こころとからだが安らぐ居場所に「足湯&cafeたいようのいちこ」

この5月、野田村の中心部にある『ねま~る』に新しいお店がオープンしました!

20210513_IMG_7308.JPG

「足湯&cafeたいようのいちこ」さんという、ランチ・足湯カフェ・整体のお店です。sign01

20210513_IMG_7080.JPG

てしごと屋さん、coconimoさんの並びです

20210513_IMG_7086.JPG

靴を脱いでお邪魔します♪
かわいい店内~~

20210513_IMG_7370.JPG

カフェ営業はだいたい午前10時から午後2時まで。

”野田村の自然の恵みで健康づくり”をテーマとして、店長さん手作りの郷土食や家庭的なお料理を日替わりメニューで提供されています。

20210513_IMG_7085.JPG

20210513_IMG_7367.JPG

ホワイトボードにはその日の日替わりメニューが書かれています。
一品ずつお好みで選ぶんですね。どれも美味しそう~sign03

20210513_IMG_7378.JPG

母の味~heart04 自分ではなかなか作れませんcoldsweats01

ちなみに毎週火曜日はカレーの日、水曜日はゆかべ豆腐の日だそうですよ。

20210513_IMG_7119.JPG
 
こちらは、久慈市の「フォレストキッチン」さんが焼いたスコーンのスコーンプレートと、しょうが湯
スコーンも美味しくて、しょうが湯はすごーく温まりました。
 
お食事メニューやスコーンは、お持ち帰り(テイクアウト)も可能だそうです!
 
 
 
そ・し・て・・・・
 
20210513_IMG_6907.JPG

「健康は足から!」と、足湯もあるのです!!
あったか~くて気持ちい~~いcatface

20210513_IMG_7387.JPG

店長である松川さんは、これまで村の介護予防担当の看護師さんとして野田村の皆さんに親しまれてきました。

「村の皆さんが作ったもの、たとえば畑で育てた食材やお豆腐をお食事として提供したり、手芸品とか、そういうものを活かして仲間を見つけたり、皆さんが元気になれる居場所を作りたい。」とお店をオープンされたそうです。

 

松川さんは「地域の皆さんは太陽」と言います。そんな皆さんが気軽に集い、語り合い、心と体に栄養補給できるような居場所(いちこ)になりたい・・・という思いから、『たいようのいちこ』という店名にされたそうです。

『いちこ』は、わらなどで作られた赤ちゃんのかごのこと。この辺りの方言で、えつこ、えんつことも呼ばれます。

 

20210513_IMG_7129.JPG

さらに整体師でもある松川さんは、予約整体で体の調子を整えるお手伝いをされるそうです。(私も足のむくみが気になる・・weep

ちなみに5月20日までは特別価格だそうですよ。

訪問施術も可能だそうですので、お電話にてご予約ください!

 

ちょっと一息に、趣味のお仲間の集いの場に、足湯や健康相談に、
ぜひ気軽にお立ち寄りになってみてください。happy02

 

-お店データ-

足湯&cafeたいようのいちこ
  〔住所〕〒028-8201 岩手県九戸郡野田村大字野田20-106 ねま~るA
  〔TEL〕0194-66-8621
  〔FAX〕0194-66-8622
  〔営業時間〕だいたい10時~14時(訪問整体まつかわ火曜~日曜15時~19時)
  〔定休日〕毎週日曜日・月曜日


 


この記事が気になりましたらお気軽にコメントやシェアしていただければ幸いです。
野田村観光協会Facebookページはこちら

タグ:ねまーる, カフェ, ランチ

関連する記事

※記事の内容は取材当時のもので、最新の情報とは異なる可能性があります。最新情報は直接店舗等にご確認ください。

コメントする

公開されません

その他の記事

最近の記事から

過去の記事から

このページの上部へ

お知らせ


検索

以前の記事

プロフィール

岩手県九戸郡野田村(沿岸北部・三陸・三陸復興国立公園/陸中海岸国立公園・国道45号)の観光・物産・食、村の“ほっ”とな話題などをご紹介するブログです。