こんにちは!

先日、村内・南浜地区コミュニティセンターで行われたサロンにお邪魔してきました!

 

実は今回のサロン、ちょっと変わったことをするみたいです。flair

2017071811_IMG_5779.JPG

こちらが(株)のだむらさんで販売している野田村の山葡萄をつぶした

「山ぶどうピューレ」。甘味があるのと酸味が強い2種類。

 

そしてその後ろに家にもあるおなじみの調味料がた~っくさん並んでいます!

 

 

そう!この地元産の「山ぶどうピューレ」とお好きな調味料を組み合わせて

新しいドレッシング・ソースを開発してみましょう!!というわけです

2017071811_IMG_5813.JPG

皆さまよろしくお願いします
(↑株式会社のだむらの佐々木さん)

 

2017071811_IMG_5774.JPG

皆さん、とりあえずごま油、酢、マヨネーズ、しょうゆなど手に取りました

無難なドレッシングの材料をセレクトされるところさすが料理のプロ
 
 
 
どれをどれぐらい入れたかレシピも控えます

2017071811_IMG_5788.JPG

「もうちょっと甘味が欲しいわね」

2017071811_IMG_5775.JPG

調味料の中には産直で売っている、にぼしの粉末、乾燥ほうれん草の粉末、天然こんぶの粉末も。

2017071811_IMG_5795.JPG

「すごい、こんぶの粉末を入れたらのりの佃煮みたいになった~!」

「ほうれん草の粉末、ちょっと入れるだけですごく緑色がきれい!」

何種類作ってもよいので、色々チャレンジ。

 

その頃キッチンでは食協さんがソースを掛ける食材を準備!

2017071811_IMG_5781.JPG

ジュワ~。カブの炒めもの美味しそう。

2017071811_IMG_5794.JPG

そして野田村産のホタテです!!

 

早速みなさん、作っていただいたホットサラダとホタテでソースを実食!

2017071811_IMG_5796.JPG

「うん、美味しい」「野菜が甘い」「美味しいわ」

2017071811_IMG_5800.JPG

「合いますね」「うん、ありじゃないの」「これは生ぐさいかな」

私もお言葉に甘えて味見させていただきましたが、いろんな味わいがあって美味しかったです(*^-^)

 

そしてできあがったドレッシング・ソース8品を審査員の皆さんが味見します!

2017071811_IMG_5811.JPG

「うん?」「ふむふむ」「う~ん」

2017071811_IMG_5805.JPG

 
1位に輝いたのは、山ぶどうピューレにプラス
薄口醤油、みりん、酒こんぶ粉末ゴマ油少々をまぜたサラダドレッシングでした!
 
ほかにも薄口醤油とマヨネーズ少々を混ぜたカルパッチョ向けソースや、
りんご酢とハチミツを混ぜたドレッシングも高評価でしたよ。
 
 
 
 
今回のサロンは、(株)のだむらさん、地域包括支援センターさん、村食生活改善推進員協議会さん、村社会福祉協議会さんの共同実施でした。
 
地域の皆さんも「こんなにいろいろ試したことがなかった。楽しかった」と地元の物産を使用した商品開発を楽しみました。もしかして新しい商品に繋がるかもしれませんね♪
 
 

IMG_0509.JPG

info01今回使った
「山ぶどうピューレ」650円(税込)
山ぶどうの果皮・果肉をまるごとすり潰して2度煮んだ濃厚な味わいのやまぶどうピューレ。無添加・無加糖 自然の恵み100%。いつもの味に"ちょい足し"で、一味違う上品な味わいにしてくれます。用途に合わせた3種類〔酸味〕(ステーキソースなどに)・〔甘味〕(ヨーグルトやデザートソースに)・〔香り〕(サラダドレッシングなどに)

お買い求めは道の駅のだ内・観光物産館ぱあぷるにて。http://pa-puru.com/
 
 

この記事が気になりましたらお気軽にコメントやシェアしていただければ幸いです。
野田村観光協会Facebookページはこちら

関連する記事

梅雨は一体どこへやら。とても暑い日が続いています。

 

そんな中、福島県浅川町から浅川中学校1年生の皆さんが教育旅行にきてくださいました!happy01

役場・漁協をはじめ、たくさんのスタッフでおもてなししていました~notes

2017071410_IMG_5741.JPG

御一行は野田漁港へ!

 

港では漁船「浜山丸」2艘がおでむかえ!

IMG_5580.JPG

3班に分かれて野田湾をクルージングです!!ワクワク♪

2017071410_IMG_5587.JPG

いってきま~~す

2017071410_IMG_5592.JPG

わ~~、すごーい 海だ波だ船だ~~

どんどん沖に進む~~

2017071410_IMG_5634.JPG

もう一艘もいっしょにまわります。

2017071410_IMG_5645.JPG

 

お次はホタテの蓄養施設見学です。

野田村の外洋で美味しく育つ「荒海ホタテ」の育て方など教わりました。

2017071410_IMG_5698.JPG

 

蓄養施設では、外海で獲れたホタテをつめた~くて綺麗な海水で一時的に保管しています。

最初は水に手を入れるのもためらいがちだった子達も、すぐに・・・

2017071411_IMG_5717.JPG

「つめたい!」「はさまれた!」とじゃんじゃん触ります。楽しそう。

2017071410_IMG_5727.JPG

次は野田恒例ホタテつり!なかなか思うように釣れず苦戦する皆さん。

「やったーきた~!」

2017071410_IMG_5679.JPG

釣ったホタテは、漁師さんや漁協の皆さんが焼いてくれます。

2017071410_IMG_5755.JPG

グツグツ... ふっくらしてとっても美味しそう!

2017071410_IMG_5690.JPG

お味はいかがですか?

「美味しいです!」

2017071411_IMG_5752.JPG

美味しそう~~

2017071410_IMG_5693.JPG

お友達と一緒の旅、きっと素敵な思い出になったでしょうね。

 

野田村と浅川中学校さんは平成21年から交流が続いているそうです。

はるばる野田村まで来てくれてありがとうございました!よい旅をhappy02


この記事が気になりましたらお気軽にコメントやシェアしていただければ幸いです。
野田村観光協会Facebookページはこちら

関連する記事

こんにちは!

今日は暑くて暑くて、風通しが良く涼しい商工会もついに扇風機を出しました(x_x;)

 

最近は土用の丑の日のチラシがあちこちに出ていますね~。

ウナギでもいい、ウニでもいい、食べたいな・・・

 

 

先週の金曜日、野田でも今年初めてのウニの口開け(ウニ漁解禁)となりました♪

2017070711_IMG_5491.JPG

 

野田漁港はすごい車~!

2017070711_IMG_5489.JPG

ウニを獲ったり、殻を剥く作業する方々がたくさん集まっています!!

2017070711_IMG_5486.JPG

うわぁ、集まってる集まってる。。

 

漁の方は7時半頃始まったそうで、お邪魔した時は既に船が引きあげられていました。

2017070711_IMG_5457.JPG

ウニは漁業権があるならいつでも獲ってよしというわけではありません。

ウニ・アワビ・海藻などを決めた日時に取れる「口開け」という日があって、それ以外の日は採ることができません。

口開けの日にちは毎年決まっているものではなく、海の状態など見ながら前日に漁協から知らされます。
 
 
 

わ~、ウニがどっさり!

2017070711_IMG_5464.JPG

 

市場ではたくさんの方が殻剥きに精を出しています。何人ぐらいらっしゃるんでしょう・・

2017070711_IMG_5483.JPG

作業は家族や親戚、人を頼んで行われます。

剥く人、身を取り出す人、ピンセットできれいにする人とローテーション。

2017070711_IMG_5458.JPG

2017070711_IMG_5481.JPG

以前、殻付きウニをたくさん買ってきて家で剥いたことがありましたが、このきれいにする作業がとっても大変でしたwobbly

2017070711_IMG_5474.JPG

手ぬぐいで作ったという日よけ帽子をかぶっている方もいました。素敵!

2017070711_IMG_5473.JPG

こうやって殻から出して綺麗になったウニが店頭に並ぶんですね。

 

地元の魚屋さんでも並んでいますが、レストランや食堂ではウニ丼が出始めていますnotes

2017070711_IMG_5515.JPG

道の駅のだの「レストランぱあぷる」さんでは生ウニ定食が出ていました!

毎年恒例になってきた「北三陸ウニ街道祭り」(久慈広域観光協議会主催)というスタンプラリーも開催中です。

 

 

あれ?スタンプラリーのおすすめメニューは生ウニ定食じゃないんですね。

「生ウニはいつも食べれるものじゃないからね、海が時化で出せないときもあるし、出せる期間も短いから。ぱあぷるラーメンだと蒸しウニだしいつでも出せるからね」

2017070711_IMG_5517.JPG

なるほど、せっかく来たのに生ウニ丼がなくてスタンプをもらえないということがないように、通年で召し上がれるメニューもあるんですね。

みなさん、磯の風味香る「ぱあぷるラーメン」美味しいですよ~!

 

 

ちなみに生ウニ定食は2500円

うひゃ~、良いお値段。でも土日などはやっぱり出るんだそうです!さすが!

2017070711_IMG_5516.JPG

新鮮なウニは口の中でとろけて磯の風味が広がり、まろやかで深いコクでご飯との相性が・・・まるで海の高級たまごかけごはんやー!( ̄ロ ̄三 ̄ロ ̄)

2017070711_IMG_8313.JPG

 

スタンプラリー『北三陸ウニ街道祭り』は、
北三陸エリア(洋野町・久慈市・野田村・普代村・田野畑村)の28店舗・各参加店舗において500円以上のウニ食材を使用したメニューご注文でスタンプを進呈します!

2店舗以上のスタンプで応募でき、スタンプの個数に応じて抽選で、食事券や特産品詰め合わせセットなどが当たります!

野田村の参加店はレストランぱあぷる、国民宿舎えぼし荘、新なぎさ食堂(宇部町)となっております。

開催期間は7月1日(土)~9月30日(土)。スタンプラリー台紙は参加店舗にあります。

info01詳細はこちら(久慈広域観光協議会)

 

2017070711_IMG_5476.JPG
 

ウニは例年8月中旬まで!!とろ~り美味しいウニ、食べに来てね~!
 


この記事が気になりましたらお気軽にコメントやシェアしていただければ幸いです。
野田村観光協会Facebookページはこちら

タグ:レストランぱあぷる, 道の駅のだ, 浜の話題

関連する記事

さ~さ~のは~ さーらさらー♪

今日は七夕ですね!

IMG_5376.JPG

道の駅にも七夕飾りが。短冊にはいろんな願い事が書かれています~

 

七夕と言えば涼しげなデザートが恋しくなりますね・・・。

まるきんさんへ行ってみましょう!ε===(ノ^-^)ノ

 

 

野田村内まち中、電柱のハンギングバスケットがきれいです。村商工会女性部さんで設置してくださいました。

IMG_5451.JPG

 

大きな鳥居の次の角を曲がれば、お菓子屋さん「まるきん」さんです♪

IMG_5444.JPG

IMG_5446.JPG

ソフトクリームもやっていらっしゃいます...catface

そういえばこのあいだ家族が「昔は近藤さん(自動車屋さん)でもソフトクリームをやっていた」と言っていました。えっ、そうなの。

 

IMG_5448.JPG

涼しげラインナップ発見!!(*'∀'人)

んんん?「わらび餅 野田産 山ぶどう」ですって!
 
 
 
おじゃまいたしましてショーケースを拝見しますと、あるある~lovely
 
IMG_5404.JPG
 
「水無月(みなづき)」もあります。京都では、1年の折り返しにあたる6月30日にこの「水無月」を食べて、残り半年間の無病息災を祈るのだそうです。今年は旧暦のうるう年の関係で旧暦6月30日が盆明けなので、7月中ぐらいかな、とおっしゃっていました。
 
 
 
というわけでわらび餅をショーケースから出していただきましたhappy02
 
こちらが山ぶどうのわらび餅!(1つ税抜180円)
 
IMG_5424.JPG
 
モチモチ・ぷるんとした食感の「わらび餅」。その涼しげな佇まいにも夏を感じる逸品です。
 
 
 

持ち上げると・・プルプル!

IMG_5440.JPG

んん~~、ひゃっこくて、弾力のあるプルン感がたまりませんheart02

野田村産山ぶどうピューレを丁寧に裏ごししてわらび餅に練り込み、冷蔵庫で冷やし固めているんだそうです。

酸っぱさはなく、さわやかな甘み。香料も使用していませんので、山ぶどうらしい風味が楽しめます。

 

 

IMG_5417.JPG

箱につめるとこんな感じ。販売は8月いっぱいぐらいになる予定だそう。

 

ほかには黒蜜きなこ付きのわらび餅(税抜160円)、ミルク付きコーヒーわらび餅(税抜180円)、柚子わらび餅(税抜180円)があります!

わらび餅は冷凍販売なんですが、これは半解凍というか、すっかり解けきらないぐらいのキーンと冷たいところを食べるのがおすすめです!!

 

 

IMG_54072.JPG

季節の上生菓子(一つ税抜220円)も一つ一つ手作り。

夏の花やホタルなど、とても涼しげでときめきますね。これも美味しいんですよ~~。

 

 

今夜の天気予報は晴れ。

七夕に夏限定わらび餅、いかがですか?

夏の手土産にもオススメです!

 

-お店データ-

まるきん 大沢菓子店
  〔住所〕〒028-8201 岩手県九戸郡野田村大字野田20-25-5
  〔TEL〕0194-78-2538
  〔営業時間〕午前9:00~午後7:00 (土曜日は夜6時まで)
  〔定休日〕第一、第三火曜日

※店内の価格表示は税抜き価格となっておりますので、ご了承ください。
 


この記事が気になりましたらお気軽にコメントやシェアしていただければ幸いです。
野田村観光協会Facebookページはこちら

タグ:まるきん

関連する記事

海沿いにできた第3線堤である盛り土に沿って作られた十府ヶ浦とふがうら公園

北から南までおよそ2.2km、面積は約19ヘクタール。

 

まだできたてで「そもそも歩いちゃっていいの?」感もあるので

今回はその道のりを歩いてみる第一弾です!

 

まず南側の端「海浜活動広場ゾーン」なんですが、芝生の養生の関係か分かりませんがまだ立ち入りできないらしく、バリケードがあります。

IMG_5400.JPG

というわけで三陸鉄道北リアス線の十府ヶ浦海岸駅からスタート。

IMG_5390.JPG

ちなみに十府ヶ浦海岸駅前の国道45号迂回路道路はさんで向かいにある公園に、
野田村唯一の震災遺構「米田歩道橋」(米田歩道橋の一部)が設置されていました。

2017070714_IMG_5497.JPG

国道45号の歩道橋の無残な姿。津波の威力を物語っています。

 

出来たばかりで完成してるのか分かりませんが、立ち入りはできるようですね。

早速立ち寄り写真を撮影されている方もいらっしゃいました。

2017070714_IMG_5504.JPG

 

看板には震災遺構の説明と、公園全体図が載っています。

2017070714_IMG_5502.JPG

 

看板はトイレのわきにも。

2017070714_IMG_5493.JPG

こちらでは都市公園の全体図のほか、役割(津波から野田村を守る仕組み)や地域の学校の取組を紹介していました。

2017070714_IMG_5495.JPG

ガイドにも使えるかな!

 

というわけで十府ヶ浦海岸駅を降り、三陸鉄道ガード下を通りぬけると右手に十府ヶ浦公園遊歩道への入り口がございます。

IMG_5173.JPG

IMG_5175.JPG

草っ。

「これぐらいあっこさんならさっさと行くだろうな...」と進みます。

 

いきなり上り坂です。ゆっくり行きましょう!

IMG_5176.JPG

 

あっ、こんなところにもハマヒルガオがぽつぽつと咲いていますよ~

IMG_5177.JPG

 

まぁshineこの時期海岸の高台に咲く花です。ニッコウキスゲでしたっけか、可憐ですね。

IMG_5159.JPG

 

少し行くと展望スペース発見!

(ベンチらしきものがまた包まれていますが)

IMG_5182.JPG

そこから下っていくと三叉路に。

右に行くと国道迂回路に出てしまいますから、まっすぐ行きますね。

IMG_5187.JPG

再びのぼり。

IMG_5189.JPG

ふぅ、ふぅ。

あ、なんか見えてきました。

IMG_5190.JPG

うわ~~~sign01これはいい眺め~~~~。w(*゚ロ゚*)w

IMG_5151.JPG

さっきのところよりいい眺め!

 

あ、先客のお父さんがいらっしゃいましたsweat01

良い眺めですね~。

IMG_5191.JPG

「(階段)疲れたべ。俺のようなのはもう無理だ」

や~、ちょっとキツかったです。お父さんはこの辺に住んでるんですか?

「そうだね、ここは最近できたから散歩に来るよ。朝4時頃は朝日が綺麗に見えるし」

おお、朝日!それはきれいでしょうね。

 

「津波が国道を超えるなんて思わなかったもんな」と語るお父さん。そう、国道をはるか見下ろすこの山も津浪が届いたのです。津波の威力はすさまじいですね・・・。工事のことや、流された家の事をお聞きしてお別れしました。

IMG_5152.JPG

上から見ると水門付近で国道が切れているのがよく見えます。まだまだかかりそうですね。

 

米田高台団地を過ぎると下り道。ふたたび広い展望台が見えてきました。

IMG_5194.JPG

IMG_5147.JPG

ヤッタ~、ほたてんぼうだいに到着です!

十府ヶ浦海岸駅から徒歩15分程度でした。早い人なら10分ぐらいで来れそうです。

IMG_5201.JPG

こちらの展望台には、昭和大津波の津波記念碑が建っています。

 

 

↓ホタテの形の屋根の「ほたてんぼうだい」

IMG_5377.JPG

トイレは建物右側よりお入りくださいネ。

 

 

IMG_5386.JPG

 

というわけで、十府ヶ浦海岸駅から往復・休憩コミ40分程度かなと思います★

国道よりは遠回りにはなりますが、みちのく潮風トレイルのルートに混ぜ込みたいコースですね!

 

 

階段は多いですが、高い所だけあって素晴らしい眺めです。( ^∀^ )

機会がありましたら行ってみてくださいね~♪

 

 

danger公園内でバリケードやロープのある場所への立ち入りはご遠慮くださいませ。

 

-データ-

十府ヶ浦公園
都市公園事業(津波防災緑地)(久慈都市計画公園 5・5・1号十府ヶ浦公園)

津波災害に強い地域づくりを推進するため、津波被害を軽減する機能を有する都市公園(津波防災緑地)。区域の面積は19.3haで、6つのエリアがある。平成29年度夏頃までの工事完了を目指す。
⇒野田村のホームページから情報を見る

城内地区津波復興土地区画整理事業
⇒野田村のホームページから情報を見る


 


この記事が気になりましたらお気軽にコメントやシェアしていただければ幸いです。
野田村観光協会Facebookページはこちら


タグ:十府ヶ浦公園, 都市公園

関連する記事

えぼしのヤギ社長

先日テレビを見ていたら、どこかの県の鉄道駅にいる猫駅長ちゃんが出演していて癒されました。カワイイなぁ~heart04

.....

そうだ!flair

野田にはヤギ社長がいるじゃな~い!!

昨年にもご紹介しましたが、国民宿舎えぼし荘さんにはマリンローズというヤギがいます!!

 

 

野田村の玉川は国民宿舎えぼし荘の敷地にある「のだ塩工房」!ここでは野田港の海水を煮て塩を焚いています!

この奥に行きますと・・・・

IMG_5282.JPG

海が見渡せる小さな丘「えぼし園」に、ヤギのマリンとローズがいるはずです!!

 

いるかな。いるかな。

IMG_5308.JPG

↑あっ、いました!!

 

私を発見すると「メヘヘヘェ~~~~」と鳴きながら寄ってきてくれました。

IMG_5287.JPG

スタスタスタ

IMG_5288.JPG

スタスタスタ

IMG_5291.JPG

ズボ!

 

うわぁ。

どうも餌が貰えると思っているみたい。草をあげてみました。

IMG_5302.JPG

パクッ!

IMG_5297.JPG

人懐っこい・・。癒される・・・。

 

普段はえぼし荘の男性職員さんたちがお世話なさっているそうですよ。

レストランにお食事にいらした際や、日帰り入浴においでいただいた時など
ぜひマリンとローズにも会いに行ってみてくださいね。

とってもかわいいですheart01

 

IMG_5306.JPG

あっ、ちゃんと辞令書が(笑)

えぼし園 代表取締ヤギ 社長&専務

 

そうだ!!!

マリンとローズと言えば、

野田村産山葡萄ワイン「紫雫マリンルージュ」

おかげ様でだいぶ品薄だそうです!!

IMG_5364.JPG

本当に品薄のため、今回の観光物産館お中元セットがラストチャンス!(かもしれない)

春の新酒から数カ月たち、味もさらに落ち着いてきた頃かと思います。

お中元セットは数量限定販売となりますので、お求めの方はお急ぎくださいね~!

↓ ↓ ↓

 
★観光物産館ぱあぷる(道の駅のだ)TEL:0194-78-4171

★通販は ネットぱあぷる searchhttp://pa-puru.com/


IMG_5339.JPG

「涼海の丘ワイナリー」テイスティングルーム、
8月31日までの土日祝日10時~17時まで営業中♪

限定ランチBOX、グラスワイン、コーヒー、ジュースなど召し上がれますwine

屋根付きデッキテラスがめっちゃくつろげます。こちらもぜひお立ち寄りください!

詳しくは search涼海の丘ワイナリーウェブサイトへ!

 


この記事が気になりましたらお気軽にコメントやシェアしていただければ幸いです。
野田村観光協会Facebookページはこちら

タグ:国民宿舎えぼし荘, 道の駅のだ, 涼海の丘ワイナリー

関連する記事

このあいだアジアに行ってきました!

IMG_5002.JPG

IMG_4847.jpg


IMG_5080.JPG

IMG_4831.jpg

IMG_4834.jpg

IMG_5052.JPG

どうですか、このアジアン★な雰囲気。

 

アジアはアジアでも、ここは野田村の道の駅のだから車で15分ほどの所にあるアジア民族造形館』

実際に人が住んでいた築200年の南部曲り家を改装して資料館にしたところです。

なんで野田にアジアの資料館があるんだという疑問は前記事をご覧ください。

 
IMG_5062.JPG
 
「ここ、ニンジャやしき?」
あ~、そういうレジャー施設ではない。
 
 
 
 
まず受付もある第一展示場にはアジア各国の衣装があり、無料で試着することが出来ます。
 
IMG_4801.jpg
 

IMG_5050.JPG

予想以上の食いつきで、なんと5着ぐらい試着していました。
 
気にいったのはやはり韓国の『チマ・チョゴリ』。

IMG_5035.JPG

確かにこのフンワリした真赤なスカート(チマ)はドレスみたい。さらに軽い・着やすいと素晴らしい民族衣装です。

実はコスプレだけで30分ぐらい経過してしまいました。
なお他のお客様がいなかったので貸切状態です。
 
 
 
第2展示場へ。
鳥居のようなものはタイ・アカ族の「ロッコーン」という門。日本の鳥居のルーツだそうです。

IMG_5066.JPG

 
娘が囲炉裏を見て「これなぁに?なにするもの?」と聞いてきます。
 
IMG_5057.JPG
 
そうか、日本まんが昔ばなしも見てないもんね。
 
 
そしてこちらは手がいっぱいある神様や、シヴァ神がいます。顔が怒っていて怖いと言ってましたが、「〇〇〇〇!〇〇〇〇!」と喜んでいました。自主規制します。

IMG_4838.jpg

IMG_5075.JPG

キャラクター折り紙は好評

 
屋外にもいろいろあります。
これは韓国の村の守り神「チャンスン」。木がさかさまになって、根っこが頭のようです。

IMG_5095.JPG

 
タイ・カレン族の高床式住居。

IMG_5085.JPG

雨の多い地域で穀物などを湿気から守るための家屋だそうです。
日本の弥生時代の高床式住居のルーツとされてるんだとか。
 
IMG_4814.jpg
 
中には、野田村の陶工・泉田之也さんの作品が展示されています。作品を見て「うっすい!」と驚いていましたが、親は触って落とさないかハラハラ...。
 
 
 
最後の南部曲り家へ。
こちらは展示物はありませんが、家だった当時の姿に近い状態にみえます。
 
IMG_5097.JPG
 
床の板はゆがみ、きしみ、柱は斜めになり隙間もあります。
住むとなれば快適とは言えないでしょうが、築200年の重厚さ。今となってはとても貴重な家ですね。
 
まさにタイムスリップしたかのような雰囲気でドキドキします!

IMG_5099.JPG

 

「の」と書かれた建物は、泉田之也さんの穴窯があるのだ窯の施設です。

ここは泉田さんが使用されていらっしゃるときだけ開いているのですが、今日はちょうど体験の受入れがあったということで泉田さんもいらっしゃいました。

IMG_5108.JPG

事前のご予約が必要ですが、ろくろや手びねりの陶芸体験を楽しむことが出来ます。

 

 

というわけで一通り巡って1時間ほどでした。子どもたちは目にするものみんな珍しかったようで、意外と(?)楽しんでいました。女の子ということで、コスプレの掴みも良かったのかもしれませんね。

IMG_48501.jpg

もう少し時間のある方は歩いて数分のところにある「アジアの広場」で遊んだり、
南部曲り家民宿の「苫屋」さんでケーキセットを召し上がるコースもおススメですよ!

 

のんびり散策にも良い季節ですので、ぜひ遊びに行ってみてくださいね。

IMG_4865.jpg

 

 

-施設データ-

アジア民族造形館
  〔住所〕〒028-8201 岩手県九戸郡野田村大字野田6-75
  〔TEL〕0194-78-3252
  〔営業時間〕午前9:00~午後5:00
  〔定休日〕毎週月曜日(祝祭日の場合は翌日休館)【冬季休館12/31~3/31】
  〔入館料〕大人300円/高・大学生200円/小・中学生100円(団体割引あり)

 

<陶芸体験についてのお問合せ>

のだ窯ギャラリーIZUMITA TEL:0194-78-3403
のだ窯 TEL:0194-78-4341


この記事が気になりましたらお気軽にコメントやシェアしていただければ幸いです。
野田村観光協会Facebookページはこちら




関連記事


続きを読む

タグ:アジア民族造形館, 泉田之也氏

関連する記事

先週土曜日、6月の野田村プチよ市が賑やかに開催されました~~。

昨年から始まった「野田村プチよ市」も今回で一周年sign03なんです∑(*゚ェ゚*)

IMG_4903.JPG

梅雨入り宣言されたばかりでしたが良いお天気!

野田村プチよ市は、盛岡のブルワリー「ベアレン醸造所」樽生ビールや、それにピッタリなフードメニューを楽しむことができます。

IMG_4924-001.JPG

こちらではお鍋のモツ煮かな?いい匂~い!

IMG_4907.JPG

つきやさんのまるごと揚げじゃがいも串。うまーい!

IMG_4939.JPG

 

みなみさんの手羽先と新じゃがのさっぱり煮もうまーい!

IMG_4975.JPG

 

お友達でかんぱい!お外で飲むビール美味しそうですね★

IMG_4912.JPG

 

ちなみに洋食・旬彩料理 みなみさんで販売しているベアレンビール、1杯450円のところ3杯セットで1200円というお得なセットが人気です!

IMG_4931.JPG

 

今回は復興応援隊さん主催のフリマ「ねま~るdeバザ~ル」もありました♪

IMG_4893.JPG

 

そして観光協会では市日っぽく水ヨーヨーつりもやってみました!

商工会女性部さんではイベントで時々出していますが私は初めて!水ヨーヨーを作るのが意外と難しくて大変でした(笑) でも子どもさんが喜んでたので良かったです♪

IMG_4888.JPG

 

こちらでは、ママさんたち手作りグループUFUFUさんのかわいいベビーグッズやアクセサリー販売!

IMG_4905.JPG

IMG_4935.JPG

ホールではプログラミング体験などのキッズコーナーも!

IMG_4921.JPG

というわけで今回も賑やかに開催されたプチよ市でした。

 

次回7月29日(土)はなんと第10回スペシャルということで

シンガーソングライターの松本哲也さんミニライブが行われます!!

フードブースでは野田村産の荒海ホタテ(浜焼きセルフコーナー)も登場しますよ~notes

IMG_4959.JPG

ほかにもプレーパークなど内容盛り沢山になっておりますので、
ぜひお誘いあわせのうえご来場くださいhappy01

 

-イベントデータ-

第10回 野田村プチよ市
  〔日時〕平成29年7月29日(土)午後3:00~6:00
  〔場所〕ねま~る(岩手銀行野田支店様斜め向かい)
  〔駐車場〕野田村役場前 村民広場
  〔問合せ〕野田村商工会 TEL:0194-78-2012

★野田村プチよ市は4月~11月の最終土曜日に開催!


この記事が気になりましたらお気軽にコメントやシェアしていただければ幸いです。
野田村観光協会Facebookページはこちら

続きを読む

タグ:野田村プチよ市

関連する記事

こんにちは!

 

今週末6/24土曜日の午後3時から

岩手銀行野田支店さまななめ向かい「ねま~る」にて

6月の「野田村プチよ市」を開催いたします!notes

IMG_3786.jpg

今回もフードコーナー&ベアレンビール販売と雑貨販売のほか、

フリーマーケット「ねま~るdeバザ~ル」も開催されますよ!!

今回は子供服を中心に出店されるそうです。

観光協会ではちょびっとキッズスペースもやります!(*^-^)

 

梅雨入りはまだなんですが、土曜日は晴れてくれますようにsun

お散歩がてら遊びに来てください♪

 

-イベントデータ-

第9回 野田村プチよ市
  〔日時〕平成29年6月24日(土)午後3:00~6:00
  〔場所〕ねま~る(岩手銀行野田支店様ななめ向かい)
  〔駐車場〕野田村役場前 村民広場
  〔問合せ〕野田村商工会 TEL:0194-78-2012

info01親子、または男女ペアで受付すると、100円割引券を1枚もらえます♪

第9回 野田村プチよ市
 


この記事が気になりましたらお気軽にコメントやシェアしていただければ幸いです。
野田村観光協会Facebookページはこちら


タグ:野田村プチよ市

関連する記事

こんにちは!
最近、寒かったり暑かったり・・皆さん体調を崩されていませんか。
 
 
さて今回は、私たちもいつも聞いているけれどなかなか知らない
防災行政無線の定時チャイム!
 
お出かけ先で聞くと、「ここではこんな音楽なんだ~」って新鮮ですよね。
 
 
野田村での定時チャイム(時報)は通年で1日6回ですinfo02
(6:30のラジオ体操のぞく)
 
 

個人的にはめったに聞かないチャイムです。

村の総務課にお問合せいたしまして、初めて曲名を知りました。

音源がレトロな感じがしますね。

 

のんびりして良い曲ですね。

 

正午だけは野田村オリジナルなんです!

とかいいながら、私も長年野田に住んでいながら村民歌と知ったのは数年前・・・
ここ数年「野田まつり」で素晴らしいYOSAKOIソーランを披露してくださっている青森の「AOMORI花嵐桜組」さんが、YOSAKOI用にこの曲をリメイクして披露してくれたとき初めて知りました!
 

 

遠い島から流れ着いたヤシの実に、自分を重ねあわせて故郷を想うといった内容の歌です。

 
 
 
◆15時 「野ばら」
 
なんと10時と同じです。
 
えっ!午前10時と午後3時が同じ曲だったの??
(知らない村民、私ぐらいでしょうか....)
 
 
 
 
 
子供の頃から慣れ親しんでる5時のチャイム。
 
これも定時チャイムじゃきっと定番ですよね。

 

 

というわけで、野田村を遠く離れている方にも捧ぐトリビアネタでした。


この記事が気になりましたらお気軽にコメントやシェアしていただければ幸いです。
野田村観光協会Facebookページはこちら

関連する記事

このページの上部へ

検索

プロフィール

岩手県九戸郡野田村(沿岸北部・三陸・三陸復興国立公園/陸中海岸国立公園・国道45号)の観光・物産・食、村の“ほっ”とな話題などをご紹介するブログです。

以前の記事