さる1月15日、野田村と株式会社ベアレン醸造所は、「地域の未来創造と産業振興に関する連携協定」を締結しました。
 
20180115_IMG_1420.JPG
 
左から、株式会社ベアレン醸造所 専務取締役 嶌田洋一氏、代表取締役社長 木村剛氏、小田祐士村長、高橋正志副村長
 
 
20180115_IMG_1411.JPG
 
調印所にサインする小田村長
 

 

 
岩手を代表するクラフトビール会社、株式会社ベアレン醸造所(木村 剛社長/盛岡市)は、地域密着を掲げ、地元の人たちに愛されるビール造りを心掛けています。
 
 
同社では盛岡市の直営店「ビアパブベアレン材木町」にて2011年、“野田村フェア”と題して野田村産の山葡萄ラガーを限定販売していただいたり(過去記事
 
20111107.jpg
 
 
「ビールで皆さんが元気になるイベントをやりたい」と、同社創業10周年を機に県内各地で開催している同社主催のビールイベント。野田村でも2013年から毎年5月に開催されている「ベアレンビアフェスタin野田村」は大盛況となっています。
 
DSCF1447.jpg
 
村内外からの来場客で賑わうベアレンビアフェスタin野田村
 
 
IMG_4898.JPG
 
同社協力の「野田村プチよ市」(4月~11月毎月最終土曜日開催)
 
 
 
この協定は、「これまでの交流の積み重ねを、さらに広げ未来へ繋げていきたい」との思いから締結されました。
 
地域資源の活用と産業振興を通して、地方の新たな価値や文化の創造について、相互に連携・協力して取り組みを進めていくことを目的としています。
 
 
小田祐士村長は協定締結にあたり、「これまでを振り返り感慨深い思い。これを機にさらなる交流を積み重ねたい。村づくりの大きな力になると思う」と語りました。
また木村社長は「これを一つの形として、この縁を次世代にもつないで行きたいと思う。」と意気込みました。
 
20180115_IMG_1418.JPG
 
これまでの交流を胸に、握手を交わす木村社長と小田村長
 
 
ベアレン醸造所の同様の協定は雫石町に続く2例目となり、野田村では初となります。
主な連携内容は以下のとおりです。
 
(1)地域の未来創造と産業振興に資する双方の資源の活用に関すること
(2)地域の未来創造と産業振興に資する人づくりに関すること
(3)地域の未来創造と産業振興に資する商品の開発及び振興に関すること
(4)地域の未来創造と産業振興に資するイベント開催に関すること
(5)地域の未来創造と産業振興に資する交流の進化及び深化に関すること
(6)地域の未来創造と産業振興に資する地域文化の創造に関すること
(7)前各号に掲げるもののほか、前条の目的を達成するために必要と認められる事項に関すること
 
 
株式会社ベアレン醸造所

この記事が気になりましたらお気軽にコメントやシェアしていただければ幸いです。
野田村観光協会Facebookページはこちら

関連する記事

野田村の小正月

遅くなりましたが、明けましておめでとうございます。sun

もう1月も半分。

本日は、役場向かいの村民広場にて伝統行事の小正月行事が行われましたsign01

 

20180115_IMG_1218.JPG

寒さはありましたが風はなく、たくさんの方が訪れましたhappy01

 

今日でお正月が終わりということで、
正月飾りを燃やす「どんと焼き」が行われました。

20180115_IMG_1200.JPG

村内保育所の園児さんと、村老人会の皆さんも参加しての「みずき団子」作り
紅白の団子と飾りをみずきに飾り付けていきます。

 

20180115_IMG_1275.JPG

20180115_IMG_1313.JPG

 

こちらでは餅つきと、搗きたてのお餅のおふるまいも。

20180115_IMG_1143.JPG

こちらの甘酒のおふるまいも大好評(*^-^)

20180115_IMG_1281.JPG

美味しくて温まるんですよね~。

 

おめでたい大黒舞なもみ太鼓も披露されました。

20180115_IMG_1324.JPG

20180115_IMG_1351.JPG

 

教育委員会さんでは凧揚げや竹馬、福笑いなどの遊びを楽しめる催しを行い、こちらも冬休み中の子どもたちがたくさん遊びに来て賑わっていました。

2018-01-15_1.jpg

力いっぱい走って凧揚げ!子どもは元気ですねぇ。

 

20180115_IMG_1334.JPG

大人は火の近くでぬくぬく・・・。この火にあたれば1年を元気に過ごせるんだっけ。

 

 

目と鼻の先にある愛宕参道広場の方では、新春初市が開催されました!

20180115_IMG_1392.JPG

2018-01-15_3.jpg

こちらでも大黒舞と、大黒舞の皆さんも加わっての餅まき大会が開催されました♪

20180115_IMG_1365.JPG

20180115_IMG_1398.JPG

 

 

というわけで、今年も一年元気に過ごせますように!

20180115_IMG_1309.JPG


 


この記事が気になりましたらお気軽にコメントやシェアしていただければ幸いです。
野田村観光協会Facebookページはこちら

関連する記事

良いお年を

今年も残すところあとわずかとなりましたね。

野田村商工会は本日が仕事納めとなります。

 

日の出をご覧になる皆さまいらっしゃるかと思いますが、野田村の日の出の時刻は6:54頃

天気予報が微妙のようですが、晴れることを祈って!

 

20171228_IMG_7948.jpg

少し早いですが、初詣にそなえ愛宕参道広場のライトアップも始まりました。

皆様どうぞ良いお年をお迎えください!

 



この記事が気になりましたらお気軽にコメントやシェアしていただければ幸いです。
野田村観光協会Facebookページはこちら

関連する記事

こんにちは。
今日はクリスマスですが、昨夜から暴風警報が発令されています。何も被害がないといいな...。

 

さて先日久しぶりに涼海すずみの丘ワイナリー」さんへ。

IMG_0979.JPG

波のない穏やかな海だ~


この日は、隣のマリンローズパーク野田玉川(野田玉川鉱山跡)で約8か月眠っていたプレミアムワイン「紫雫Marine Rougeしずく マリンルージュ 樽熟成」の樽を出す作業が行われるということで、お邪魔してきましたsign01

 

IMG_0955.JPG

冬期閉鎖中のマリンローズパーク野田玉川

寒さに備えホッカイロを貼って行きましたが、そういえば坑道の中は年間を通して10℃前後。今の時期は坑道の方があたたかいんでした。

IMG_0861.JPG

坑道の中、およそ400m先の中央ホールに樽が保管されています。

樽は一つずつ、ハンドリフトという小さなリフトで運び出すそうです。

リフトの音が坑道内に響き渡ります。

 

10分ほどでホールに到着。

IMG_0874.JPG

周辺はまるで、新築の家のような木の香りに包まれていました。

IMG_0879.JPG

いい匂いだ~

この木樽の中には、昨年の秋から冬にかけ仕込んだ赤ワインが入っています。熟成に耐えうる酸味の強い種類を入れているので、山葡萄の酸味も健在。

「山ぶどうの酸味と香りのバランスが良い魅力あるワインに仕上がったのでは」と醸造所長さんがおっしゃっていました。

 

木樽をリフトで持ち上げ、いよいよ運搬です!ちなみにワインの入った樽は300キロ近くもあるそうです。

IMG_0888.JPG

歩けば平坦な道ですが、やはりわずかな段差があり慎重に慎重に。

IMG_0918.JPG
 
小さな電動リフトでも幅がギリギリsweat01
 

IMG_0967.JPG

1回で40分ほど。何往復かして、昼頃にすべての樽を運び終えました。お疲れ様です~

 

午後からは全ての樽の中身を一つのタンクに移す作業が行われました。

IMG_1005.jpg

どの作業も皆さん細心の注意を払って行われていますね。

IMG_1040.jpg

ポンプのスイッチを入れると・・・・来た来た!

IMG_1039.jpg

樽香がたっぷり付いた芳醇な香り、そしてとても綺麗な泡ですshine

 

こちらではまだ今年収穫した山葡萄ワイン(赤)の醸造中(※ステンレスタンクで二次発酵中)で、一歩入ると「ワインだー」という香りがするんですが、その香りとは全く違うものでした!

私はワインが分からないので、この嗅いだことのない複雑な香りをどうお伝えすればいいのか...。
でも醸造所長さんは“バニラの香り”とおっしゃっていました!(『バニラといえばスーパーカップ』というワインスキルゼロの私crying

 

IMG_1015.jpg

「いい匂いだな」「いい匂いだね」

 

これですぐ瓶詰かといえばそうではないそうで、ワインテイストのバランスを取る作業と、澱(オリ)を落ち着かせる清澄作業が2~3週間行われ、透明度のあるワインに仕上げるそうです。

そして1月中旬にはいよいよ濾過~瓶詰~ラベル貼り作業に入り、数量約2,100本、価格3,200円(税抜)で1月末にリリースの予定だそうですsign01

涼海の丘ワイナリープレミアムワイン第一号の出荷まであと少し!どんな味になっているか楽しみですね。delicious

 

なお、2017年新酒(赤・ロゼ)は来春3月末にお披露目予定だそうですよ。こちらもお楽しみに!

 

-問合せ先-

観光物産館ぱあぷる
  〔TEL〕0194-78-4171
  〔営業時間〕午前9:00~午後18:00 (11月~3月は午後17:45まで)
  〔定休日〕9/30、1/1、3/31(年末年始は短縮営業)

 

※マリンローズパーク野田玉川は現在冬期閉洞中です。
※涼海の丘ワイナリーテイスティングルームは醸造期間中のため休業中となっております。


この記事が気になりましたらお気軽にコメントやシェアしていただければ幸いです。
野田村観光協会Facebookページはこちら

タグ:野田村ワイナリー, 涼海の丘ワイナリー

関連する記事

12月に入ると、久慈市内のあちこちや村内の一部のご家庭では綺麗なイルミネーションで飾られていますねshine

ただいま十府ヶ浦海岸の展望休憩施設「ほたてんぼうだい」でもイルミネーションの灯りがドライバーの目を楽しませてくれています。

20171211_IMG_6973.JPG

20171211_IMG_6957.jpg

これは冬の村内に彩りと、皆さんが笑顔になる場所を提供したいと、ご厚意でお贈りいただいたイルミネーションを村内有志の皆さんが設置したもの。

ここ毎年は野田村役場前に設置されていましたが
今年は国道45号を通る皆さんにも見てもらおうと
今年オープンしたばかりのここ「ほたんてぼうだい」になったそうです。

今年も厳しい寒さの中どうもありがとうございました。

20171211_IMG_0778.JPG

目の前には国道と、真っ暗な十府ヶ浦海岸。

20171211_IMG_0791.JPG

波の音が聞こえるロマンティックなデートスポットとしてもいかがでしょうheart02

 

点灯期間は12/11~来年1月9日頃まで、点灯時間は夕方暗くなる時間からおよそ5時間イルミネーションが灯されるそうです。最近は夕方4時半ぐらいから暗くなりますので、夜の9時半ぐらいまででしょうか。

 

なお、ほたてんぼうだいは普代村方面から道の駅のだ方面(南から北)へ向かうとほとんど見えません。(道の駅から普代村方面へ行くと、国道車内からでも良く見えるんですが・・・)
ぜひ、お車を駐車場に停めてゆっくりご覧になってみてください。

 

IMG_7917.JPG

イルミネーションの優しい光は皆さんの心を和ませてくれますね。

素敵な光のプレゼント、どうもありがとうございました。

 


この記事が気になりましたらお気軽にコメントやシェアしていただければ幸いです。
野田村観光協会Facebookページはこちら




関連記事


 

タグ:イルミネーション

関連する記事

イベントのお知らせです!

12月17日、今度の日曜日、村内「農家食堂つきや」さんにて
今年も「のだ村ガールズコレクション」が開催されますnote

 

このイベントは、農家食堂つきやさんのランチやカフェも楽しみながら、かわいい小物作りや交流を楽しめる内容となっています。

当日はさをり織り・アクセサリーなどのハンドメイド品販売ワークショップが開催されます!(イメージはチラシをご覧くださいね。)

ハンドメイド商品の作り手さんたちは、みんな野田村のママさんたちです。

ぜひお誘いあわせのうえご来場くださいsign01

20171217noda_girlscollection.jpg

※ワークショップはそれぞれ限りがあるので、お早目のご来場をおすすめします。

※駐車場には限りがございますので、当日乗り合わせ、あるいはお近くの方は徒歩でのご来場にご協力ください。
 

-イベントデータ-

のだ村ガールズコレクション
  〔日時〕平成29年12月17日(日)10:00~15:00
  〔場所〕農家食堂つきや(岩手県九戸郡野田村大字野田22地割39-1)
  〔主催〕ハンドメイドグループUFUFU
     お問合せは、NPO法人のんのりのだ物語まで

農家食堂つきや地図


この記事が気になりましたらお気軽にコメントやシェアしていただければ幸いです。
野田村観光協会Facebookページはこちら

関連記事


タグ:UFUFU

関連する記事

こんにちは。

今日は『まるきん』さんへお出かけです。

20171208_IMG_0761.JPG

こんにちはー

あ、のんちゃんとベコのクッキーが出てる!

20171208_IMG_0747.JPG

ショーケースには、純生ロールやケーキ、ぷりん、焼き菓子や和菓子が並んでいます。

20171208_IMG_0738.JPG

中でも目を引くのが・・・・

とっても可愛らしい、クリスマスシーズン限定の上生菓子(¥270/税抜)heart04

20171208_IMG_0744.JPG

サンタにトナカイ、雪だるまにリース・・・
なんてかわいらしいんでしょう。

 

だんだんお正月シーズンの上生菓子も登場するそうで、見せてくださいました。まぁ!

20171208_IMG_0749.JPG

手土産に詰め合わせたい!

鶴と亀、海老に鯛などのほか、
来年は戌(犬)年ということで・・・

20171208_IMG_0754.JPG

か、か、かわいいっっlovely

20171208_IMG_0756.JPG

羽子板を持ったのんちゃんも!


彩りやさしい、クリスマス上生菓子に、お正月上生菓子。

お友達や親戚の集まりでのサプライズにいかがでしょうか。きっと皆さんびっくりされますよ~happy02

 

 

そしてそして、

ただいま金曜日限定『いちご大福』(¥200/税抜)も販売中です。

20171208_IMG_0735.JPG

12月上旬から、毎週金曜日のみ販売しています。

大きい苺をまるごと、白あんと柔らかいお餅で包んでいます。

IMG_0371.jpg

食べてみると中のイチゴはびっくりするぐらいフレッシュでジューシー。美味しい~sign01

イチゴが美味しい冬季限定になります。

 

職人さんがひとつひとつ真心こめて手作りしたお菓子。
時期や数量に限りがあり、出会いは一期一会ですが、機会がありましたらぜひお召し上がりください。もちろんご予約という手もありますよ。

 

 

 

 

20171208_IMG_0742.JPG

もちろんクリスマスケーキのご予約も承り中です♪

 

お菓子、ケーキのご予約は下記までどうぞ。

-お店データ-

大沢菓子店(まるきん)
  〔住所〕〒028-8201 岩手県九戸郡野田村大字野田20-25-5
  〔TEL〕0194-78-2538
  〔営業時間〕午前9:00~午後7:00 (土・日は夜6時まで)
  〔定休日〕第一、第三火曜日(変更の場合がございます)
  〔ブログ〕http://nodamuramarukinn.blog.fc2.com/


 


この記事が気になりましたらお気軽にコメントやシェアしていただければ幸いです。
野田村観光協会Facebookページはこちら

タグ:いちご大福, まるきん

関連する記事

今日はちょっと撮影もかねて、道の駅のだの目の前にある『キッチン栄』さんへ行ってまいりました。久しぶりの外食ですbearing

というのも今月メニューをリニューアルされたそうです。

 

今回チョイスしたのがこちらエビフライラーメン(¥900)

20171205_IMG_0706.JPG

ラーメンの上に、エビフライ・・・・sign02
初めて見た・・・。

 

今や岩手を代表するラーメン店・久慈市の「千草」でも定番メニューに『かつラーメン』がありますが、地元民の中には「海鮮ラーメンじゃあっさりしてて物足りない!」とこってり系を好む人も。

うーん、揚げ物×ラーメンが熱いですね!

 

20171205_IMG_0708.JPG

サクッとプリプリのエビフライ、美味い~!

揚げ物が入るとボリュームはもちろん、スープにコクも増して食べごたえがありますね。

 

 

そしてもう1つの揚げ物×ラーメン、こちらはお隣で召し上がっていた常連さんもおススメの昔からあるメニュー「から揚げラーメン(¥700)」をオーダー。

IMG_0704.JPG

唐揚げでっかい!サクサク、ジューシーで美味しいです。

実は食べたあとで、「ここはスープが選べるんだ、唐揚げには塩がおすすめだよ」と言われましたが、また来たときぜひチャレンジしてみますね。

ちなみにエビフライラーメンは味噌でもぜひ試してみたいところでした。

 

 

というわけでお肉が美味しいキッチン栄さんの揚げ物ラーメンでした!

ロースかつ定食、ポーク生姜焼き定食、海鮮・ホタテラーメンもおすすめですよ。

ごちそうさまでした!

 

 

-お店データ-

キッチン栄
  〔住所〕〒028-8201 岩手県九戸郡野田村大字野田31-12-1
  〔TEL〕0194-78-2816
  〔営業時間〕月~土  午前11時30分~午後9時(ランチは午後2時まで)
       日・祝日 午前11時30分~午後8時(日・祝日はランチメニュー休み)
  〔定休日〕毎週木曜日




この記事が気になりましたらお気軽にコメントやシェアしていただければ幸いです。
野田村観光協会Facebookページはこちら

関連する記事

いや~、今年も「野田ホタテまつり」大盛況でしたsun

天候にも恵まれ、朝早くからたくさんのお客様が荒海ホタテを求めて来場されました。

20171203_IMG_0566.JPG

でんsign01(※中央の白いテントおよび、右の施設入口が先頭)

20171203_IMG_0565.JPG

どんsign01(バラ売りホタテの列。最後尾が見えません。。)

20171203_IMG_0563.JPG

ででんsign01(箱入りホタテの列)

 

なお今年も先頭の方は朝8時ぐらいから並んでいたそうです。

八戸(青森県)、盛岡ナンバーの車を多く見ましたが、なんと関東、さらに兵庫県、佐賀県からも!?

20171203_IMG_0690.JPG

ちなみに盛岡でさえも野田村まで車で2時間半かかります。絶対この中には前泊の方がいるんじゃないですか。

 

 

さてこの『野田ホタテまつり』、肉厚ぷりぷりで甘みの濃い良質な野田村荒海ホタテの大直売会とあって、毎年大好評です。

20171203_IMG_0581.JPG

野田漁港の水産物蓄養施設(低温地下海水をふんだんに使用した、ホタテの一時保管用の大きな水槽がある施設 )におよそ5トン、この3時間限りのイベントのために、ものすごい量のホタテが用意されました。

20171203_IMG_8427.JPG

一般のお客様への蓄養施設からの直販は、ホタテまつりのこの日だけ!

20171203_IMG_0694.JPG

1キロの見本。重さなので枚数は目安ですが、1年半物のホタテが6枚~7枚ぐらい。バラ売りだと1枚100円程度ですね、安い!

 

 

というわけで10時開場!!!

20171203_IMG_0570.JPG

「2キロ入り 5個!」「はい、あっちへどうぞ!」「3キロ入りの3つください!」「はい、あちらで受け取ってください!」

20171203_IMG_0568.JPG

朝から準備された活ホタテ(箱入り)の山。

表のヤマトコーナーも行列。私も昼過ぎに3キロ入を買って送りましたが、東北でクール送料1400円でした。

20171203_IMG_0646.JPG

バラ売りはホタテをカゴに入れて量って入れ物に入れて、たくさんのお客様でどんどんホタテがなくなります。

なくなってきたらホタテを後ろの蓄養施設に補充に行ったり来たり、会場はすごい活気に満ち溢れています。

20171203_IMG_0577.JPG

20171203_IMG_0605.JPG

バラ売りに並ぶ方は、クーラーボックスやバケツ、発泡ケースなど持参されている方も多いですね。たくさん買うんだろうな~~。

 

さて会場に入るともう焼きホタテのいい匂いがしてまして、例年なら開場の10時ならさほど並ばずに買えたんですが(皆さん大体まず活ホタテを買うから)今年はこちらも結構な行列が。。。

20171203_IMG_0590.JPG

小さい娘が「ホタテ食べたい」と袖を引っ張ります

 

う~ん、それならこっちだ!ホタテ釣りコーナー

20171203_IMG_0582.JPG

あれっ、こっちも並んでた~~

ホタテ釣りは1回200円(1分間)!ですが・・・ホタテの粋が良くて(笑)釣れませんでした。

でも大丈夫、釣れなくても2枚もらえます!(でも、中には4~5枚釣る人もいたとか)

 

ホタテを手に、セルフ焼きコーナー「荒海道場」へ!

20171203_IMG_0606.JPG

焼き台があるので、そこで自分で焼いて食べますhappy02

20171203_IMG_0620.JPG

ジュワジュワジュワ..... 「もういいですか?」「最高ですね!」

焼き加減も漁師さんが優しく教えてくれますnote

しかしこの日は本当に小春日和というか...!焼き台の前にいると汗が出ます。

焼きたての荒海ホタテ、やわらかくて、口の中に磯の香りとジューシーなホタテの旨味がひろがって・・・超美味しい!

漁師の皆さん、美味しいホタテをありがとう。

 

 

会場では焼きホタテの他にも、ホタテラーメンや荒海汁、お汁粉、豆腐田楽にウインナーにベアレンビールに干した鮭など美味しいものがたくさんでした。

20171203_1.jpg

 

というわけで、今年も県内外の多くの人で賑わいました!!

ご来場いただいた皆さま、ありがとうございました!

20171203_IMG_0633.JPG

今年はめでたく野田村荒海ホタテが国のGI保護登録にもなりshine、国のお墨付きが与えられ、品質が保証された地域ブランド産品として価格の維持・向上も期待されています。

 

荒海団の皆さん、来年も美味しいホタテを、どうぞよろしくお願いします!

20171203_IMG_0692.JPG

お手伝いいただいた二戸市職員の皆さんと、野田村漁協養殖組合 小谷地さん


この記事が気になりましたらお気軽にコメントやシェアしていただければ幸いです。
野田村観光協会Facebookページはこちら

タグ:野田ホタテまつり

関連する記事

こんにちは!

もう明日から12月、師走ですね・・・。

 

12月といえば、最近「野田ホタテまつり」のお問合せが入っていますsign01

そのお問合せの中で、このあいだ青森の方から「野田村のホタテ美味しかった!青森のより美味しい。ホタテまつりにも行きたい」と嬉しいお言葉をいただきました。
恐縮です、ありがとうございますcoldsweats02

 

今年はめでたく野田村荒海ホタテが国のGI保護登録にもなりshine
国のお墨付きが与えられ、品質が保証された地域ブランド産品として価格の維持・向上も期待されています。

20171203_nodahotatematuri.jpg

 

というわけで今年も野田村荒海ホタテファンの皆様!

「野田ホタテまつり」の季節がやってまいりました!

12月3日(日)、午前10時から3時間限りのイベントです!

 

hotatematuri2016.JPG

お陰様でここ毎年、10時前から行列が出来る人気ぶりです。(昨年の行列の様子)

 

hotatematuri2016_2.JPG

ホタテのバラ売りの様子。バラ売りは箱が付かないので、容器をお持ちくださいね。

20161204.jpg

そして焼きホタテの販売と、セルフ浜焼きコーナー、そのほかアツアツのフードブースもあります♪

 

海べりの市場前ですので、暖かい恰好でお越しくださいね。

昨年はあまり寒くなくて嬉しかったんですが、今年も寒くなりませんように~!

 

ホタテはたくさん準備しているそうですが、売り切れの際はご容赦ください。

今年も荒海汁が楽しみですheart02

 

<参考価格>

★活ホタテ 箱売り 2kg入り¥2,200-/3kg入り¥2,800-(発泡ケース入り)
★活ホタテ バラ売り キロ¥650-(容器お持ちください)

※ホタテは1年半ものです。1キロ分がおよそ7枚前後になります。
 (重さでの販売となりますので、枚数はめやすです。)

 

-イベントデータ-

野田ホタテまつり
  〔日時〕平成29年12月3日(日)10時~13時
  〔場所〕野田漁港 特設会場
  〔アクセス〕三陸鉄道北リアス線 陸中野田駅(道の駅のだ)から車で約5分/徒歩約20分
  〔主催・問合せ〕野田村漁業協同組合 TEL:0194-78-2171

info01詳しくは野田村観光協会イベント情報ページもご覧ください。


 


この記事が気になりましたらお気軽にコメントやシェアしていただければ幸いです。
野田村観光協会Facebookページはこちら



 

関連記事


タグ:野田ホタテまつり

関連する記事

このページの上部へ

検索

プロフィール

岩手県九戸郡野田村(沿岸北部・三陸・三陸復興国立公園/陸中海岸国立公園・国道45号)の観光・物産・食、村の“ほっ”とな話題などをご紹介するブログです。

以前の記事