blog_eyecatch.jpg

タグ「句碑・歌碑」の一覧

鉄道駅、観光物産館、レストラン、産直施設が併設する『道の駅のだ』       『道の駅のだ』といえば塩を運ぶ牛方像が有名ですが・・・   その並びにある、久慈市出身の小田観蛍おだかんけいが詠んだ歌碑をご存じでしょうか。       「観蛍 ふるさとは 路傍のうなゐ 荷車を 輓ける牛さへ 見過ぐしがたし」 平成五年 野田村芸術文化協会建立 南 奎雲書   うーん・・・短歌とか詩にうといので、 ふるさとでガタガタ走ってる荷車を引く牛ぐらいにしか読めませんね・・・ ←ひどい       そもそも短歌は「そぎ落とし(引き算)の美学」とも言われるように、五七五七七の31文字にすべてを表現せず、あえて隠して作品の解釈を読み手に委ねているそうです。そうだったのかー!   作者の人となりや時代背景などの知識が、解釈の助けとなるのですね!! 頑張ってひも解いていこうとおもいます     ではまず、作者について   大正・昭和時代の歌人で教育者の小田観蛍(おだかんけい)(1886-1973)は 岩手県宇部村(現久慈市)出身で、14歳の時に両親と共に北海道小樽に移住。 50年に及ぶ教員生活のかたわら、短歌を詠み続けました。   日本歌人クラブ名誉会員、第1回北海道文化賞、北海道新聞文化賞受賞、第1回小樽市功労者(教育文化)表彰。   大正8年に刊行した歌集『隠り沼(こもりぬ)』は高く評価され、一躍歌壇(歌人たちの社会)に認められました。 観螢の人生には幾度もの試練があり、『逆境の歌人』と呼ばれています。 独自の『北方的生命感的叙情』(なお北を目指す、自分を追い込んで突き詰めていく?)の理念を打ち立て、北海道の自然と人生の厳しさをうたいました。   地元・宇部小学校の校歌の作詞もしており、久慈市内各地(小袖など)、普代村にも歌碑が建てられています。     その時代について   観蛍がまだ久慈市にいた明治30年頃は徒歩の時代。牛や馬が引く荷車が道を行き交うのが日常だったでしょう。   多くの牛馬を飼っていた農家では、住居と馬屋(家畜棟)がつづきになった『曲がり家』タイプの家屋も多くありました。   ちなみに牛といえば塩ですが、塩の運搬には牛に荷鞍を着けていたようですので、野田民族誌にも『林業や建設関係者が用いていた程度で、村内一般にはあまり使われていなかった』とあるように、そういった関係の荷車の様子を詠ったのでしょうか。   また、明治29年は明治三陸地震津波(野田村では死者358人)があった年。その辺も関係あるのか・・・ そういえば前の記事で書いた玉川端の巫女さんも、この津波で亡くなったと書いてあったので同じ時代を生きていたんですね。   もしかすると、津浪で多くの人が亡くなり、集落や家々が流されたふるさとの今を案じたのかもしれません。         ちなみに平成5年に「道の駅のだ」が道の駅指定された時に歌碑を建立したようです。 文字を書いた南 奎雲氏は、平成27年秋の叙勲で瑞宝双光章を受章されています。       旅先あるいは地元で目にする歌碑。作者が作品を詠んだ時の状況のすべてを知ることはできませんが、長い時代を経て、歌に込められた想いを読み手に感じてもらうことは、作者にとって嬉しいことでしょう。   皆さんもぜひ、旅先で歌碑を見つけてみてはいかがでしょうか。 先人の想いのみならず、詠んだ場所の特徴や、当時の生活事情に触れることができるかもしれません。   (ハル) ≫野田村観光協会 この記事が気になりましたらお気軽にコメントやシェアしていただければ幸いです。 野田村観光協会Facebookページはこちら...

先日雪が舞い、今朝は霜が降りました 水道の水がしゃっこくて、久しぶりに手が「キーーン」   冬の到来とともに風邪も流行ってきており、しっかりと感染予防に努めなければなりませんね。     まだまだ十府ヶ浦公園のパークゴルフは賑わっていますね~ 動いているうちに暖かくなるのかな・・   平成29年に完成した十府ヶ浦公園。   この遊歩道はみちのく潮風トレイルのルートにもなっていますが、パークゴルフ場から泉沢川を挟んだ多目的活動広場の端に歌碑が建っています。         遊歩道からは小さくて見えないけれど、歌碑が建っています。 歩いて行ってみます     泉沢川のたもと、国道45号のすぐ下       歌碑には東日本大震災の時の傷跡がたくさん付いています。     台座を含めると私の背より大きい。 公園造成時に改めて設置しなおされたのですね   朽のこる野田の入江の一橋 こころ細くも 身ぞふりにける 平政村朝臣(夫木集巻廿一) 年経ればかわれるものや 今野田乃(の) 入江もなみの磯と成りけり 高山彦九郎正之 この地 一(ひとつ)橋は 通称轟(とどろき)橋、別には高橋、又 途絶えのはしといわれ、往古より歌枕の名所なり 昭和五十八年八月 野田村 南 奎雲書   一つ目は『夫木和歌抄』より、平 政村が詠んだ歌で、平安時代前期の巨大地震「貞観(じょうがん)津波」の記録だったそうです。 二つ目は高山彦九郎が寛政2年(1790)9月16日、この一つ橋を通って野田玉川まで旅をした折に詠んだ歌。 (和歌を現代訳してくださる方がいらっしゃいましたら、ぜひお願いしたいです...)     江戸時代後期の尊皇思想家・高山(たかやま)彦九郎(ひこくろう)(1747-1793)は、江戸、京都、水戸をはじめ、蝦夷を目指して東北など日本中を歩きまわり、旅を通して様々な人々から学び、庶民の生活の実態など多年にわたり詳細な日記を書きつづけていたそうです。   江戸時代の寛政期に活躍した、傑出した3人として、林子平・蒲生君平とともに『寛政の三奇人』と呼ばれている有名なお方。   現在の群馬県太田市の生まれで、同市には太田市立高山彦九郎記念館があり、また幕府からの迫害を受けながらも全国各地を旅し、最期に久留米の地で自決したことから、その霊を弔うために福岡県久留米市の遍照院へんじょういんにお墓があります。     京都・三条「高山彦九郎 皇居望拝之像」   その高山彦九郎の「北行日記」の中で   『五日町を東に出て、大須賀の一本橋とて、五間計り橋を渡る。誠に木一本打渡し名に応うというへし。是れぞ夫木集改村の詩に 朽残るのたの入江の一つ橋心細くも身そふりにける とあるは此所なるべし。入り江と思ふは見えず、砂浜の広く南北の山の間十五・六丁もありて、その間は皆砂浜なれば、古くは入江なるべし。予よめる。 年経ればかわれるものや今野田の 入江もなみの磯と成りけり 正之 とぞ・・・・略』   と記されているそう。   野田入江の一つ橋は宮城県塩釜にもあり、はたして野田の入り江はどこか推測でしかないようですが   野田村の『五日町いつかまち』というと、昔は野田の街並みを市日の開催日から「五日町」と呼んでいました。本町のあたりですね。   『大須賀オースカ』は浜の呼び名で、野田村の北側・中沢から、釜前たもと、長根、港浜、ウナギャ浜、川口(宇部河口)、韮畑、大須賀、沼尻(昔あった二つ沼の出水口付近)、赤台、米田、厚井・・・と続いており、「大須賀」は今でいう前浜周辺でしょう。       「一つ橋」はずいぶん前に撤去されたそうですが   別名を『途絶(とだえ)のはし』『轟き橋』、『高橋』とされていたそうです。   「轟橋」とは、十府の浪音が、大須賀なる砂丘をこして、とどろいてくる橋であることをいい、「一つ橋」にはうら淋しい浜街道にかけられている、一本橋の面影がある。コンクリートやアスファルトの道になる以前は、まさに一本の大木の反り面をわずかに削り、歩き易く渡り易くしただけの「一本橋」があったのである。人は一本橋を渡り、牛や馬は流れを徒足歩るのである。その一本橋の片端には、手頃の穴をあけ、藤つるや太縄で頑丈に縛りつけてあった。流失を防ぐためである。 しかし、そうしたとしても烈しい豪雨による洪水に橋を流され、時には津浪の災害を受けるのであり、土橋であった時代には、いわゆる「途絶えのはし」となるのである。又「高橋」とは橋脚を高くして、橋の流失を脱るべき構造を指してのことであろう。 「一つ橋・轟橋・高橋・途絶えのはし」と橋の名を並べてみると、歌枕としての名称の外に、橋の持つ根本的な生成というか、時代の移り変わりをも物語っている。 ―野田の詩ごころ歌ごころ より引用   泉沢川の上流は日形井という地区ですが、泉沢川はかつて「日形井川」と言って豊かな水量を誇り、この川の流れの生まれるところ和佐羅比(わさらび)山は野田富士と呼ばれ、一つ橋あたりから見上げる和佐羅比山、それを映す川面と十府ヶ浦との出会いは格好の歌枕の名所だったかもしれません。   当時は国道や防潮堤や松林もなく道から海岸線が見えただろうし、今では想像できないほど違った風景だったのでしょうね・・・      ...

このページの上部へ

お知らせ


検索

以前の記事

プロフィール

岩手県九戸郡野田村(沿岸北部・三陸・三陸復興国立公園/陸中海岸国立公園・国道45号)の観光・物産・食、村の“ほっ”とな話題などをご紹介するブログです。