadake_movie ©2020「浅田家!」製作委員会...