12月15日(木)ウォーキングイベント「歴史散歩・野田塩の道 ~大葛おくぞう街道くだりみち・松鼻街道~」(野田村トレイル振興会・野田村共催)を開催しました。
 
少しでも身を軽くするため一眼レフは置いてきました。というわけでお写真提供は役場広報さんです。ありがとうございます!!
 
0T0A7654.JPG
 
ガイドは野田村歴史の会の吉田照夫さん
平日開催でしたが、村内外12名の皆さんが参加してくださいました。
 
歴史の道百選 久慈・野田街道(のだ塩ベコの道)塩の道起点(十府ヶ浦)より5.3km(12)明通し
 
「久慈・野田街道(のだ塩ベコの道)塩の道起点より5.3km」
こんな矢羽根看板もたてられていたのですね!
 
 
今回のイベントでは環境省の定めた海沿いの『みちのく潮風トレイル』のルートとは離れますが、“自然との共生の中で育まれた暮らしや歴史・文化を大切にする”という理念にのっとり、かつて製塩現場から牛(ベコ)の背に塩を乗せ内陸へ運んだ路「野田塩ベコの道」を歩くウォーキングイベントを企画しました。
「塩の道」は三陸ジオパークのジオサイトにもなっています。
 
野田村で「塩の道」といえば、ハイキングイベント「塩の道を歩こう会」をご存じの方もいらっしゃると思いますが、「塩の道を歩こう会」は和佐羅比山の頂上を経由するコースになっています。
 
今回は和佐羅比山は行かず、旧久慈野田街道の途中のあたりから町へ下ってくるというコースを歩きました。
 
20221215_0T0A7699.JPG
 
下り道です。雪と枯葉でザクザク♪
 
この塩の道。沿岸部は冷涼な気候で米が穫れなかったものの、海水や砂鉄(塩を煮るための材料)は豊富だったため、海岸で煮詰めて作った海水塩を牛(ベコ)の背に乗せ内陸へ運び、穀類などと交換していました。
 
しかし現在は大きな舗装道路がありますから、重要な物流・交易の道として長い年月使われた旧道も、今は狭い山道に草が生い茂り通行が困難。草刈りするにしても範囲が多くて大変・・ということで、冬の開催となりました。
 
IMG_2769.jpg
 
草は枯れていますが、道の真ん中まで飛び出した枝や倒木があり
前もってスタッフとガイドさんらと枝払いをしたり草刈りを行いました
 
 
20221215_0T0A7726.JPG
 
 
参加者の中には、この旧道が通学路で毎日歩いて通ったという地元の方も。
雑木林を指さし、「ここで野球をしたんだ。面影がすっかり変わった」といいます。
「ここは帰り道が怖かったんだ、木で日が差し込まないから真っ暗で・・」と色々お話を伺いました。
 
20221215_0T0A7733.JPG
 
牛方泊とあります。この辺で牛を飼っており飼い主(牛方)の家があったのでは、ということでした。
 
20221215_20221015.jpg
 
某床屋さんの敷地にも寄り道しちゃいました
匠の技に「なにこれ!! すごい!」と感動
 
20221215_0T0A7797.JPG
 
「上明内大葛線分岐点」から「大葛街道大鼻(おおはな)の入口」へ。
 
0T0A7810.JPG
 
県道29号・野田山形線へ出たところで、バスに乗ってショートカット~
 
後半は松鼻(まつはな)街道です。
 
20221215_0T0A7818.JPG
 
この地区の公民館を立てる際に移動したという庚申塔
 
途中で突然、三陸沿岸道路が現れました!去年開通してから約1年ですね~
旧道のすぐ隣を通り、横断しています。
 
20221215_0T0A7858.JPG
 
国ではこの旧道を残すため、三陸沿岸道路の下に立体交差のボックスカルバートを整備。
 
20221215_IMG_2940.jpg
 
20221215_IMG_2939.jpg
 
 
20221215_0T0A7862.JPG
 
先ほどの降り口の整備と合わせて、ここを階段にする工事が今年度中に行われるそうです。
春になったらまた来てみましょう。
 
20221215_IMG_2942.jpg
 
松鼻街道の「塞(さえ)の神の松」!立派ですね~
 
今は松の老木は1本ですが昔は対になっていたそうで、「松鼻」という地名の由来ではないかと言われているんだとか。
 
 
舗装路に出て10分くらいでお寺まで来ました。
 
20221215_0T0A7889.JPG
 
歴史散歩ということで、海蔵院にも寄り道。
新しく建てなおすため、本殿は取り壊しされていました。
 
 
というわけで、9時半頃にウォーキングスタートして、お昼前にはゴール!
 
この日は最高気温が0℃と冷え込み、雪もちらついていました。
ゴールしてから頂いたおふるまいの鮭汁のあったかかったこと、美味しかったことbearing
 
20221215_0T0A7911.JPG
 
ねま~るであたたかい鮭汁のおふるまいheart02
ありがとうございます!
 
20221215_IMG_2957.jpg
 
のだ塩おむすびと焼き魚弁当。
のだ塩サイダーとまるきんののだ塩まんじゅう付きでした♪
 
短い距離でしたが、山道ザクザク、おしゃべりを楽しんだり、寄り道しながらのんびりウォーキングでした。
皆様お疲れさまでした!
 
 

IMG_2920.jpg

今日歩いた道は、当時立派な裏街道で、重要な役割を果たしたのではと言われています。

かつては生活道として、多くの人が往来していたのでしょう。
 
過去から伝えられてきた、失いたくない風景であり、先人の努力と歴史を追体験できる場所でもありました。
 

新しい道路が整備され、さらに三陸沿岸道路という高速道路が開通した今、過去から現在まで伝えられてきたこの風景・景色を未来にも伝えていきたいなと思うのでした。

 

春と秋にはハイキング「塩の道を歩こう会」も開催されておりますので、興味のある方はぜひご参加ください。happy02


この記事が気になりましたらお気軽にコメントやシェアしていただければ幸いです。
野田村観光協会Facebookページはこちら




関連記事


タグ:みちのく潮風トレイル, ウォーキングイベント, 三陸ジオパーク

関連する記事

以前にもブログで触れた話題ですが、今年の野田まつり開催中の朝、商工会の玄関に大きな大きな贈り物が届いていました。
 
IMG_0161.jpgのサムネイル画像
 
雨が降っていたので中に移動しました
しっかりビニールでくるんであり中は濡れてませんでした
 
プレゼントにはお手紙が添えられており
これまでも匿名で、たくさんイルミネーションをプレゼントしてくれた「寝坊で出遅れたサンタ」様からでした。
 
お手紙には「今年も少しだけですが、光のプレゼントを」と書かれてあり
ストレートライトと、2メートルぐらいあるタワー型のイルミネーションを頂戴いたしましたsign03
 
どこのどなたは分からないのですが・・・
寝坊で出遅れたサンタ様、ありがとうございます!!weep
 
IMG_2986.JPGのサムネイル画像
 
いつもイルミネーションを飾り付けてくれておりました野田村青年会の方にお渡しいたしました
 
 
そして季節は移り、冬に!クリスマスの季節で~すsnow
 
今年も寒い中、野田村青年会の皆さんがイルミネーションを設置してくれました!
八戸工専の河村先生と京都大学の生徒さんもお手伝いしてくれたそうです。
 
IMG_6039.JPG
 
11日(日)から十府ヶ浦公園のイルミネーションタワーの隣に設置されました。きれいですねーhappy01
 
IMG_6017.JPG
 
さっそく親子連れがイルミネーションを見に訪れていました
 
IMG_5993.JPG
 
 
冬の寒さが染みる季節もイルミネーションがあると子どもも大人もワクワク、心が温まりますねheart02
いつもありがとうございます!
 
お近くに来られましたらぜひ見に行ってみてください♪
 
 
info01点灯時期
 
・十府ヶ浦公園〈16:30~22:00〉来年1月20日(金)頃まで点灯する予定です。
 
・ひだまり公園〈~21:00頃まで〉来週設置して来年1月末まで点灯する予定です。
 

この記事が気になりましたらお気軽にコメントやシェアしていただければ幸いです。
野田村観光協会Facebookページはこちら

タグ:十府ヶ浦公園, 寝坊で出遅れたサンタ様

関連する記事

早いもので年末までもう半月ですね。

12月10日(土)、今年度最後の野田村プチよ市が開催されましたー!

おふるまいに音楽に抽選会に、昼イチは混雑するほどたくさんのお客様で賑わいましたsign03
 
20221210_IMG_5916.JPG
 
20221210_IMG_5944.JPG
 
12月開催は寒いだろうなと思ってましたが、この小春日和happy01
 
2022_12_10collage2.jpg
 
ジェイプランニング(てしごと屋)さん、coconimoさん、足湯&カフェ たいようのいちこさん、洋食・旬彩料理みなみさん、かまどのつきやさん、(株)のだむらさん、UFUFUさん、元気の会さん、安来直売所さんが出店されました。
 
2022_12_10collage1.jpg
 
 
スタートからかまどのつきやさんのお餅つきです!
 
20221210_IMG_5784.JPG
 
つきたてのお餅が入った鶏汁がふるまわれました
 
20221210_IMG_5790.JPG
 
鶏汁美味しい~heart04
 
20221210_IMG_5792.JPG
 
 
なんと今回、野田村と友好町村である北海道様似町さまにちょうからの特別出店が!
マルヤ海産様が海産物販売に来てくださり、鮭の山漬け・毛蟹・いくらなどを買い求めるお客さんも多かったですfish
 
20221210_IMG_5903.JPG
 
20221210_IMG_5838.JPG
 
かに!!!
 
20221210_IMG_5894.JPG
 
手鹿郁美さんのサックス演奏、佐々木うぃなこさんのミニライブもあり、音楽で会場を盛り上げてくださいました♪
 
20221210_IMG_5928.JPG
 
そしてペア宿泊券や商品券が当たる『歳末お買い物抽選会』も行われました!
当たった皆様、おめでとうございます。(私はホッカイロ・・)
 
20221210_IMG_5923.JPG
 
野田村スタンプ会ののんちゃんカード公開抽選会では、
「クリスマス応援プロジェクト」ということで37名様がご当選されました
 
 
20221210_IMG_5939.JPG
 
野田村の食材たっぷりの『野田村パエリア』
 
20221210_IMG_5947.JPG
 
二回に分けて50食がふるまわれましたが、あっという間に無くなりました~
 
 
というわけで、関係者の皆様、ご来場の皆様、ありがとうございました!
 
野田村プチよ市も春までお休みとなります。

来シーズンもどうぞよろしくお願いいたします。

20221210_IMG_5829.JPG

 


この記事が気になりましたらお気軽にコメントやシェアしていただければ幸いです。
野田村観光協会Facebookページはこちら

タグ:ねまーる, 野田村プチよ市

関連する記事

三陸沿岸道路で片道1時間!
岩手県山田町やまだまちへガイド研修へ行ってまいりました!
 
20221129_IMG_5669.JPG
 
養殖いかだがたくさん!!
海を見慣れている野田村民でも、海の湾の形状が全然違って感動~
 
 
午前中は、国道45号線沿いにある新生やまだ商店街協同組合震災語り部ガイド・昆さんに山田町の中心商店街をご案内していただきました。
 
20221129_IMG_5661.JPG
 
道路の向こうにあるのが新生やまだ商店街。
震災前は組合は無かったそうですが、全体で力を合わせようと組織したそうです。
 
 
20221129_IMG_5603.JPG
 
新生やまだ商店街から歩いてすぐの高台、御蔵山復興祈念公園
 
20221129_IMG_5608.JPG
 
被災したJR陸中山田駅の駅舎上に設置されていた大時計
 
震災遺構ではないそうですが、野田村と山田町こんなに近いのにこの時計の存在を知らなかった・・・
 
駅の上にあったものだそうですが、目の前にあるととても大きくて十分なインパクトがありました。
 
20221129_IMG_5609.JPG
 
山田町の東日本大震災による死者・行方不明者数は743人・・・。
そして被災家屋は46.6%と、実に約半数が被災されています・・・
 
20221129_IMG_5630.JPG
 
旧山田病院。病院は移転し使われていなかったので、スーパーの『びはん』さんや北銀さん、スポーツ店や病院などもここを仮店舗として営業されたそうです。
 
20221129_IMG_5637.JPG
 
周辺商店街を見て、スーパー『びはんストア』のある共同店舗棟「オール」へ。
 
ここの山田町まちなか交流センターの2階に、震災伝承ギャラリーがあるそうです。
 
20221129_IMG_5640.JPG
 
山田の特徴的な地形と東日本大震災による被害がよくわかります
 
20221129_IMG_5649.JPG
 
災害公営住宅だそうです。でっかい!!
鉄筋コンクリート造6階建て・総戸数146戸の共同住宅だそうです。
 
20221129_IMG_5636.JPG
 
 
案内して頂いたのは山田町の中心市街地で、かさ上げ工事や土地区画整理が行われたあと新しく立てられた陸中山田駅・商業施設・公共施設も数多くあり、人通りも多く活気を感じました。
 
商工会にいて、津波被害を受けた事業所が再開するまで長い時間がかかり、多くのご苦労があり、再オープンする度にお祝いがあり、営業後も色々あり・・というのを見てきました。
 
山田町のこんなに多くの事業所が再開して賑わっている街並みを見てじーんとしました。
 
ガイドさんのお話聞けて良かったです。ありがとうございました。
 
 
20221129_IMG_5650.JPG
 
昼食は「オール」の裏にある三陸味処 三五十(みごと)さんで
 
20221129_IMG_5662.JPG
 
ううー、海鮮丼美味しい!幸せ~!
(やまだといえば牡蠣小屋ですが予算オーバーでした・・)
 
午後は、三陸ジオパークの認定ガイドの伊藤さんと一緒に船越湾と荒神海岸へ!
 
小さな道路が海ギリギリでびっくりしました。
 
20221129_IMG_5673.JPG
 
本当はオランダ島狙いだったんですが、巡航船は夏だけみたいです。
 
ちなみに山田町の「オランダ島」は東北唯一の無人島海水浴場で、夏の海水浴シーズンは完全予約制の巡行船(往復500円)で島に渡ることが出来るそうです!素敵!
 
20221129_IMG_5739.JPG
 
白浜と透明感のあるエメラルドグリーンshineが美しくプライベートビーチのような荒神海岸。
 
海もキレイなんだけど、何より砂が細かく白い!!
 
あ~、この写真じゃ伝わらない・・でも波打ち際がツヤツヤしてキラキラしてるんです。
 
この日は波が荒れていて曇っていましたが、晴れて穏やかならもっと綺麗だそうです。
 
 
20221129_IMG_5681.JPG
 
船越湾は花崗岩地帯で、地上にあると風化しやすい性質のため、最終的にまさ土(砂)になるそうです。
 
その中で風化に強い「石英(白い粒)」が残り、この白い砂浜になったそうです。
 
水深が浅く、砂が白いので、このようなきれいなエメラルドグリーンになるのですね!
 
20221129_IMG_5692.JPG
 
新しいトイレやシャワーも完備。
 
20221129_IMG_5698.JPG
 
こちらは荒神海岸の奥にある荒神社(あらがみしゃ)。山田はタブの木の北限だそうです。杉かと思ったら、木肌がつるつるしてますね。
津波は社殿のギリギリまで来たそうです。
 
20221129_IMG_5701.JPG
 
荒神社の御祭神宝剣だそうです。錆てますが、すごーい
 
20221129_IMG_5721.JPG
 
頼基廟所とされる、岬の上の屋根のないお社。建てても強風で吹き飛ばされるからこういう合理的(?)な形らしいです。
 
 
20221129_IMG_5732.JPG
 
荒神海岸は砂鉄が集まりやすい海岸だそうで、砂鉄取り体験もさせていただきました!
 
伊藤さんのガイド楽しかったです。団体で行くならジオガイドさんお願いした方が絶対いいですね・・!
 
知識だけでなく色々勉強になりました。ありがとうございました。
 
 
20221129_IMG_5751.JPG
 
道の駅やまだ(ふれあいパーク山田)では「あずきばっとうソフト」を頂きましたheart04(今「わかめソフト」ないんですね)
 
本当にソフトの下から一口大のあずきばっとう・・つまりうどんが出てきてびっくりしました!笑
 
野田村でも『あずきばっとう』はありますけど、家庭で作るだけで商品はないですね・・
 
ちなみに道の駅やまだは、来年山田ICの下に移転するそうです。
 
 
IMG_5750.JPG
 
『赤ざら貝』だそうです。ガイドさんがホタテのような感じと教えてくれましたが、初めて見ました。
 
 
 
というわけで1日ガイドさんと共によく歩き、山田のいいところや美味しいもの、たくさん発見して帰ってきました。
 
話の内容以外にも学ぶことは多く、お昼も美味しく、参加者からは「来て良かった」とご好評いただきました。
 
この秋に上全国公開されている新海誠監督の映画『すずめの戸締り』にも山田町の織笠駅などが出ているということで、今も聖地巡礼で多くのファンが山田町を訪れているそうです。織笠地区も研修のコースに入れればよかったかな・・
 
今度は夏の海水浴シーズンに行きたいと思います!
 

この記事が気になりましたらお気軽にコメントやシェアしていただければ幸いです。
野田村観光協会Facebookページはこちら

関連する記事

旅行支援の「いわて旅応援プロジェクト第3弾(全国旅行支援)」、また「野田村地元の宿応援割事業

半月ほど前に、予算増額で延長されましたね~!

どちらも予算の範囲内での実施のため予算上限に達した時点で終了となりますが・・・

 

今回は両方の割引対象となっている村内のお宿、「小野旅館」さんをご紹介いたします!

20221111_IMG_5639.JPG

いつもお世話になっておりますが、お泊りは初めてです♪

20221111_IMG_5629.JPG

小野旅館さんは、野田村の中でも普代村の近く、清流・安家あっか川の河口そばにあり、海、山、川に四方を囲まれたお宿です。

20221111_IMG_5551.JPG

開業したのは昭和38年ごろ。国道の建設工事で場所を移し、現在の小野旅館さんは昭和46年ごろに建てられたそうです。

お泊りのほか、各種ご宴会、またお弁当、オードブルなどの仕出し業を行っています。

20221111_IMG_5631.JPG

 

部屋は昔ながらの作りですが、お布団も清潔で、エアコン・ファンヒーターもあり快適に過ごせます。

20221111_IMG_5507.JPG

またテレビ、フリーWi-Fiも完備です。

2022_11_11onoryokan1.jpg

お部屋のカギがホタテ!

お部屋は二階にあり、客室は7室。今回は家族4人なので二部屋でお願いしました。

2022_11_11onoryokan2.jpg

 

現在お泊りのお食事会場として使われているお部屋は、宴会などにも使われる大部屋を区切っており広々。

20221111_IMG_5521.JPG

20221111_IMG_5524.JPG

2022_11_11onoryokan3.jpg

海側のお部屋から海は見えますが、せっかく太平洋の広い海を眺めるなら、上の国道か、下の河口、または漁港へお散歩するのがおすすめ。

 

さて、お夕飯時にチェックインいたしましたので、着いた早々お夕食です!

20221111_IMG_5609.JPG

仕事終わって駆けつけて、こんなご馳走が食べられるなんてcrying 幸せ!

20221111_IMG_5601.JPG

旬の地の物がテーブルにずらり!

20221111_IMG_5613.JPG

「日本料理は目で味わう」とは言いますが、食べる前から美味しそうlovely

お料理には地元の旬の食材を取り入れ、地元ならではの味付けや調理の仕方をしているとのことで、食を通しておもてなしの心を感じます。

20221111_IMG_5587.JPG

こちら↑ はあらかじめお願いしていた子ども向けメニュー。

エビフライやハンバーグにグラタン、鶏のから揚げなど・・子どもも美味しいと喜んで食べていました。

何から何までとても美味しくて・・質も量も大満足でした。ごちそうさまでした。

 

満腹のお腹が落ち着いたあとはお風呂です。

20221111_IMG_5502.JPG

風呂・トイレ・洗面所は共有。お風呂はほかの宿泊者さんが上がってから入ったので、自分の家族だけで気兼ねなく入れました。

民宿らしいコンパクトなお風呂ですが、清潔感もあり、自宅のお風呂よりよっぽど広い湯舟で足を延ばしてゆったり・のんびり。

 

小野旅館さんの上には三陸鉄道の橋梁があり、時折ゴトンゴトンと音がして通っていきます。

普段鉄道の音を聞くこともありませんから、私的には得した気分でしたかね。最終のが22時頃なので就寝には差支えありませんでした。

20221111_IMG_5543.JPG

さて、朝は早起きして朝日を拝んでみようかなと思いましたが

残念ながら北向きの湾に位置するので、夏でないと朝日は見えないそうです。

 

せっかくお天気も良かったので、国道45号の安家大橋の上まで歩いて行ってみました。

朝方でもあるし、昨年三陸沿岸道路が開通したため交通量はあまりありませんでした。

20221111_IMG_5697.JPG

水平線からは見えなかったですが、この日の海はおだやかで、とても美しかったです。shine

20221111_IMG_5703.JPG

オレンジ色に紅葉した山に朝日が当たって真っ赤になっていました。きれい!

 

朝のお散歩もしたところでおまちかねの朝ご飯です!

20221111_IMG_5708.JPG

真ん中に輝くイクラが!(旬だから・・!?)

これはもう『鮭いくら丼』にするっきゃな~い!美味しい!贅沢!

20221111_IMG_5720.JPG

皮までカリっと焼けた鮭に、目玉焼きはプリッとやわらかく、引き昆布やお漬物も美味しかったな。

 

さて気になる宿泊料金ですが・・・
8000円から野田村割引で-3000円で、さらにいわて旅(40%引)-2000円。そして、県内参画店舗で使えるいわて応援クーポン券3000円(休日は1000円)と野田村共通商品券1000円を人数分いただきました。お得っていうレベルではなかったです!!sweat01

 

というわけで、ゆっくりのんびり美味しいものをたらふく食べて、癒された一泊でした。

 

野田村では二つの宿泊割引を組み合わせることができるのは「国民宿舎えぼし荘」さんと「小野旅館」さんの二か所となっています。

ぜひ皆様も利用してみてください。

 

※ご注意※

いわて旅応援プロジェクト第3弾(全国旅行支援)」、「野田村地元の宿応援割事業」とも、予算上限に達した時点で終了となります。

国民宿舎えぼし荘さんは「いわて旅~」は先日終了し、小野旅館さんも残数わずかとのことでしたので、ご予約のお電話の際に割引適用についてお問い合わせください。

※追記※「野田村地元の宿応援割事業」予算増額となりました。予算上限に達した時点で終了となりますので各宿泊施設にご確認ください。

 

-宿データ-

小野旅館
  〔住所〕岩手県九戸郡野田村大字玉川2-64-15
  〔TEL〕0194-78-2507 〔FAX〕0194-78-2819
  〔プラン〕一泊二食付き8,000円、10,000円、13,500円、15,500円、いわて旅応援プラン有
  〔チェックイン〕15:00~ 〔チェックアウト〕~11:00
  〔送迎〕送迎あり。要予約ですので、ご予約時にお申しつけください。
  〔客室アメニティ〕バスタオル、フェイスタオル、浴衣(大人用)、歯ブラシ
  〔お風呂備え付け〕ボディソープ、リンスインシャンプー、ドライヤー


この記事が気になりましたらお気軽にコメントやシェアしていただければ幸いです。
野田村観光協会Facebookページはこちら




関連記事


タグ:小野旅館

関連する記事

11月6日(日)、JA新いわて野田支所を会場に3年ぶりに開催された
野田村の"食の祭典"「NODAまんぷくマルシェ」sign03

20221106_IMG_4795.JPG

お天気にも恵まれて大盛況でしたsun

20221106_IMG_4843.JPG

20221106_IMG_4829.JPG

20221106_IMG_4812.JPG

2022_11_06collage3.jpg
 
 
司会者はお笑いの123☆45(イズミヨーコ)さん!!
 
20221106_IMG_4727.JPG
 
野田村出身のイズミちゃん(左)と、相方の東京出身のヨーコさん(右)
実はヨーコさんはこのあいだ野田村へ遊びにきてくれました☆
 
農協・荒海団さんをはじめ、地元出店者の美味しいものがたくさん。
あれも食べたい、これも食べなきゃと合間をぬってちょこちょこ食べてたらも~まんぷくにcoldsweats02
 
2022_11_06collage.jpg
 
※食べられる量に限りがありましたので、いろんな人に召し上がる前にお願いして撮らせていただきました・・(本当ですよ~!sweat01
 
 
『スペシャルタイム』には、この日だけのとっておき商品の限定販売やお振舞いも行われました。
 
20221106_special.jpg
 
荒海汁、ホタテがごろごろ入って美味しかった~!
福来豚シュウマイもジューシーで美味しかった~!
 
20221106_IMG_4939.JPG
 
農家食堂つきやさんのお振舞いを提供する素敵な笑顔のイズミちゃん。
わらび餅、ぷるっぷるで美味しかった~!←結構食べてるじゃん
 
 
今年はふわふわエアートランポリンのお手伝いでしたが、たっくさんのお子さまが遊びにきてくれました。happy01
 
20221106_IMG_4758.JPG
 
 
また村体育館では「野田村総合文化祭 展示部門」が、そして体育館前では「野田村ボランティアまつり」も同日開催でした!
 
2022_11_05collage.jpg
 
2022_11_06collage2.jpg
 
 
そして今年は餅まきのかわりに、『もち大抽選会』が行われました。
(各店舗でお買い上げ1回につき、お餅付き抽選券を1つ配布されました。)
 
20221106_IMG_4944.JPG
 
最後の特別賞5つはなんと1万円相当。
 
20221106_IMG_4952.JPG
 
抽選に当たった皆さん、おめでとうございます!shineshine
 
20221106_IMG_4806.JPG
 
イベントの司会者を務めた123☆45(イズミヨーコ)お二人によるMC、笑顔、盛り上がり、笑顔、さすがでしたnotes
 
 
たくさんのご来場どうもありがとうございましたsign03



この記事が気になりましたらお気軽にコメントやシェアしていただければ幸いです。
野田村観光協会Facebookページはこちら

タグ:NODAまんぷくマルシェ

関連する記事

10月29日(土)に第44回野田村プチよ市が開催されました!

20221029_IMG_4344.JPG

お天気がよくて人出が多く、とっても賑やかでした!

20221029_IMG_4337.JPG

20221029_IMG_4301.JPG

会場もスタッフもばっちりハロウィンの装いnote

2022_10_29collage.jpg

2022_10_29collage2.jpg

 

10月はハロウィン企画として『ハロウィンシールラリー』を行いました!

IMG_4379.JPG

ジェイプランニング(てしごと屋)さん

IMG_4400.JPG

coconimoさん

IMG_4297.JPG

足湯&cafe たいようのいちこさん

IMG_4331.JPG

洋食・旬彩料理みなみさん

IMG_4341.JPG

安来直売所さん

IMG_4353.JPG

かまどのつきやさん

IMG_4389.JPG

(株)のだむらさん

20221029_IMG_4472.JPG

UFUFUさん

IMG_4324.JPG

NPO法人 風花さん

IMG_4323.JPG

北三陸食彩レストランNAOさん

 

IMG_4328.JPG

シールを集めたらお菓子プレゼント!

今回も美味しいものがいっぱいでしたね。

仮装したかわい~い子どもたちがたくさん参加してくれまして、なんと40分足らずで予定数が無くなってしまいましたcoldsweats01

 

さて、次回開催のお知らせです!

11月はお休みで、次は冬のプチよ市を12月上旬に開催予定とのことです。

ちなみに11月6日(日)はJA新いわて野田支所の特設会場にて野田村”秋”の収穫祭「NODAまんぷくマルシェ」が3年ぶりに開催されます♪

なんと今年は123☆45(イズミヨーコ)さんが司会に駆けつけてくれます!楽しみですね!

会場すぐそばで野田村総合文化祭(野田村体育館)とボランティアまつり(体育館前)も同日開催だそうです。ぜひお越しください。


この記事が気になりましたらお気軽にコメントやシェアしていただければ幸いです。
野田村観光協会Facebookページはこちら

タグ:ねまーる, 野田村プチよ市

関連する記事

10月15日(土)、第4回目となる『涼海の丘ワイナリー大収穫祭』
野田村マリンローズパークで盛大に開催されました!
 
20221015_IMG_3975.JPG
 
午前中は予定外の雨でスタッフの皆様大変だったと思うのですがcoldsweats02 開会前にはあがってくれましたsun
 
20221015_IMG_3892.JPG
 
美味しいテント村の並ぶ会場では、涼海の丘ワイナリーの山葡萄ワイン「紫雫Marine Rouge」などのフリーフロー(飲み放題)が行われ、来場者は美味しい秋を満喫していました!

20221015_IMG_3971.JPG

飲み比べて美味しいワインのフリーフロー

野外で飲むワインは格別だったでしょう!

20221015_collage2.jpg

20221015_IMG_3980.JPG

今年は盛岡からベアレン醸造所さんも出店!ビール樽生も飲み放題です。

イベントジョッキグラスの限定販売や、お土産用の缶ビールの販売もありました。

 

 

IMG_1122.JPG

野田村産山葡萄の甘い生果販売も。

20221015_collage3.jpg

美味しいテント村では様々なグルメが販売されていました!

20221015_collage1.jpg

えぼし荘さんでは山葡萄が隠し味のタコ串焼き・鮎の塩焼き・南部福来豚の豚汁

20221015_IMG_3865.JPG

佐藤農園さんから乾杯の発声です!

20221015_IMG_3993.JPG

涼海の丘ワイナリーのスタッフ 左から皆川さん、坂下醸造所長さん、佐藤さん

IMG_3820.JPG

山ぶどう娘さん(ワイン娘さん?)
今年は華やかな衣装ですねheart04
 
20221015_IMG_3760.JPG
 
素敵な衣装も岩手の10月にはちょっと寒そうでしたが、くるくる回り、笑顔でピース!
 

20221015_IMG_3886.JPG

そして恒例のじゃんけん大会!
今年も盛り上がりました

 

20221015_IMG_3882.JPG

気合を入れて参加するも負け続きcrying
やっぱりお子さまは強い・・

20221015_IMG_3996.JPG

そして山ぶどうジュース利きぶどう大会!

三つの中から野田村産山葡萄ジュースを当てます!さあ、どれが一番おいしいかな?

20221015_IMG_3997.JPG

当てちゃう自信があるので、会場の皆様にゆずりました。(言い訳・・)

20221015_IMG_3965.JPG

山ぶどう娘さんには御礼に野田村産山葡萄果汁「森のぱあぷる」とマリンローズキーホルダーが贈られました。お疲れ様でした!

20221015_IMG_3895.JPG

子どもさんたちは高さ11メートルあるというロープジャングルジム(ザイルクライミング)で遊んでいました

20221015_IMG_3856.JPG

地域おこし協力隊インターンシップで野田村に来てくれた、小川さんと森さん

お二人は地域おこし協力隊インターンシップとして野田村に2週間滞在し、涼海の丘ワイナリーのお手伝いをしてくださるそうです!!

この日は小川さんは山ぶどう娘として、森さんもスタッフとしてイベントをお手伝いしてくれました。

Instagramアカウントもぜひぜひチェックしてみてくださいhappy01@noda_vill.winery

 

 

涼海の丘ワイナリーさんでは今まさに山葡萄ワインの醸造真っ只中!!
 
来年の2月ごろに販売予定のベアレン山葡萄スパークリングワインも楽しみですね。

この記事が気になりましたらお気軽にコメントやシェアしていただければ幸いです。
野田村観光協会Facebookページはこちら

タグ:マリンローズパーク野田玉川, 涼海の丘ワイナリー, 涼海の丘ワイナリー大収穫祭

関連する記事

10月2日(日)、岩手県県北広域振興局主催(野田村、三陸ジオパーク推進協議会共催)の「三陸ジオパークフォトロゲイニング in のだ」が開催され、県内外より全43組、129名の皆さんが参加し汗を流しましたsign03

参加者の皆様は休み明け、疲労と筋肉痛で大変だったのではないでしょうか・・・coldsweats01

(今回わたくしは役場の皆さんとスタッフ参加です)

20221002_IMG_0892.JPG

ちなみに2020年は普代村で行われ、2021年は宮古市で開催予定でしたが、新型コロナ感染症拡大を受け中止になりました。

 

会場の野田村体育館。こちらで開会式と表彰式が行われました!

20221002_KKDF6064.JPG

20221002_IMG_1002.JPG

参加者にはのだ塩・ミネラルウォーター・のだ塩サイダーをプレゼント

20221002_IMG_0989.JPG

最近ではスマホで受付(チェックイン)になったんですね

 

フォトロゲイニング(通称フォトロゲ)は、チームを組んで「地図をもとに、時間内にチェックポイントの得点を集めるスポーツ(競技)」

エリアのさまざまな魅力に触れることができ、チームの親睦も深まります!

チェックポイントには、三陸ジオパークのジオサイトや震災遺構、駅などの公共施設、観光名所や景勝地など、さまざまな場所が指定されていて、ポイントすべての配点は異なり、遠い場所は高得点になってます。

 

IMG_0994.JPG

野田村の中村副村長からもご挨拶

IMG_0996.JPG

全ては回れないようになっているので、マップを見てどこをどう回って点数をとるかチームで作戦を立てます

 

20221002_IMG_6290.jpg

10:00 野田村役場前から一斉にスタート!!

 

20221002_IMG_6229.jpg

制限時間は午後1時。
チームそれぞれチェックポイントを目指します。

 

20221002_IMG_6235.jpg

行ってらっしゃ~い!

範囲は、北は野田漁港、南は玉川、西は中平から根井と広範囲!

地図を見てもイマイチ実際の高低差や距離感、最短ルートがつかみづらいので苦労します。

ちなみに、移動手段は「歩く」「走る」のみというルールですrun

 

表彰式の準備を終えてから、参加者の皆さんを探しにいきます!あっ、いたいた!

ばらばらに歩いているので見つかるか心配でしたが、43組もいると結構見つかるものですね!

IMG_6245.jpg

チェックポイントに行き、見本と同じ写真をチームで撮影すれば加点となりますcamera

20221002_collage1.jpg

県南からご参加いただいたチームの方にお話をお伺いすると、この日は4時起きだったそうcoldsweats02

「東京から!」というチームも!大変お疲れ様です。

「以前にもフォトロゲに参加して楽しかったから!」というリピーターさんもいらっしゃいましたよ。

20221002collage2.jpg

 

競技はお昼をまたぐので、ランチnoodleを食べたり、ソフトクリームを食べたり、休憩を挟みながら歩きます。

中には小さいお子様連れのチームも。たくさん歩いてえらいsign03

 

20221002_IMG_6262.jpg

制限時間前に公式時計の前で写真を撮ってフィニッシュwatch

 

3時間しっかり野田村の色々なところを回って、撮って、たくさんの思い出ができたのではないでしょうか。

.

終了後はスマホでスコア(回ったポイント)を入力すると自動集計されるしくみだそう。

20221002_IMG_6276.jpg

ファミリー部門、ペア部門、グループ部門の各上位3チームには賞状と賞品の野田村特産品が、

また共催の三陸ジオパーク推進協議会からの特別賞としてくじ引きが行われ、当選した2チームに賞品が手渡されました。

入賞・当選した皆様、おめでとうございます!shine

 

20221002_IMG_1017.JPG

最後はフォトロゲイニング協会の伊藤さんから総評。

 

 
アンケートでは「楽しかった!」というお声を多く頂いたそうです。来年の開催は未定だそうですが、ぜひまた開催されるといいですね。

ご参加された皆様、関係者の皆様、お疲れさまでしたsign03

 

20221002_IMG_6293.jpg
 
 
 
 
※「フォトロゲ®」、「フォトロゲイニング®」は日本フォトロゲイニング協会(代表理事)の登録商標です。
※一部お写真は主催・共催団体様より提供いただきました。
 

この記事が気になりましたらお気軽にコメントやシェアしていただければ幸いです。
野田村観光協会Facebookページはこちら



 

関連記事

タグ:スポーツ, フォトロゲイニング

関連する記事

10月1日(土)、三陸ジオパーク推進協議会主催の「ジオさんぽなのだ ~ぐるっと十府ヶ浦~」に参加してきました!
 
20221001_BUCQ4454.JPG
 
認定ジオガイド田高さんのお話を聞きながら 10人の参加者さんとのんびりてくてく、野田村のジオをたっぷり感じながらまち歩きをしました。
 

20221001_LHUS2847.JPG

道の駅のだの陸中野田駅から南へ一駅、十府ヶ浦海岸駅へ移動します。

20221001_FNAC4364.JPG

20221001_MVVL5497.JPG

十府ヶ浦海岸駅で下車。あっという間でした(笑)

20221001_YBRT1644.JPG

駅近くから小高い山を登って、展望台へ。

20221001_WURG9374.JPG

海がきれい!お天気最高~!

20221001_TWWF4605.JPG

野田村の大津波記念碑に到着です。

20221001_OHLY2315.JPG

三陸ジオパークの看板

20221001_QDVW2360.JPG

とは2mm以下のものをいうので、十府ヶ浦は”砂浜”でなく”小石浜”か"礫(れき)浜"になりますね」

「野田村には三つの紫(ぱあぷる)があって・・・」

認定ジオガイドさんより野田村のジオについて、津波について、色々教えていただきました。

20221001_AJFE2512.JPG

さあ、十府ヶ浦海岸沿いを進みます。

むかし、ここ十府ヶ浦で「柔道一直線」というドラマのロケが行われたんだとか。知らなかった。

青い空に、ひろ~~い海、最高の眺めですshineshine

20221001_LFXS8082.JPG

しかしこの時期では珍しく気温は27~28度まで上がったでしょうか。(暑かったsweat01

とはいえウォーキングイベントでこれぐらい晴天に恵まれるのは素晴らしい!

20221001_LXYU2879.JPG

2021年3月に完成した、高さ14メートル・長さ2.6キロメートルにわたる防潮堤のはじっこ。

宇部川の河口まで来ました。

高さ25メートルの水門が壮観です!
 
 

20221001_IMG_0778.JPG

ガマズミでしょうか。秋らしいですね。

20221001_IMG_E0793.JPG

野田漁港では猫ちゃんを3匹見かけましたcat

20221001_IMG_0783.JPG

さあ、大唐の倉だいとうのくらに着きました。野田層群という地層で、久慈市にもこの露頭があります。

植物化石や泥、炭が獲れること、それらが歴史の中でどのような関わりがあったかなどお話を聞きました。

 

20221001_IMG_0787.JPG

ガイドのネタに小判も仕込んでくるとは!

 

20221001_IMG_0795.JPG

約5kmを3時間半かけて歩き、ゴール「道の駅のだ」に戻ってきました!

20221001_IMG_0799.JPG

ここで『のだ塩ベコ道』についても、お話を聞きました。

田高さんのお話とてとても分かりやすかったです。

 

さ~て、最後は山葡萄パワーで体力を回復するとしましょうcatface

「道の駅のだ」のソフトハウスでは、のだ塩ソフトの他にも、野田村特産の山ぶどうピューレを掛けたパフェやサンデーもメニューに並んでいます。

20221001_IMG_0801.JPG
 

山葡萄サンデーソフト、うんまかった~!!
皆様大変お疲れさまでした。
 

この記事が気になりましたらお気軽にコメントやシェアしていただければ幸いです。
野田村観光協会Facebookページはこちら

タグ:ウォーキングイベント, 三陸ジオパーク, 十府ヶ浦

関連する記事

このページの上部へ

お知らせ


過去記事

プロフィール

岩手県九戸郡野田村(沿岸北部・三陸・三陸復興国立公園/陸中海岸国立公園・国道45号)の観光・物産・食、村の“ほっ”とな話題などをご紹介するブログです。