blog_eyecatch.jpg

タグ「復興支援」の一覧

昨日8月11日、野田村としては最後となる「LIGHT UP NIPPON(ライトアップニッポン) NODA」が開催されました。   コロナ禍の中、今年も観覧会場を設けない形での開催となりましたが、ご近所の方々が傘をさして見に来ていらっしゃいました。     2011年より東日本大震災の追悼と復興を祈り「東北を、日本を、花火で、元気に。」をキーメッセージに花火を打ち上げてきた一般社団法人LIGHT UP NIPPON。 野田村では2012年から開催していただき、今年で10回目となります。 これまでたくさんのご支援とご協力で花火を打ち上げてくださいました。       あいにくのお天気だったけど、今年も希望の花火が野田村の夜空に咲きましたよ     今年の「ライトアップニッポン」は野田村以外にも、全国10か所(北海道札幌市、岩手県 野田村、宮古市田老、山田町、大槌町、大船渡市三陸町越喜来、宮城県 気仙沼市片浜、石巻市、名取市閖上、福島県南相馬市萱浜)で花火が打ち上げられました。     約10分間、およそ300発の花火が上がりました。     子どもたちが「アマビエ!」と叫んでました       「株式会社のだむら」さんから道の駅のだで販売している「のだ塩ソフト」の売り上げの一部を協賛金としていただくなど、多くの企業協賛金や花火募金が集まり、たくさん想いが、東北の夜空と、それを見上げる人々の心を照らしました。   LIGHT UP NIPPON 野田村実行委員長の佐藤仁昭さんは、「当初は10年も続くと思わなかった。支援してくれた皆さんのおかげ。今年は新型コロナ終息の願いも込めた。ライトアップニッポンの活動は続くと思うが、野田村はこれで最後となる。来年は地元の祭りで皆さんと花火を見上げることを期待したい。」と話しました。         たくさんの思い出があるライトアップ イベント会場や打上場所も、復興状況と共に変化していきましたね。     今年9歳のお子さまは、生まれた時から毎年このライトアップの花火を見ていたことになります・・   一般社団法人LIGHT UP NIPPONの皆様、有志である野田村実行委員会の皆様、またご支援いただいた皆様、10年間どうもありがとうございました。       動画はこちらからご覧いただけます。(外部サイト) LIGHT UP NIPPON Facebook(ライブ中継映像)(外部サイト) LIGHT UP NIPPON NODA Facebook(外部サイト)   LIGHT UP NIPPON2021開催概要(外部サイト) (ハル) ≫野田村観光協会 この記事が気になりましたらお気軽にコメントやシェアしていただければ幸いです。 野田村観光協会Facebookページはこちら     関連記事 LIGHT UP NIPPON 2020 - 2020年8月12日 ライトアップニッポン2018 - 2018年8月13日 LIGHT UP NIPPON 2017 野田村 - 2017年8月15日 ライトアップニッポン野田でした! - 2016年8月12日 LIGHT UP NIPPON野田村2015 その2! - 2015年8月13日 花火きれいでした~~! LIGHT UP NIPPON ☓...

野田村といえば荒海団の「荒海ホタテ」 あっ、正しくは『岩手野田村荒海ホタテ』ですね~     外洋に面した野田湾で養殖し、ホタテの成長段階に合わせてサイズの違う養殖用ネットに入れ替えたり、のびのび動けるよう丁寧に育てています。   そんな生産者である荒海団の皆さんの苦労の甲斐あって「身が肉厚で甘くて美味しい」と評判です   生食はもちろん、どのような調理法にも良く合うので、その品質は飲食業者等から高く評価されています。     今だと地元や近隣の鮮魚店、通販でもお買い求めいただけます。   さてそんな荒海団さんですが・・・     なんと、荒海団のロゴステッカーが、宇宙へ行ってきたそうです!       突然の宇宙規模の話に、頭の上にはハテナマーク・・・       これが証拠!   これは「東北復興宇宙ミッション2021実行委員会」(山崎直子委員長、事務局・一般財団法人ワンアース)による、東日本大震災発災から10年にあたる今年3月11日に、東北復興の姿と支援への感謝の気持ちを国際宇宙ステーション(ISS)から全世界に発信しようという試み。   復興10年を物語る写真を刷り込んだ横断幕が制作され、ISS日本実験棟「きぼう」内に掲示。その前で野口聡一宇宙飛行士に世界への感謝のメッセージを読み上げてもらったそうです     ▼その動画がこちら▼   画面左側の横断幕に、荒海団のロゴマークが見えます   またこのプロジェクトでは、横断幕と共に花や農作物の種など記念品も一緒に打ち上げられる。。ということでしたが、宇宙に持っていけるものは重さの制限があり、荒海団のステッカーが宇宙へ行くことになったそう。なるほど。       今年6月にアメリカのケネディ宇宙センターから宇宙へ飛び立ち、7月に地球に帰還したのち荒海団の手に戻ってまいりました。     荒海団団長の外舘尚紀さん(左)、荒海団で村漁業組合長の小谷地勝さん(右)     小谷地さん(右)が手に持っていらっしゃるステッカーが、宇宙に行ってきたんですねすご~い   地域活性化や震災の記憶と教訓の伝承に活用されるそうです。     (ハル) ≫野田村観光協会 この記事が気になりましたらお気軽にコメントやシェアしていただければ幸いです。 野田村観光協会Facebookページはこちら...

2011年より東日本大震災の追悼と復興を祈り「東北を、日本を、花火で、元気に。」をキーメッセージに花火を打ち上げてきた一般社団法人LIGHT UP NIPPON(ライトアップニッポン)。   2011年からその火を決して絶やすことなく続けてこられましたが、10回目となる2020年、 今年はこれまでのような人の集まるスタイルでの地元実行委員会とのイベント開催は中止を余儀なくされました。   しかし追悼と復興、そして早期終息の『疫病退散』の祈りも込め、一般社団法人LIGHT UP NIPPON主催として、東北3県全13カ所にて無観客で花火が打ち上げられました。   第9回目の開催となる野田村会場でも、事前の告知なく打ちあがりました!!       十府ヶ浦公園にスタンバイ。今回は密を避けるため告知しないということで、観られなかった皆さんにシェアできたらと動画を撮らせていただきました。   打上時刻の7時半前、風の噂を聞いたご家族連れが2~3組いらしていました。     2020年8月11日 (火) 19時30分から約3分間上がりました (旦那さんが写真を撮ってくれたので拝借しました)     わっと歓声が上がります 道路を走っていた人もびっくりしただろうな     アマビエ!?     すごい。今回は小さいかなと思っていたのに大きい。 めちゃくちゃきれい~~!     花火を観た方は感動や元気をもらったと思います!   早く新型コロナウイルスが落ち着いて、みんなで花火が見られる世の中になるといいですね。   一般社団法人LIGHT UP NIPPONさん、ありがとうございました!      動画はこちらからご覧いただけます。 https://www.facebook.com/1499687173583536/videos/766113627265122   -データ- ▽LIGHT UP NIPPON2020開催概要 https://lightupnippon.jp/2020-outline   ▽一般社団法人LIGHT UP NIPPONでは、『同じ日、同じ時刻、同じ空を見上げる機会を絶やす事なく続けたい』と、クラウドファンディングでの支援を募っています。 https://camp-fire.jp/projects/view/307491   (ハル) ≫野田村観光協会 この記事が気になりましたらお気軽にコメントやシェアしていただければ幸いです。 野田村観光協会Facebookページはこちら...

突然ですが、アーモンドの花言葉をご存知ですか? アーモンドと言えばおつまみなどに食べると美味しいあれですが、 花言葉は「希望」だそうです。   3月8日、震災後に失われた防潮林を再びよみがえらせるために、また東日本大震災を千年後の子供たちに伝えるため発足された村内のグループ「のだ千年の松」が、宮城県石巻市へ向かいました。     村の花屋「大沢園芸」さん(写真中央)から受け取り、車に積み込んだのはアーモンドの苗木20本。 小さな苗木は植樹しても鹿に食べられてしまう恐れがあるということで、2mほどの大きな苗木を調達してくださったそうです。   「3月11日の前に、直接お届けしたい」と、お二人が軽トラックで向かいます! まるでそのへんの畑に行くようですが、行先は宮城県石巻市のその向こう....。 「行ってきま~す」 「無事帰ってきてくださいよー!!」みんなで心配して見送りました     今回、苗木をお届けした石巻の“Cafe はまぐり堂”さん。 宮城県は石巻市牡鹿半島の蛤浜(はまぐりはま)という場所にありますが、東日本大震災で壊滅的な被害を受けた場所です。カフェを中心に、ふるさとの浜の再生させようと2013年3月11日にオープン。 ホームページで拝見しましたが、とても素敵なお店でした。     現地の皆さんと、日当たりの良い斜面に植樹。 このアーモンド、実は春になると桜にそっくりな花を咲かせるそうです!   どうか希望の木の花が、皆さんの心の励ましとなりますように・・・。         ◆「Cafe はまぐり堂」ウェブサイト   (ハル) ≫野田村観光協会 ≫野田村役場公式 ≫のだ村に暮らすのだ! この記事が気になりましたらお気軽にコメントやシェアしていただければ幸いです。 野田村観光協会Facebookページはこちら...

...」「ふれあい」。または復興を感じる場面・復興支援をテーマにした写真。...

こんにちは、ハルです! 先週木曜日(12/22)。 「ねま~る」で健康・栄養セミナーが開催されると聞き、ちょっとお邪魔しちゃいました・・・・・   『味の素』さんのトラックだ! 味の素グループの東北応援「ふれあいの赤いエプロンプロジェクト」は、これまで岩手、宮城、福島の東北3県でなんと2000回以上の健康・栄養セミナーを開催していらっしゃるそう。 野田村でも震災後何度も開催して頂いているそうです。   赤いエプロンと三角巾の『味の素』の皆さん。 材料、調理器具はもちろん、なんと調理台まで持ち込みなんだそうです。すごーい!!     今回はここ「ねま~る」周辺にお住いの11名の皆さんが参加。 この時期に必要な栄養も考えた、カンタン・ヘルシー・美味しく作れる3品のお料理を作りました。 クリスマスに合わせて洋食だそうです♪ 皆様を笑わせながら説明する先生   鮭に高い所から塩を振る先生に感嘆の声をあげる皆さん     鮭のソテーにはなんとタルタルソースを付け合せしますよ。 そんな凝ったものを・・・と思ったら、マヨネーズ他の調味料を合わせたものに、刻んだラッキョとレンジでチンした玉子をつぶしながら混ぜるだけ。 あっというまにタルタルソース完成。簡単! フライパンの蓋を開けると、鮭のいいにお~い!! フライパン用のシートを敷いて、フライパンを汚さないのにきれいに焦げ目も付きました。手軽に魚を焼けていいですね!     白いご飯にハムとコーン、顆粒コンソメを混ぜ合わせたご飯も美味しそう。 1時間も経たないうちに3品完成しました。 ま~! 皆さん、とっても美味しそうでした( ̄ー ̄〃)     みんなで作って、美味しく食べて、インフルエンザに負けない身体づくり。 そして何より、皆さんで集まって楽しくおしゃべりするのが”元気の素”ですね。 味の素さん、社協さん、ありがとうございました。 味の素グループ 東北応援「ふれあいの赤いエプロンプロジェクト」    (ハル) ≫野田村観光協会 ≫野田村役場公式 ≫のだ村に暮らすのだ! この記事が気になりましたらお気軽にコメントやシェアしていただければ幸いです。 野田村観光協会Facebookページはこちら...

こんにちは、ハルです! 盆前の忙しさに目がくるくる回っております(@@) さて8月11日に全国一斉に行う花火大会「LIGHT UP NIPPON×NODA 2016」 震災の年2011年からスタートして今年で6回目。野田村会場は5回目の開催です! 昨日はお天気にも恵まれ、たくさんの人出となりました!o*´▽`)o   今回はメインイベント会場を「ねま~る」において、コミュニティFM「のだむラジヲ」の試験放送や 盛岡市のシンガーソングライターShizuku(しずく)さんによるコンサートも行われました❤   今回はあっこさんと二人で夢灯りブースにいましたが 小田村長はじめ、描いてくれた皆さんありがとうございました★ 参加者にはアムウェイさんからのご提供でLEDペンライトをプレゼントさせていただきました。   皆さんの思い思いのゆめ灯り、綺麗に点灯いたしました~♪(最近のチャッカマンはスイッチが固くて手が痛くなりました( ;´-`))   夢灯りの点灯をしているうちにあっという間に午後7時、 花火が始まりました! 全国14カ所、一斉打ち上げです! ホタテや豚など野田村の特産品を思わせる花火も上がり、 会場からは歓声が上がっていました!   「ホタテだ~~!」 今年もたくさんの皆さんの力でおよそ700発の花火が上がり、 会場ではたくさんの笑顔が咲いていました。 有志約20名の地元実行委員の皆さん、関係スタッフの皆さん、お疲れ様でした! そしてご支援いただいた皆さんのあたたかい気持ちに感謝です!!!   LIGHT UP NIPPON野田村 Facebook https://www.facebook.com/lunnoda 公式ウェブサイト http://lightupnippon.jp/   (ハル) »野田村観光協会 »野田村役場公式 »のだ村に暮らすのだ! この記事が気になりましたらお気軽にコメントやシェアしていただければ幸いです。 野田村観光協会Facebookページはこちら...

...とピンク色の花が!この桜の木は、国際的に復興支援活動を繰り広げているボランティアグループ...

...のコンビニ・スーパーなどで本日から販売。復興支援の一環で、売り上げの一部は「久慈市の復興支援」に寄付するそうです。明星食品プレスリリ...

...長からは、「これからも東日本大震災からの復興支援を最優先課題として取り組み、中心市街地の...

... 日本アムウェイが東日本大震災の被災地復興支援のため2012年に開始した社会貢献プログ...

...は?日本アムウェイが東日本大震災の被災地復興支援のため2012年に開始した社会貢献プログ...

...いたりとお付き合いがありましたが、今年も復興支援で北海道札幌市から駆けつけてくれ力強く可...

「野田まつり」まであと8日になりました! ラストスパート&お盆前で皆さん忙しく過ごされています。 それは今日はちょっとおいといて、LIGHT UP NIPPON×NODA レポート第二弾(*^▽^*) 第一弾で素敵な花火の写真を上げましたが、今回は会場の様子です☆   ライトアップニッポンは、東北大震災後の2011年から、毎年8月11日に 震災で被災した東北地方の沿岸部10ヶ所以上で打ち上げ花火をあげるプロジェクト。 今年は全国10箇所で行われ、そのうちの一つである野田村会場では 午前中雨、そしてやんだと思いきや夕方に豪雨(´д⊂) 商工会の電話は「打ち上げますか?」の電話が鳴りやみません・・ 飲食ブーステントの皆さんは雨の中がんばってますが大変そう(T-Tlll) もうどうなることかと思いましたが ミニコンサートの始まる夕方5時30分 雨あがった~! 野田実行委員長さんの「大丈夫!晴れるの信じてますから」という言葉どおり(*TーT)b きゅうきょテントを組んだコンサートステージにまず出ていらっしゃったのは 盛岡のシンガーソングライターSHIZUKUさん❤ 野田村のために作ってくれたという野田村テーマソングを披露してくださいました!! やさしく透き通るような素敵な歌声とピアノに感動(つ∀<●)゚+. そして後半は、大槌町出身、臼澤みさきさんが登場❤ 野田村は2度目ですかね!写真NGでしたので雰囲気だけ・・。力強く伸びる素晴らしい歌声に感動(つ∀<●)゚+. ミニコンサートが終わるころには会場は人でたくさんに!!   花火大会の日をとても楽しみにしていた夏休み中の子どもたち。 エアートランポリンや商工会女性部も子どもたちで賑わいます。 弘前大学の学生ボランティアさんも来てくれてました! (小中学生対象の合宿を実施してくれました)   そして夜7時・・・ 全国一斉打上です!! ドン!ヒュ~~・・ ぱっ!   会場に流れる、童謡「赤とんぼ」に合わせるように 1つ、また1つと花火が上がっていきます。   ぽぽぽぽ~ん!と逆シャワーな花火もあって、すごくきれいでしたよー!! ぽぽぽぽ~ん (って震災を知らない子どもに言っても通じないんだよね)     会場からは歓声と拍手が起こってました。   会場の皆さん「すごくきれいだった!」と大喜びだったそうです。 実行委員会の一部の皆さん! ほんとはもっとたくさんいるんですよ~~ おつかれさまでした!!   ライトアップニッポンは震災の年2011年からスタートして今年で5回目。野田村会場は4回目です。 ライトアップニッポンの目的の1つ目は「追悼」と「復興」の願いを込め、東北の被災地を明るく照らすこと。 その中でたくさんの子どもたちの笑顔が生まれ、それを見た大人たちには希望を感じてほしいという願いがあるそうです。 2つ目はその様子を配信することで、復興に向かう被災地からのメッセージを日本中・世界中に届けること。今回はラジオや、インターネットのユーストリームというサービスから動画配信されました。 コミュニティFM「のだむラジヲ」のブース FMいわてでお馴染みのまつみたくやさんがMCをしてくださいました! 「やりたい」という声がある限り、ライトアップニッポンは支援を続けるそうです。 小さな支援金も集まれば大きな力になります。 来年もみんなで大きい花火を上げましょう!! 公式ウェブサイト http://lightupnippon.jp/ LIGHT UP NIPPON Facebook https://www.facebook.com/lightupnippon LIGHT UP NIPPON野田村 Facebook https://www.facebook.com/lunnoda (ハル) »野田村観光協会 »野田村役場公式 »のだ村に暮らすのだ! この記事が気になりましたらお気軽にコメントやシェアしていただければ幸いです。 野田村観光協会Facebookページはこちら...

昨日8月11日に行われた、追悼と復興の祈りを込めた花火大会『LIGHT UP NIPPON×NODA2015』が無事終わりました! 雨の中おいでいただいた たくさんの皆さま、 そしてライトアップニッポン実行委員会・関係者の皆さま、 そしてそしてご支援いただいた皆さま、 遠くからかけつけくれたボランティアの皆さま、 ほんとうにありがとうございます とーっっても素敵な花火で感動しましたよ。 全国同時10箇所での開催となったわけですが、他会場はいかがでしたでしょう。 記事を書きあげるのにちょっと時間がかかりそうなので、写真だけでも先に! 少しでも花火の感動を分かち合いたい~!! BGMは坂本龍一さんの演奏する、童謡「赤とんぼ」 この素敵な写真を撮影したのは、野田村在住の中野さん。野田港から撮影されたそうですが、ちょうど震災の津波でも流されずに残った「奇跡の東屋」のラインから花火が打ち上げられていて、さらに海に花火の光が映るスバラシイ写真ですね(TωT) 写真ご提供いただき、ありがとうございます! (次に出すワタクシの写真が出しにくい。自分の腕がにくい。) 私のお隣で撮影されていた野田村在住snowmanさん(いつも素晴らしい写真...)、 また野田村FANさん、ブログのだ村に暮らすのだ!もぜひご覧ください♪ というわけで、次の記事につづく(*´-`)ノダ   (ハル) »野田村観光協会 »野田村役場公式 »のだ村に暮らすのだ! この記事が気になりましたらお気軽にコメントやシェアしていただければ幸いです。 野田村観光協会Facebookページはこちら...

... 復興支援につなげることを目的に、「鎮魂と祈りの民...

... 復興支援につなげることを目的に、「鎮魂と祈りの民...

...の神様”と呼ばれるスゴイ方が、野田村まで復興支援でおいでいただきました。観客の皆さん、寺...

...まずは秋田県より『山王中学校』の皆さまが復興支援にかけつけて下さいました!!... 稲垣潤一さんから頂戴した復興支援和太鼓。...

...震災復興支援ソングの♪「花は咲く」♪の音楽に合わせて...

このページの上部へ

お知らせ


検索

以前の記事

プロフィール

岩手県九戸郡野田村(沿岸北部・三陸・三陸復興国立公園/陸中海岸国立公園・国道45号)の観光・物産・食、村の“ほっ”とな話題などをご紹介するブログです。