苫屋さんのつららとケーキセット

道の駅のだから車で約15分。
野田村、日形井(ひかたい)地区はほんのりと雪景色。


こちらは南部曲り家を利用し、民宿とカフェをやっている苫屋(とまや)さんです。

あまりアクセスの良い場所ではありませんが、くつろぎの時間を求めて苫屋ファンが連日足を運びます。


茅葺き屋根にたれるつらら。おお、今年初で見たなぁ・・・

日替わりランチもやってます

重い木戸の玄関を開けると、チリリリン♪と澄んだ鈴の音。


クリスマスの飾りが出迎えてくれました。かわいい~。


囲炉裏焙煎コーヒー。注文してからコーヒーミルでゴリゴリと挽いて入れてくれます。ハーッ。しみじみ美味しいです。


のだ焼のカップとお皿もまた素敵な至福のケーキセット¥550-でございます。(今日のケーキは、奥様お手製のチーズケーキ♪)

煙で燻されすっかり甘くなった干し柿のヘタを取る苫屋のご夫婦と、ペチャクチャおしゃべりしながら、のんびり・・・(=´ー`=)

・・・・

ハッ!
今日はどうして苫屋さんに来たかといいますと、新年しばらくはランチ(カフェ)もご予約だけにするらしいと聞いたので、確認をしにまいったのです。

なぜに電話せず直接足を運んだかというと(決して美味しいチーズケーキとコーヒーが目的ではなく!?)こちらにはお電話がないのです。

苫屋さんは、昔ながらのスローな時間を過ごせる民宿。それでお電話はなく、ご予約もお手紙・はがきでのやり取り。テレビもありません。

だからお手紙でまず
 「この日は、いかがでしょうか・・。」
そしたら苫屋さんから、
 「だいじょうぶですよ・・」
という具合 (だと思います・笑)


先客でいらっしゃっていた、「今日が88歳のお誕生日」というご近所のおばあちゃんとおしゃべり。(おめでとうございます~)

「 昔はなんもなかったから・・ 干し柿をぜひ夜食に食べてなー
 囲炉裏のうえに干してあんのぉ 食べっとき、はしご掛けてとったんだ」

やっぱり囲炉裏の火では、なかなか寒いわけですが・・・ 火に手をかざしておしゃべりしているとなんとなく懐かしいような暖かな気分になります。(=´ー`=)

・・・・

ハッ!またのんびりしてしまいました。


苫屋さんは来月1月~2月の2ヶ月間は、ランチ&カフェが【ご予約のみ】となるそうです。(宿泊はもともと予約制ですので、それはそのまま。)

3月からは通常通りの営業形態に戻るそうですので☆


というわけでランチ&カフェは今月中は予約なしでOKです。
1月・2月のご予約はお手紙・お葉書にてどうぞ。
■苫屋
〒028-8201 岩手県九戸郡野田村大字野田5-22
野田村観光協会の情報ページはコチラから


さて、すぐ近くにあるアジア民族造形館
こちらも年末12月31日から3月31日まで、冬ごもりに入ります。



ただいま、タイ・カレン族の高床式住居を改修中だそうで、工事の方がいらっしゃってました。柱はもう建て替えられていますねー。

とか見ていたらなんだか風が出てきて、畑の雪がブワアー!!

寒い~~!

耳、耳が痛い!ちぎれる!




来月になったら、重装備で冬ならではの景色も撮りに行こうと思います。


※ 道路は凍結している可能性があります。
  どうぞお洋服もお車も冬装備で、ゆっくりとおいでくださいね☆

(haru)


【関連記事】



タグ:カフェ, ランチ, 苫屋, 苫屋

関連する記事

※記事の内容は取材当時のもので、最新の情報とは異なる可能性があります。最新情報は直接店舗等にご確認ください。

コメントする

公開されません

その他の記事

最近の記事から

過去の記事から

このページの上部へ

お知らせ


検索

以前の記事

プロフィール

岩手県九戸郡野田村(沿岸北部・三陸・三陸復興国立公園/陸中海岸国立公園・国道45号)の観光・物産・食、村の“ほっ”とな話題などをご紹介するブログです。