防潮堤を仰ぐ

こんにちは!

 

先日、ボランティアガイド・観光関係の皆さんで、野田村の海岸防潮堤を視察してまいりました。

20180618_IMG_4467.JPG

宇部川が海に流れ込む、野田海岸堤防の水門。
でっかっ!

20180618_IMG_4470.JPG

人だ!
ビル1階分を3.5mとして、6~7階建てに相当する高さです。

 

野田村の主な復興事業は

などありますが

(多い・・あらためて7年の年月を感じます・・・coldsweats02)、

 

現在も盛んと工事が行われているのが

県道野田山形線の付け替え三陸沿岸道路

そして防潮堤工事になります

20180618_IMG_4464.JPG

岩手県振興局土木部の方にご案内いただきました

 

防潮堤は高さ14m、これは明治三陸津波を想定した高さです。

(東日本大震災など最大クラスを想定した防潮堤は現実的ではないので、住民の避難を軸としたまちづくり事業で「多重防御」することになっています。sweat01

 

あのデカい水門は高さ24.3メートル・幅97.7メートルのコンクリート製。

岩手県では東日本大震災では水門や陸閘を閉めるため海へ向かった消防団員48人が津波の犠牲になったことを受け、いずれは、津波警報などを伝える「全国瞬時警報システム」(Jアラート)で一括して自動閉鎖されるような仕組みになるそうです。

20180618_IMG_4465.JPG

 

十府ヶ浦海岸の方に移動して、米田地区の海岸防潮堤も見学。

20180618_IMG_4479.JPG

きれいだな~ でも砂浜が減ったな~weep

20180618_IMG_4480.JPG

海岸の工事現場の中に、保護区域で花を咲かせるハマナスが見えますね。(もう大体咲き終わっちゃったかな?)

 

 

もしもしピット。普段ここに車を停めることは震災後あまりありません。

もう海は見えなくなるのか・・・と思いきや、

米田地区海岸堤防に合わせ、国道45号自体も2mほど嵩上げされるそうです。coldsweats02

20180618_IMG_4474.JPG

なお海岸防潮堤は、今年度中に野田海岸(0.5km)+前浜地区の林野海岸(1.3km)+米田地区海岸(0.8km)の全ての防潮堤を繋げ、津波防護効果の確保を図ります。

そして野田海岸堤防で2020年度、米田地区海岸堤防で2019年度の事業完了を見込んでいます。

 

20180618_IMG_4491.JPG

米田地区海岸防潮堤の近くにある震災遺構『米田歩道橋』

野田村の震災遺構はコンパクトです

 

そこから車で移動すること約7分、

今年5月にオープンしたばかりの「木の魚の美術館 魚の番屋」様へも視察へsign01

20180618_IMG_4505.JPG

木の魚の美術館 魚の番屋

 

ここは野田村の現役漁師・深渡栄一さんが長年かけて製作した木彫りの魚が展示される美術館です。

館内には木から生まれた活き活きとした海の生き物たちがズラリ350点以上。(もう新作が何点か追加されていました!)

深渡さんにご案内していただき、様々なエピソードをお伺いしました。

20180618_IMG_4502.JPG

魚の番屋についてはこちらをご覧ください。

 

防潮堤をガイドのコースに入れるのはまだまだ先の話になりそうですが、視野に入れつつ今後のガイドに活かして行きたいと思いますshine

ご案内いただいた皆さま、どうもありがとうございました。

 

この記事が気になりましたらお気軽にコメントやシェアしていただければ幸いです。
野田村観光協会Facebookページはこちら

タグ:震災ガイド, 復興事業

関連する記事

野田村の防波堤と国道の間には、かつて多くの黒松がありました。

林は海からの冷たい潮風から村を守り、また村民の憩いの場所となっていました。

20180610_IMG_maehama.jpg

震災前の黒松林。
昭和10年ごろ(83年前)から植栽され、1万本弱あったそうです

 

その黒松林は、7年前の大津波でほとんどなぎ倒されてしまいました。

20180610_IMG_4143.JPG

 

 

さる6月10日、村内グループ「のだ千年の松」主催で、

十府ヶ浦公園と前浜を会場に『天までとどけ!未来への植樹祭』が行われまして

村内外からたくさんの皆さんにご参加いただき ましたsign01

20180610_IMG_4116.JPG
 
小田村長 
 
20180610_IMG_4123.JPG
 
「のだ千年の松」代表の坂本さん
 
20180610_IMG_4125.JPG
 
今回300本の苗木のご提供を頂いた、三菱UFJ環境財団様
 
 
ご挨拶を頂戴いたしました所で、
ご参加の皆さんで植樹の場所である国道45号・三陸鉄道の向こうへ向かいます!
 
20180610_IMG_4138.JPG
 
以前はここから入ったところに、十府ヶ浦パークゴルフ場がありましたね~
 
20180610_IMG_4193.JPG
 
昔、子どもとよく浜へ散歩がてら遊びに行きました。懐かしいです。
 
 
 
工事現場に、海浜性植物であるハマエンドウも咲いていました。
 
20180610_IMG_4146.JPG
 
 
14mの防潮堤も大分できあがりましたね。
 
20180610_IMG_4144.JPG
 
やっぱり高い!
 
 
昨年の10月に植樹されたクロマツも植えられています!
 
20180610_IMG_4192.JPG
 
 
防潮林としては主に塩に強いクロマツが植えられますが、
今回の植樹では心安らぐ景観に資するという意味も込め色とりどりの広葉樹(コブシ、ナナカマド、ハマナス、コナラ、ニシキギ)300本が植えられました。
 
 
20180610_IMG_4158.JPG
 
さっそく穴を掘り、苗木を植えていきます♪
人が多いので、あっという間でした~。
 
20180610_IMG_4160.JPG
 
潮風に負けず、大きくなってねなのだ!
 
20180610_IMG_4168.JPG
 
ちなみに植えたのはヒメコブシ。白い花が咲くのかぁ。
 
20180610_IMG_4171.JPG
 
震災後野田村にたびたび訪れ、歌で元気を与えてくれている、名古屋のアーティスト茜谷有紀さんらも駆けつけてくれました。
 
 
 
20180610_IMG_4110.JPG
 
参加者には記念品として、イベント限定の「ハイビスカス入りピンクののだ塩」や、だらすこ工房さんの木彫りのキーホルダーがプレゼントされました。tulip
 
20180610_IMG_4211.JPG
 
さらに、太陽光発電の「わたあめ」もおふるまいです。大人も子供も、わたあめを求めて長い列ができました。
 
20180610_IMG_4288.JPG
 
そして津軽笛奏者 佐藤ぶん太、さんのコンサートも行われ、天までとどく笛の音を披露してくださいました。
 
愛知県の茜谷さんや青森県の佐藤さんは、音楽を通じ、継続して励ましと元気をいただいています。どうもありがとうございますshine
 
 
 
この日は浜風が冷たい日でしたが、ご参加いただいたたくさんの皆さま、どうもありがとうございました。
 
皆さん、良い記念になったと思いますsign01
 
 
 
防潮林の造成には長い年月がかかりますが、立派な木に成長していくことを願います。

 

-団体紹介-

「のだ千年の松」プロジェクト
東日本大震災を千年後の子供たちに伝え震災を風化させないため、村内の「だらすこ工房」、「くる美人」、そして「苫屋」の坂本氏がグループとなり、2017年の防潮堤完成に向け植樹実現を目指しスタートしたプロジェクト。これまでにも村内外各地で植樹活動を行っている。

のだ千年の松ブログ http://ameblo.jp/sennenmatu/


この記事が気になりましたらお気軽にコメントやシェアしていただければ幸いです。
野田村観光協会Facebookページはこちら

タグ:のだ千年の松

関連する記事

先週、村内涼海すずみの丘ワイナリー』で、プレミアムワイン『樽熟成』の仕込みが行われていましたsign03

20180605_IMG_4091.JPG

中はワインのいい匂~い!美味しそう・・heart04

 

2017年産の野田村産山葡萄を原料として、施設内のタンクで醸造を終えた赤ワイン

こちらを樽詰めし、そして坑道の中へ運搬、そのまま1月頃まで熟成となります。

20180605_IMG_4032.JPG

昨年の樽も使うそうですが、新樽も入りました。
フレンチオーク樽とアメリカンオーク樽。木のいい匂~い!

 
フォークリフトもありますが、これは大きくて坑道の中には入れないそうです。小さなハンドリフトと電動リフトで運ばれます。

20180605_IMG_4030.JPG

運び入れるのは、野田玉川鉱山マリンローズパーク野田玉川の坑道の中。(※この日は休館日)

20180605_IMG_4037.JPG

段差は慎重に!

20180605_IMG_4040.JPG

暑い外から中に入ると・・・うわ、さむ~い!

中はひんやりと寒いですが、坑道内は年間を通じて温度8~12℃前後・湿度80%前後。ワインの保管には最適なんです!

20180605_IMG_4047.JPG

ガラガラガラガラと、およそ400m奥の保管場所へ。

ちなみにフランス語でワイン貯蔵庫(セラー)のことを“カーヴ”というそうです。

“カーヴ”CAVEといえば『洞窟』という意味ですが、そこから来てるんでしょうか。

 

 

「せーの!」大人男性4人で台座に移します。いや~、とにかく力仕事ですねsweat01

20180605_IMG_4059.JPG

午前中から夕方までかかり、昨年度より4本増えた12本を運搬しました。

20180605_IMG_4081.JPG

施錠して完了!

 

これから約7~8カ月間寝かせて、ワインを出すのは12月から1月だそうです。

20180605_IMG_4075.JPG

/おやすみなさい\

空気を通さないステンレスタンクに対し、樽熟成の場合は木のタンニンやカカオのような香りがワインに移り、独特の風味が生まれます。

また今年は、果実をつぶさず粒のまま発酵させており、山葡萄特有の野山の香りに加え非常にベリー感の強い、フルーティな香りが閉じ込められたワインになっているんだとか。

1月頃のお披露目が楽しみですねwinehappy02

20180605_IMG_4070.JPG

昨年は3人での作業でしたが、今年は地域おこし協力隊のお二人も手伝って5人でsign01
お疲れ様でした~

 

ちなみに今年の1月にリリースされた『山葡萄ワイン 紫雫2016 Marine Rouge(樽熟成)』は、おかげ様でご好評いただき既に500本を切っているんだとか・・・。

ぜひ御中元にいかがでしょうか♪

 appli01ネットぱあぷる http://www.pa-puru.com/?pid=127024110

 

ワイナリーのテイスティングルームでもグラスワイン(500円)をお楽しみいただけます。note

 appli01涼海の丘ワイナリー テイスティングルーム 8月までの土日祝日10時~17時まで営業中

 https://www.suzuminookawinery.com/

(ハル)
 


この記事が気になりましたらお気軽にコメントやシェアしていただければ幸いです。
野田村観光協会Facebookページはこちら

タグ:涼海の丘ワイナリー

関連する記事

こんにちは!

最近田植えが始まったので、カエルの合唱がスゴイです。coldsweats02

 

さて今度の土曜日は「野田村プチよ市」です!

20180526petityoichi.jpg

ねま~るでベアレンビールとおつまみ、お買い物、おしゃべりを楽しみませんか。

今回はタコスやホットドッグのookina moriさんも新出店!
 
皆様のお越しをお待ちしてます♪

20180418_IMG_3162.JPG

-イベントデータ-

第15回 野田村プチよ市
  〔日時〕平成30年5月26日(土)午後3:00~6:00
  〔場所〕ねま~る(岩手銀行野田支店様ななめ向かい)
  〔駐車場〕野田村役場前 村民広場
  〔問合せ〕野田村商工会 TEL:0194-78-2012


この記事が気になりましたらお気軽にコメントやシェアしていただければ幸いです。
野田村観光協会Facebookページはこちら

タグ:野田村プチよ市

関連する記事

ここ数日、昼間は気温が上がるようになってきました。

暑くなってくると生ウニが食べたくなりますね~。甘くてとろける生うに、ご飯にかけて食べたい!

 

さて、さる5月21日、村内の『(株)マルサ嵯峨商店 お魚センター』さんにて七福スタンプ第19回抽選会(野田村スタンプ会主催)が開催されました!

マルサ嵯峨商店 お魚センター

駅前にある鮮魚店ですsign01

マルサ嵯峨商店 お魚センター

(株)マルサ嵯峨商店さんは普代村に本社があり、ここ野田店の「お魚センター」は開店して二十年以上経ちます。

店内には地元野田、普代、田野畑、久慈などを中心とした、新鮮な魚介類や、刺身、焼き魚、惣菜など加工食品が並びます。

冷凍のイクラやほやの塩辛、いちご煮も贈答品におすすめです。もちろんこちらで発送もOK。

マルサ嵯峨商店 お魚センター

ホタテや生うにも。贈答用にいいですね!

 

また表の東屋では、あたたかい時期(3月下旬~10月頃)の土日限定

焼き魚、豆腐田楽、ホタテ焼き、タコ飯、ホヤ飯の販売、またワカメ汁のおふるまいも行っているそうです。

マルサ嵯峨商店 お魚センター

マルサ嵯峨商店 お魚センター

汁物はおふるまい!好きなものを買って東屋のテーブルでいただけます。

 

というわけで『七福スタンプ抽選会』は、野田村スタンプ会加盟店でお買い物をするともらえる七福スタンプを集めて、500円分の満点台紙をお店で使っていただいた皆様方の中から抽選します!

(※100円分満点台紙、また無記名の満点台紙は対象外となります)

七福スタンプ抽選会

野田村スタンプ会大沢会長(左)と嵯峨商店従業員の中村さん(右)

 

今回は511枚の券の中から、厳正なる抽選の結果、

10名様に3000円分の商品券が、そして抽選会場からの特別賞が1名様に当選いたしました。

11名のラッキーなご当選者様、おめでとうございま~す!notes
 
 
 

★七福スタンプ抽選会の応募方法★

村内の加盟店でお買い物をすると100円ごとに1枚のスタンプがもらえます。
七福スタンプ500円満点台紙(※大きい方)に700点分のスタンプを貼りましたら、台紙右上にお名前・住所・電話番号を明記した上でお買い物にご利用ください。各加盟店から集められた満点台紙を抽選券として、抽選を行います。
 
野田村 七福スタンプ台紙
 
次回抽選会は7月予定。みなさまも七福スタンプを集めて・貼って・使って抽選会にご参加ください!
 
 
 
<七福スタンプについてのお問合せ>
野田村スタンプ会(野田村商工会)
TEL:0194-78-2012

-お店データ-

(株)マルサ嵯峨商店 お魚センター
  〔住所〕岩手県九戸郡野田村野田第31地割13
  〔TEL〕0194-78-3333
  〔営業時間〕9:00~18:00
  〔定休日〕月末の水曜日ほか


この記事が気になりましたらお気軽にコメントやシェアしていただければ幸いです。
野田村観光協会Facebookページはこちら

タグ:野田村商工会

関連する記事

先週金曜日、村内の『涼海の丘ワイナリー』さんで

ワイナリーサポート会員さま向けの新酒ワイン出荷作業が行われていました!

20180518_IMG_3781.JPG

ワイナリーサポート会員は、商品ご購入代金を先にお支払頂くことにより、ワイナリーの施設建設や設備資金となり、会員様へは2年間(特別会員・A会員は3年間)ワインと特産品詰め合わせがお届けされます。

 

今回出荷する荷物の中身はワインと野田村特産品の詰め合わせsign01

★野田村産山葡萄ワイン『紫雫マリンルージュ2017』の新酒

★プレミアム燻製 薪窯直煮製法 のだ塩「薫海(かおり)」

★野田村産 塩蔵わかめ

★のだ塩ラーメン

20180518_IMG_3393.JPG

20180518_IMG_3772.JPG

こちらのお部屋では野田村産の『荒海ホタテ』を詰めています!

本来なら5月上旬に出荷予定でしたが、ホタテの出荷時期が諸事情で遅れてしまい、今の時期になったそうです。sweat01

『それでもホタテが食べたい!』とお待ちくださった会員の皆さん、ありがとうございます!

 

20180518_IMG_3790.JPG
 
こちらの『のだ塩ラーメン』は野田の海水で作られた”のだ塩”を麺に練り込み手もみでコシのある生麺に仕上げられており、のだ塩工房でも製造にかかわっている社会福祉法人修倫会の障がい者就労継続支援施設『あすリード本舗』さんで製造されています。

 

道の駅のだレストランの定番人気メニューにもあるので、野田村出身の方に贈っても大変喜ばれるそうです。スープも美味しいですよね~notes

20180518_IMG_3783.JPG

この日と前日で約150個の荷物を梱包、発送。

「途中で割れませんように・・・」

野田の海の幸と、作り手の思いがたくさん込められた品々を丁寧かつキビキビと詰めていらっしゃいました。

20180518_IMG_3796.JPG

地域おこし協力隊の山口さん(写真左)、関根さん(真ん中)、ぱあぷるの佐々木さん(右)もお手伝い!

無事お客様の手に渡って、美味しく召し上がっていただければ良いですね。

涼海の丘ワイナリーさんではこれから、いよいよプレミアムワイン「紫雫 Marine Rouge 樽熟成2017」に向けての樽詰め作業も行われるそうです。

樽に入れてから8ヶ月ぐらい熟成されるのでまだまだ先ですが、樽ワインも楽しみですね!

 

wine土日のみですがワイナリーではテイスティングルームも営業中です。ぜひ遊びに来てくださいね。happy01

 

-施設データ-

涼海の丘ワイナリー テイスティングルーム
  〔住所〕〒028-8202 岩手県九戸郡野田村大字玉川5-104-117(マリンローズパーク野田玉川隣接)
  〔TEL〕0194-75-3980
  〔営業日時〕4月末~8月末までの土・日・祝日のみ営業 午前10:00~午後5:00
  〔定休日〕月~金曜(平日は休み)
  〔ウェブサイト〕https://www.suzuminookawinery.com/

※ワイナリーにてワインも販売しております。平日にワインを購入したいお客様は二階事務所スタッフにお申し付けください。

 


この記事が気になりましたらお気軽にコメントやシェアしていただければ幸いです。
野田村観光協会Facebookページはこちら

タグ:涼海の丘ワイナリー

関連する記事

その昔、牛の背に野田村産の塩を乗せて運んだ「野田塩ベコの道」。牛や牛方たちが、何百年にも渡って踏み固めてきたソルト・ロード(塩の道)。
 
この先人が築いた足跡の一部である村内コース、アジアの広場~和佐羅比山わさらびやま頂を走って往復するトレイルラン大会「第1回のだ塩の道トレイル20Kが、今度の日曜日、5月20日(日)に村内で開催されます!
 
 
searchトレイルランニング(トレイルラン)とは!
“トレイル”とは登山道や林道などを意味し、舗装路以外、主に山などの自然の中を走るアウトドアスポーツをさします。山岳マラソンとも。
 
和佐羅比山まで走るなんて、す、す、すごいですね~~。coldsweats02
 
IMG_8350.jpg
 
△昨年のプレ大会の様子。今回は約50名の方々が出場されるそうです
 
 
そこでゴール地点となる「アジアの広場」では、地元のお母さんたちが出店し、
豆腐田楽など郷土料理を味わえる『いっぷく日形井』を開催するそうです。happy01
 
みなさんも、新緑のアジアの広場でいっぷくしながら大会出場選手を出迎えましょう!!
 
野田村民の方々も参加されるそうなので、選手の中にはお知り合いも出場するかもしれませんよ~。
 
 
 
 
なお大会は9時スタート、11時前から1時の間にゴールの予定だそうです。
 
郷土料理等はなくなり次第終了となりますので早めにどうぞ。

また、大会のため周辺駐車場は関係者でいっぱいになりそうなので、
恐れ入りますが専用シャトルバス(役場前=会場)をご利用くださいますようお願いいたします。

選手の皆さん、がんばれ~!(○^o^○)

 

<シャトルバス>

役場前 ⇒ ⇒ ⇒ アジアの広場
10:15発 ⇒ ⇒ ⇒ 10:35着 
11:30発 ⇒ ⇒ ⇒ 11:50着 
 
アジアの広場 ⇒ ⇒ ⇒ 役場前
13:00発 ⇒ ⇒ ⇒ 13:20着
14:00発 ⇒ ⇒ ⇒ 14:20着
15:00発 ⇒ ⇒ ⇒ 15:20着

-大会データ-

第1回のだ塩の道トレイル20K
  〔日時〕平成30年5月20日 午前11時~午後3時
  〔場所〕アジアの広場
  〔主催〕特定非営利活動法人ランフィールドジャパン
  〔問合せ〕野田村役場 産業振興課 0194-78-2926

※大会募集は既に締め切っています


この記事が気になりましたらお気軽にコメントやシェアしていただければ幸いです。
野田村観光協会Facebookページはこちら

関連する記事

今日は野田村の16日市!すごく気温が上がりそうです~。

 

さて久しぶりのランチ取材happy02

以前、「うまい料理写真を撮るコツは、空腹で行くこと」と教わりましたが、それで行けば良いコンディションのはず!

 

20180515_IMG_3653.JPG

街なかの洋食屋さん『洋食・旬彩料理 みなみ』さんは、愛宕神社の大鳥居の近く。

20180515_IMG_3661.JPG

みなみさんのお店は二階にあります。

20180515_IMG_3693.JPG

テーブル席、カウンター席のほか、お座敷(個室)も。

 

ランチタイムには、毎日2種の日替わりランチ、また固定メニューからもお選びいただけます♪

固定メニューの方では例えばナポリタン(¥650)

20180515_IMG_3695.JPG
 
ウィンナーに加えぷりっとした美味しい海老も入った、こってり・濃厚なナポリタン。
 
この良い匂いを写真でお伝えすることができないのが残念です~。
 
 

オムライス(¥650)

20180515_IMG_3730.JPG

「今日は気分は洋食heart02」という時に食べたいのがオムライスです。

家で作るものとは似て非なる(待った、似てもいなかったです...)洋食屋のオムライス。

ふんわりやわらかい卵に包まれた、味のしっかりついたリゾットっぽいチキンライスが美味しい。ボリュームも満点!

 

カツカレー(¥900)

20180515_IMG_3714.JPG

ちょっと疲れてるときにガッツリ食べて元気をもらいたいのがこのカツカレー!

揚げたてカツに、ピリッと辛さがちょうどよい、まろやかで深みのある美味しいカレーです。

 

ハンバーグ定食(¥900)

20180515_IMG_3701.JPG
 
半熟の目玉焼きとデミソースが破壊的な攻撃力(笑)のハンバーグ。。
もちろん見た目だけでなく味も胃をがっちり掴まれます。
 
 
ちなみに運ばれてきたとき、卵の黄身がフルフル揺れます。

20180515_IMG_3748.JPG

プスッ....

20180515_IMG_3752.JPG

/キャ~heart04\    /キャ~shine\ ←まわりの声

 

というわけで今回は『洋食・旬彩料理 みなみ』さんのランチメニューをご紹介しました。

ごちそうさまでしたsign01

20180515_IMG_3700.JPG

 

-お店データ-

洋食・旬彩料理 みなみ
  〔住所〕〒028-8201 岩手県九戸郡野田村大字野田26-15-2 (小林魚店2階)
  〔TEL〕0194-78-2255
  〔営業時間〕午前11:30~午後2:00/午後5:30~
  〔定休日〕不定休
  〔ブログ〕http://d.hatena.ne.jp/minami2007noda/

※日替りランチメニューはブログからもご覧いただけます。
 


この記事が気になりましたらお気軽にコメントやシェアしていただければ幸いです。
野田村観光協会Facebookページはこちら

タグ:ランチ, 洋食・旬彩料理みなみ

関連する記事

5月13日日曜日、ビールまつり「ベアレン×野田村スプリングフェスト2018」が村内で開催されました!

IMG_3588.JPG

今年、「世界に伝えたい日本のクラフトビール」でなんと日本一を受賞された、岩手県盛岡市にあるブルワリー『ベアレンビール醸造所』 さが主催。野田村では6年目の開催です!

今回はベアレンさんと野田村の連携協定締結を記念してパワーアップ開催up

気温は高くはならなかったもののなんとか雨は降らずに済み、今年も大盛況のうちに終了となりました~~。

 

20180513_IMG_3500.JPG

受付行列!盛岡からのバスツアーに加え、
三陸鉄道が到着するとたくさんの方々が商店街を歩いてきてびっくりcoldsweats02

20180513_IMG_3504.JPG

セルフのビールコーナーにはたっくさんの樽ビールが!!

20180513_IMG_3541.JPG

20180513_IMG_3572.JPG

ベアレン醸造所さんではヨーロッパの伝統的なビールスタイルを尊重して、手造りの本格ビールを造っています。

この日は定番から季節限定など様々な樽生ビールが楽しめました。

20180513_IMG_3505.JPG

本日はベアレンビール最大5時間飲み放題!
あれもこれも飲みたい!いそいそビールを注いでいきます
notes

20180513_IMG_1.jpg

今回は前売チケットに、野田村と株式会社ベアレン醸造所の「地域の未来創造と産業振興に関する連携協定」締結記念としてイベントジョッキが付きました!

20180513_IMG_3561.JPG

もちろん小田村長も参加!

20180513_IMG_3563.JPG

ベアレン醸造所の木村社長によるご挨拶をいただき、かんぱ~い!!

20180513_IMG_3567.JPG

乾杯!今日は飲むぞ~sign03

20180513_IMG_3533.JPG

会場はとっても賑やか!
肌寒いけど、皆さんいっぱいビール飲んでますね~。happy02

20180513_IMG_3620.JPG

地元の人もかんぱい♪

20180513_IMG_3617.JPG

関東から帰って(?)きてくれた人も乾杯shine

20180513_IMG_3528.JPG

こちらには「心はいつものだ村民」登録コーナーも(詳しくはこちら
登録いただいた皆さんありがとうございます!

20180513_IMG_3551.JPG

フードコーナーは美味しいおつまみがたくさん!

20180513_IMG_3537.JPG

20180513_IMG_3543.JPG

20180513_IMG_3545.JPG

荒海ホタテや牡蠣、のだ塩フランクフルター、ピザ、カレー、チキン、串焼きや焼きそば、豚汁にモツ煮におでんに田楽、お汁粉・プリン・チョコバナナetc・・・

 

20180513_IMG_IMG_3509.JPG

エアートランポリンは無料も手伝ってお子さんに大人気。
受付のボランティアさんがなかなか大変そうでした(笑)

20180513_IMG_3610.JPG

商工会女性部のブースのかき氷やわたあめ・スーパーボールすくいも大人気。お疲れ様でした!

20180513_IMG_3581.JPG

今回は役場前広場の芝生広場が特設会場となり、テーブルや椅子、芝生の上でのんびりとビールを満喫する方々もみられました。notes

来年もぜひ、ビールまつりの楽しさと美味しさを味わいにおいでください。

 

というわけでご来場いただいた皆さん、ありがとうございました!
 
そしてベアレン醸造所さん、ありがとうございました!

 

 
ベアレン醸造所ウェブサイト http://www.baerenbier.com/
ウェブショップ本店 http://baeren.jp/
ベアレンニュース http://baeren.seesaa.net/
 
 

この記事が気になりましたらお気軽にコメントやシェアしていただければ幸いです。
野田村観光協会Facebookページはこちら

タグ:ベアレンビアフェスタ

関連する記事

突然ですが、皆さんは『たい焼き』は尻尾から食べる派ですか、それとも頭から食べる派ですか?

 

道の駅の「産直ぱあぷる」さんに、お馴染みのお団子たちの並びに

たい焼きならぬ『のん焼き』が並んでいました!!

20180511_IMG_8956.jpg

かっ、かわい~~~lovely

鮭をまるごと焼くと「ちゃんちゃん焼き」・・・

のんちゃんをまるごと焼いたら、「のん焼き」!(笑)

 

 

生産者の方にお尋ねしましたら、なんと自前でオリジナルの型を製作されたそうです!

野田村 のん焼き

緑茶と撮ってみる。愛らしい。

野田村 のん焼き

並べて撮ってみる。反対側はホタテを持ってます。

 

中身は甘さ控えめのつぶあん!

さ~て頭か尻尾か、どっちから食べようかな・・・♪

(実は食べた時すごくびっくりしました。そのわけはヒミツhappy02 とっても美味しかったです!)

 
 
のん焼きはお一つ150円。生産者さんは農作業もしながらなので毎日は作れないそうなんですが、冷凍コーナーにも冷凍したのん焼きがあります。
 
道の駅のだ「産直ぱあぷる」で探してみてくださいね!
 
 
 

-お店データ-

産直ぱあぷる(道の駅のだ)
  〔住所〕岩手県九戸郡野田村大字野田第31-31-1
  〔TEL〕0194-71-1700(FAX兼用)
  〔営業時間〕8:30~18:00(12月~2月は~17:30)
  〔定休日〕年末年始




この記事が気になりましたらお気軽にコメントやシェアしていただければ幸いです。
野田村観光協会Facebookページはこちら

タグ:産直, 道の駅のだ

関連する記事

このページの上部へ

検索

プロフィール

岩手県九戸郡野田村(沿岸北部・三陸・三陸復興国立公園/陸中海岸国立公園・国道45号)の観光・物産・食、村の“ほっ”とな話題などをご紹介するブログです。

以前の記事