blog_eyecatch.jpg

7月7日土曜日、『野田村ボランティアまつり』(野田村・村教育委員会・村社会福祉協議会主催)が開催されました。

あいにくの雨模様となり、今年は1年ほど前に開所したばかりの『野田村保健センター』屋内にて行われました。

20180707_IMG_4822.JPG

雨に濡れる心配なし!

今回はバルーンリリースの風船は子どたちに。

20180707_IMG_4728.JPG

 

赤い羽根共同募金コーナーは、お子さんが喜ぶガチャガチャ方式!
先月の『大阪府北部地震』への募金も呼びかけられました。

20180707_IMG_4726.JPG

来場者にプレゼントしてくれた、久慈工業高校の生徒さん手作りクッキーとのんちゃんべっこう飴heart01 とっても美味しかったみたいです。

20180707_IMG_4724.JPG

 

『野田村ボランティアまつり』は地域の皆さんに福祉活動やボランティア活動に対する理解を深めていただくために「ボランティアの輪+結っこの輪=∞(無限大)」をテーマに開催。

村内で活躍するボランティアグループ・団体が中心となって、自主製品販売や、模擬店、抽選会など、各種催しが行われました!

20180707_IMG_4803.JPG

 

玄関ホールの模擬店コーナーでは美味しそうな食べ物が♪ 豚汁などのおふるまいも!

20180707_IMG_4737.JPG

20180707_photo1.jpg

 

同じくホールや相談室では、団体の製品(手作り雑貨等)の販売。

20180707_photo2.jpg

 

多目的ホールでは、青森県立保健大学の書道サークルの皆さんによる書道パフォーマンスが行われました。

20180707_IMG_4777.JPG

同じく、吹奏楽サークルの皆さんの演奏も。

20180707_IMG_4815.JPG

子ども向けゲーム大会や、最景品付きもちまき大会に代えてクジ引き大会も行われました。

20180707_IMG_4802.JPG

また児童室では七夕かざり作りや折り紙作りが行われました。

20180707_IMG_4792.JPG

20180707_IMG_4736.JPG

雨天にもかかわらず親子連れを中心にたくさんの方にご来場いただき、集まった皆さんは楽しいひとときを過ごしました。

 

この記事が気になりましたらお気軽にコメントやシェアしていただければ幸いです。
野田村観光協会Facebookページはこちら

関連する記事

村内に5月はじめ出来た、深渡栄一さんの個人美術館『木彫りの魚美術館 魚の番屋』の外壁に、今ラッピングが施されています。

20180709_IMG_4834.JPG

おお~~happy02 まわりの木々の緑と青空に、エメラルドグリーンのラッピングがよく映えます★

上ってきた皆さんへの素晴らしい目印となりますね!!

20180709_IMG_4830.JPG

盛岡情報ビジネス専門学校生徒さんの作品を九戸印刷さんで印刷した大きなフィルムを、内装広内さんの巧みな技術でとっても綺麗に貼られています。

 

もうすぐ夏休みですので、ぜひ見に来てくださいね~
 

-施設データ-

木彫りの魚美術館 魚の番屋

〔住所〕岩手県九戸郡野田村大字野田第8地割324-2
〔TEL〕0194-66-8866
〔営業時間〕【4月~9月】9:00~18:00(最終入館17:00)
【10月~3月】9:00~16:00(最終入館15:00)
〔定休日〕木曜日
〔入館料〕大人1,000円、小中高校生500円、幼児無料
※団体割引(10名以上)...大人800円、小中高校生400円
※老人ホーム入居者・障がい者割引...大人700円、小中高校生350円
※国民宿舎えぼし荘割引...ご宿泊の方は割引券をご呈示ください。
・割引の併用はできません。
〔アクセス〕三陸鉄道北リアス線 十府ヶ浦海岸駅よりお車で約6分
三陸鉄道北リアス線 陸中野田駅(道の駅のだ)よりお車で約12分

木彫りの魚美術館 魚の番屋 地図




この記事が気になりましたらお気軽にコメントやシェアしていただければ幸いです。
野田村観光協会Facebookページはこちら

タグ:魚の番屋, 深渡栄一さん

関連する記事

夏休みが近づいてきましたね。今日は小学3年~6年生・親子向けのお知らせです。

 

8月4日(土)、『親子向け 復興の現場見学会』(岩手県県北広域振興局主催)が開催されます。

三陸鉄道(久慈⇒普代)、普代水門、午後からは野田村内の安家トンネル及び浜山トンネル、野田村内震災ガイドと盛りだくさんの内容ですね!

十府ヶ浦海岸ほたてんぼうだいは野田村ボランティアガイドさんが、野田地区海岸防潮堤は県職員さんがご案内してくださいます♪

なお昼食は国民宿舎えぼし荘さんとなるそうです!

ご参加には事前のお申込が必要となりますので、7月27日までに下記までお申込ください。

 

20180804hukkounogenbakengaku.jpg

 

-データ-

親子向け復興の現場見学会
  〔開催日〕平成30年 8月4日(土)10時から15時
  〔申込締切〕平成30年7月27日(金)
  〔対象〕久慈地域及び二戸地域の小学3年~6年生とその保護者
  〔定員〕40名先着順
  〔費用〕無料(昼食会場で昼食代をお支払いいただきます。※大人800円、子供500円)
  〔申込〕県北広域振興局 経営企画部 復興推進課 電話0194-53-4981(内線293)




この記事が気になりましたらお気軽にコメントやシェアしていただければ幸いです。
野田村観光協会Facebookページはこちら


関連する記事

こんにちは!今日は雨で蒸し暑いですsweat01

 

本日は村内・野田中学校1年生の皆さんが総合的な学習の時間ということで、

野田村のマリンローズ(ばら輝石)を中心に加工販売を行う『てしごと屋』さんの前で

マリンローズアクセサリー作り体験が行われていました!

20180704_IMG_4683.JPG

先にマリンローズパーク野田玉川を見学して、ここまで歩いて来たという野田中学校一年生のみなさん。

 

体験の前に『てしごと屋』の城内さんより、創業するまでの経緯やマリンローズについてお話をしていただきました。

「全国に野田村のバラ輝石を知ってもらいたい」と城内さん。

20180704_IMG_4675.JPG

大人になったら、ぜひ村外・県外の方に自慢してほしいです!

 

というわけで、いよいよマリンローズを磨いていきます!

事前に5行程ほどかけて磨かれている石を、これから磨き上げていきます。

20180704_IMG_4659.JPG

そういえばちょっとザラッとしてるかな?

 

2種類のサンドペーパーと酸化セリウムという研磨剤、水を使って、地道に磨きます☆

20180704_IMG_4690.JPG

ゴシゴシゴシゴシ...

20180704_IMG_4689.JPG

「手が疲れる~sweat01」という子や「面白い!notes」と熱心に磨く子もいて色々。あまちゃんの”琥珀の勉さん”の気分になってがんばってwink

20180704_IMG_4705.JPG

石はみんな同じように見えても色が微妙に違うので、職人の方が『石のこの部分が赤い色で、水晶が混じったのが淡い色で・・』とバラ輝石の原石を磨いたものを見せてくれました。

野田村で産出されるマリンローズは三陸特有の地質から、マンガンやバラ輝石、鉄、水晶、インカローズ、ガーネットなどとの混合石と言われており、その色合いは豊富なんですね。
 
 

20180704_IMG_4695.JPG

「どうかな?」「まだもう少し磨けばもっと光るよ!」頑張って3行程、研磨すること約30分!

20180704_IMG_4717.JPG

はじめの石と比べると、とっても綺麗になりましたね!happy01

20180704_IMG_4720.JPG

手やジャージを真っ白にして頑張りました!

磨いたものは、キーホルダーかストラップどちらか希望の品に仕上げられるそうです♪

 

 

ちなみにてしごと屋さんの職人・遠藤さんが磨き上げたマリンローズジュエリーがこちら!美し~shine

20180704_jewelry.jpg

行くたび違うデザインのアクセサリーに出会えますが、今は夏ということで涼しげな色合いの石と合わせたデザインのものも多く出ていました。heart04

秋冬にかけては暖色系も増やす予定だとか・・。琥珀とコラボしたアイテムもステキですね~

 

というわけで野田中学校の皆さん、お疲れ様でした!生徒さん達にとって良い思い出になれば良いですね。happy01

 

 

info01マリンローズアクセサリー作り体験にご興味のある方は、下記までお問合せ・ご予約ください。

体験は1週間前までに要予約で、料金・所要時間・受入人数は、お客様のご希望、アクセサリーの種類により異なります。

 

-お店データ-

てしごと屋
  〔住所〕岩手県九戸郡野田村大字野田20地割43番地1
  〔TEL〕0194-66-7177
  〔営業時間〕9:00~17:30
  〔定休日〕火曜日

20180704_IMG_4673.JPG
 


この記事が気になりましたらお気軽にコメントやシェアしていただければ幸いです。
野田村観光協会Facebookページはこちら

タグ:てしごと屋, マリンローズ

関連する記事

こんにちは、暑いですね~

涼しい海風の入る商工会も、今日は30度近く。。内陸はもっともっと暑いんでしょうね。

 

ところで本日7月3日は「ソフトクリームの日」だそうです!happy01

1951年の7月3日、明治神宮外苑で開かれた進駐軍主催のカーニバルの模擬店で、初めてコーンスタイルのソフトクリームが販売された日なんだそうです。へぇ~

 

ソフトクリームといえばのだ塩ソフト♪

20180703_IMG_4656.JPG

道の駅のだなのだ!

20180703_IMG_4655.JPG

お休みの日は行列ができます。

のだ塩ソフトクリーム一つ下さい!

20180703_IMG_4624.JPG

20180703_IMG_4631.JPG

熟練の技!

20180703_IMG_4637.JPG

ん~、美味しい。ほのかなしょっぱさがたまらない!

野田村の海水を煮詰めて作る「直煮製法」で作っている自然海塩・のだ塩と、野田村産の食用菊の粉末を使用した「のだ塩ソフト」。2004年に誕生して14年、村内外の皆さまに愛されています。

のだ塩ソフトレギュラーサイズが270円、ミニで220円、ジャンボは400円です!(暑い日は急いで食べましょう!)

 

 

また、ただいま夏季限定で、かき氷に野田村産100%の山葡萄ジュースと練乳をかけた『山ぶどうスペシャル』(270円)も!

20180703_IMG_4652.JPG

去年もご紹介しましたが、山葡萄の酸味がさっぱりとしていてヤミツキになるかき氷。heart01

トッピングは練乳とソフトクリームのどちらかを選べます♪

 

ほかにはアイスコーヒー、コーヒーフロートも夏季限定で販売中だそうです。

ドライブのお供にひんやりしたソフトクリームやアイスコーヒー、いかがでしょうか★

 

-データ-

道の駅のだ ソフトクリーム販売所
  〔住所〕〒028-8201 岩手県九戸郡野田村大字野田31-31-1
  〔営業時間〕【4月~10月】9:30~17:00 【11月~3月】9:30~16:30
  〔定休日〕 年末年始
  〔電話〕0194-78-4171




この記事が気になりましたらお気軽にコメントやシェアしていただければ幸いです。
野田村観光協会Facebookページはこちら

タグ:道の駅のだ

関連する記事

梅雨ですが、いい天気で暑い日が続いています。

土曜日に開催した野田村プチよ市もカンカン照りで日焼けしてしまうぐらいで、ビールが美味しそうでした!sun

 

 

さて今週末7/7土曜日、村保健センターにて『野田村ボランティアまつり』が開催されますsign03

模擬店・雑貨販売・体験コーナー・ゲーム大会・もちまきなど、ボランティアへの理解と交流を深める楽しいイベントです♪

青森県立保健大学さんによる書道パフォーマンスや、吹奏楽サークル演奏も!

20171014_IMG_9475.JPG

去年のイベント会場の様子▲

雨天時には保健センター屋内で開催するそうです。ぜひお誘いあわせの上ご来場ください。happy02

20180707volunteerfestival-001.jpg

 

-イベントデータ-

第5回野田村ボランティアまつり
  〔日時〕平成30年7月7日(土)午前10時~午後1時
  〔場所〕野田村保健センター(雨天時は屋内)
  〔駐車場〕野田村役場前広場
  〔主催〕野田村 野田村教育委員会 野田村社会福祉協議会


 


この記事が気になりましたらお気軽にコメントやシェアしていただければ幸いです。
野田村観光協会Facebookページはこちら

関連する記事

こんにちは!

昨日は暑くて、冷やし中華を食べました・・・。おそうめんも美味しい季節ですね。

 

さて、お中元シーズンです!

物産館ぱあぷるさんの御中元ギフト、いかがでしょうか♪

山葡萄ワイン、調味料、アイス、お素麺セットなんかもございます!

ぱあぷる野田村お中元ギフト2018

 

そうそう、ただいまネットぱあぷるでは、野田村産荒海ホタテの通販も行っています!

ただこちらは発送日が月2回で指定日不可となっているそうですので、詳しくはホームページにてご確認くださいね。

 

あと山葡萄ストレートジュース「森のぱあぷる」もおすすめです♪やっぱり夏バテには山葡萄ですね。

ご予算に応じていろいろな詰め合わせもできるそうです。

ご注文は店頭、電話・FAX、もしくは通販でどうぞheart01

 


この記事が気になりましたらお気軽にコメントやシェアしていただければ幸いです。
野田村観光協会Facebookページはこちら

関連する記事

秘密の花園

初夏の浜の花といえば、野田村花であるハマナスハマエンドウ

今年も撮らないうちに、その時期が過ぎてしまいましたweep

20180626_IMG_4515.JPG

だからって私を撮らないでよと逃げていく鴎さん・・

 

今は工事で、浜の植物を撮れるような場所もないから・・・とサボっている私ですが

実は県では、建設会社等と協力し、海浜性希少植物の保全活動を行っています。

 

20180626_IMG_4535.JPG

ここは野田地区防潮堤工事区域内。
県に許可を得てヘルメットを着用しなければ入れません。

 

この保全区域の土地柄いろいろな種が飛んできてしまうため除草を行ったり

多様な種類の植物が、どうすれば移植に耐えられたり増えるのか様々な方法を試み、生育状況をモニタリングしたりしているそうです。

20180626_IMG_4528.JPG

ハマヒルガオがたくさん!

 

20180627_IMG_4549.JPG

ハマナスは花も残っていますが、実になっているのも多い

 

寄せ植えを行っている保全地区内では年々増えてきてはいるものの

強い花ばかりではないので、植えた翌年なくなってしまう種類もあったそうです。

 

20180626_IMG_4532.JPG

マメ科のハマエンドウはもう終わりそう

 

 

最終的にここで保全している植物は別の場所へ移植しなければなりませんが

適した場所が近場にはないため、隣りの海岸である村内・米田地区(十府ヶ浦海岸)が候補地となっています

 

米田地区海岸防潮堤は来年度事業完了見込みなので

移植は2020年から三か年で行う予定だそう。

 

20180626_IMG_4540.JPG

さわやかな香りのハマボウフウ

 

同じ村の中といえど土質が異なるのか、

こちらで育つ植物があちらでは育たず、その逆もあったりするそうで

やはり極力近い場所への移植が理想的だそうです。

 

20180626_IMG_4543.JPG

ハマエンドウに少し似たナミキソウ これはまた可憐heart02

20180626_IMG_4553.JPG
 
松ぼっくりから伸びたという二年目のクロマツ。
やはりクロマツは塩に強いんですね。
 
 
秘密の花園には、浜風や高潮という環境の中でも生きる美しい植物の世界が広がっていました。

海浜性希少植物を出来る限り残したい、また更に増やしたいと、

様々な機関、たくさんの人が根気強くかかわり、保全活動を行っているおかげですね。

 

沿岸の美しい砂浜と植物を、未来にも残せると良いですね。

 

ご案内いただき、ありがとうございました。


この記事が気になりましたらお気軽にコメントやシェアしていただければ幸いです。
野田村観光協会Facebookページはこちら

タグ:復興事業

関連する記事

こんにちは!今月は総会だなんだと慌ただしく月末を迎えてしまいました。

ちなみに今日は「ろてんぶろ」(6・26)の日だそうで、国民宿舎えぼし荘さんでは本日入浴料がなんと半額。寿司スイーツバイキング、いいな~。(詳しくはこちらをご覧ください♪)

 

で、月末といえば野田村プチよ市、今週末ですsign01

20180526_IMG_3928.JPG

先月の様子

20180526_IMG_3914.JPG

盛岡発のクラフトビール「ベアレン」の樽生!

今回は定番のクラシック、レモンテイストの爽やかビールのラードラー、夏のヴァイツェン、黒ビールのシュバルツ、4種をご用意するそうです♪

 

20180526_IMG_3921.JPG

ookina monriさんのカラフルトルティーヤ(皮)のタコス!

20180526_IMG_3932.JPG

20180526_IMG_3934.JPG

フードコーナー、アクセサリー・ベビー用品・雑貨のハンドメイド販売も

20180526_IMG_3907.JPG

 

今回はフリーマーケット『ねま~るdeバザ~ル』も!

飲む人も飲まない人も、ぜひお誘いあわせのうえご来場くださいheart04

 

20180630petityoichi.jpg
 

イベントデータ-

第17回 野田村プチよ市
  〔日時〕平成30年6月30日(土)午後3:00~6:00
  〔場所〕ねま~る(岩手銀行野田支店様ななめ向かい)
  〔駐車場〕野田村役場前 村民広場
  〔問合せ〕野田村商工会 TEL:0194-78-2012



この記事が気になりましたらお気軽にコメントやシェアしていただければ幸いです。
野田村観光協会Facebookページはこちら

関連する記事

防潮堤を仰ぐ

こんにちは!

 

先日、ボランティアガイド・観光関係の皆さんで、野田村の海岸防潮堤を視察してまいりました。

20180618_IMG_4467.JPG

宇部川が海に流れ込む、野田海岸堤防の水門。
でっかっ!

20180618_IMG_4470.JPG

人だ!
てっぺんまで約24m。ビル6~7階建てに相当する高さ。

 

野田村内の主な復興事業は

などありますが

(多い・・あらためて7年の年月を感じます・・・coldsweats02)、

 

現在も盛んと工事が行われているのが

県道野田山形線の付け替え三陸沿岸道路

そして海岸防潮堤工事になります

20180618_IMG_4464.JPG

岩手県振興局土木部の方にご案内いただきました

 

防潮堤は高さ14m、これは明治三陸津波を想定した高さです。

(東日本大震災など最大クラスを想定した防潮堤は現実的ではないので、住民の避難を軸としたまちづくり事業で「多重防御」することになっています。sweat01

 

あのデカい水門は高さ24.3メートル・幅97.7メートルのコンクリート製。水門を渡り宇部川を渡ることもできるそうです。
ちなみに水門のてっぺんはT.P.24mですが、設計津波水位はT.P.18.5mで、その下の壁(防波堤っていうのかな)がT.P.13.85m。普代水門よりは低いですかね。

20180618_IMG_4465.JPG

岩手県では東日本大震災では水門や陸閘を閉めるため海へ向かった消防団員48人が津波の犠牲になったことを受け、津波警報などを伝える「全国瞬時警報システム」(Jアラート)で一括して自動閉鎖されるような仕組みになるそうです。

 

 

十府ヶ浦海岸の方に移動して、米田地区の海岸防潮堤も見学。

20180618_IMG_4479.JPG

きれいだな~ でも砂浜が減ったな~weep

20180618_IMG_4480.JPG

海岸の工事現場の中に、保護区域で花を咲かせるハマナスが見えますね。(もう大体咲き終わっちゃったかな?)

 

 

もしもしピット。普段ここに車を停めることは震災後あまりありません。

もう海は見えなくなるのか・・・と思いきや、

米田地区海岸堤防に合わせ、国道45号自体も2mほど嵩上げされるそうです。coldsweats02

20180618_IMG_4474.JPG

なお海岸防潮堤は、今年度中に野田海岸(0.5km)+前浜地区の林野海岸(1.3km)+米田地区海岸(0.8km)の全ての防潮堤を繋げ、津波防護効果の確保を図ります。

そして野田海岸防潮堤で2020年度、前浜地区防潮堤で今年度、米田地区海岸防潮堤で2019年度の事業完了を見込んでいます。

前浜地区の部分は完了しているものの、まだ全体が出来ていないこともあり一般が立ち入ることができるようになるのは先の事のようですね。

 

20180618_IMG_4491.JPG

米田地区海岸防潮堤の近くにある震災遺構『米田歩道橋』

野田村の震災遺構はコンパクトです

 

そこから車で移動すること約7分、

今年5月にオープンしたばかりの「木彫りの魚美術館 魚の番屋」様へも視察へsign01

20180618_IMG_4505.JPG

木彫りの魚美術館 魚の番屋

 

ここは野田村の現役漁師・深渡栄一さんが長年かけて製作した木彫りの魚が展示される美術館です。

館内には木から生まれた活き活きとした海の生き物たちがズラリ350点以上。(もう新作が何点か追加されていました!)

深渡さんにご案内していただき、様々なエピソードをお伺いしました。

20180618_IMG_4502.JPG

「木彫りの魚美術館 魚の番屋」についてはこちらをご覧ください。

 

防潮堤をガイドのコースに入れるのはまだまだ先の話になりそうですが、視野に入れつつ今後のガイドに活かして行きたいと思いますshine

ご案内いただいた皆さま、どうもありがとうございました。

 

この記事が気になりましたらお気軽にコメントやシェアしていただければ幸いです。
野田村観光協会Facebookページはこちら

タグ:震災ガイド, 復興事業

関連する記事

このページの上部へ

検索

プロフィール

岩手県九戸郡野田村(沿岸北部・三陸・三陸復興国立公園/陸中海岸国立公園・国道45号)の観光・物産・食、村の“ほっ”とな話題などをご紹介するブログです。

以前の記事