ボタンの贈り物

先日、南部曲り家民宿&カフェの「苫屋」さんに伺ったときに
「八戸の方が、ボタンを持ってきて下さったの」と、ボタンを見せていただきました。

ボタンって、あのボタン?


ま~~~っ!いろいろなボタンがざくざく!


どうしてボタンかと言いますと・・・
野田村の仮設住宅のお母さんたちが作るハンドタオルなどの小物に、ボタンでもあしらえば素敵になるのだけどと言ったら、なんと集めてきてくださったんだそうです。

「集めてきましたー!」ったって、こんなに集めるの大変ですよ。。
しかもこれ全部ではなく、3回目のお届けなんだとか・・・


こんなにボタンがあると、見てるだけで楽しくなっちゃう!!
もちろん小物もオシャレになるけれども、作るお母さん方の楽しみにもなりますね。

仮設住宅のお母さん方の小物は、同じものばかりでなく色々な種類をおつくりになるのだそう。素敵なものができそうですね。(あっ、でももう、ボタンは十分いただいたみたいです!)


「あったらいいな」の声に
応えてくれた、あたたかい気持ちに・・・ありがとうです!!
(haru)
・野田村では災害義援金を受け付けています
・野田村役場公式ホームページ(災害・復旧・生活などの情報はこちら)
・野田村社会福祉協議会/野田村災害ボランティアセンター

タグ:カフェ, 苫屋, 苫屋

関連する記事

※記事の内容は取材当時のもので、最新の情報とは異なる可能性があります。最新情報は直接店舗等にご確認ください。

コメントする

公開されません

その他の記事

最近の記事から

過去の記事から

このページの上部へ

検索

プロフィール

岩手県九戸郡野田村(沿岸北部・三陸・三陸復興国立公園/陸中海岸国立公園・国道45号)の観光・物産・食、村の“ほっ”とな話題などをご紹介するブログです。

以前の記事