手摘みの布海苔(ふのり)

この日は、潮が引く「浜の口」だったそうです。

寒さの中、漁業関係者が岩場に自生している海藻を獲っていました。

厳冬の中たくましく育った、ひじき、松藻(まつも)や布海苔(ふのり)
冷たい海に入って、せっせと丹念に手摘みをしています。大変そう・・・。

ふのりはコリコリとした食感が持ち味の海藻。

出来上がったお味噌汁、またアツアツのそば・うどん・ラーメンなどの麺類に
ぱっと乗せると茶色のふのりがたちまち緑色になり、磯の香りが漂います!


生は限られた時期に限られた数しか出回りませんが、
乾燥であれば年間を通してお買い求めいただけるかと思います♪

人気ブログランキングへ (haru)

・野田村役場公式ホームページ(災害・復旧・生活などの情報はこちら)

関連する記事

※記事の内容は取材当時のもので、最新の情報とは異なる可能性があります。最新情報は直接店舗等にご確認ください。

コメントする

公開されません

その他の記事

最近の記事から

過去の記事から

このページの上部へ

お知らせ


検索

以前の記事

プロフィール

岩手県九戸郡野田村(沿岸北部・三陸・三陸復興国立公園/陸中海岸国立公園・国道45号)の観光・物産・食、村の“ほっ”とな話題などをご紹介するブログです。