普代村野田村で三陸ジオパークフォトロゲフェス開催

7月6日、普代村社会体育館を会場に、
『三陸防災復興プロジェクト2019』関連で『三陸ジオパーク フォトロゲイニング フェスティバル in 普代村&野田村 』というイベントが開催されまして、のんちゃんや(株)のだむら・国民宿舎えぼし荘さん、野田村役場の皆さんとスタッフとしてお手伝いをしてきました。

20190706_IMG_3125.jpg

会場の普代村社会体育館

当日は県内外47チーム・約130名の皆様にご参加いただいたそうです。

フォトロゲイニングという競技は2~5名で構成されるチームで参加し、地図をもとに時間内にチェックポイントの得点を集める競技だそうです。

この大会の前に、関係者スタッフでの実技研修を1時間ほど行いましたが、地図ではわからない距離感に、最後は遅刻ぎりぎりで走って大変だったんですが、初めての場所にたくさん行くことができで良い思い出です。(結局数分遅刻しました)

 

私も今回初めて知りましたが、同じように初めての方がたくさんいらっしゃいました。

20190706_IMG_3124.jpg

普代村のすっきー・えんぞうと一緒に、のんちゃんもおもてなしします

20190706_IMG_3127.jpg

がんばってねなのだ

競技時間(制限時間)は11時から夕方4時までの5時間。

スタートしたらチームごとに行動するので、ばらばらになります。

20190706_IMG_3157.jpg

チームで地図をたよりに、チェックポイントを目指してまわります。

20190706_IMG_3136.jpg

普代村と野田村のあいだはイベントの無料シャトルバスを使うことができました。

20190706_IMG_3143.jpg

チェックポイントは普代村、野田村エリアの三陸ジオパークのジオサイトや震災遺構、駅などの公共施設、観光名所や景勝地など、さまざまな場所が指定されています。

 

バスに乗っていると、颯爽と国道を走っているチームを見かけました!

この競技は、スポーツとして楽しむのもよし、観光を兼ね景色や食事、お買い物を楽しみながら参加するのもよいそうです。

20190706_IMG_3152.jpg

 

最後はお疲れの皆様のために、みんなで野田村産のブランドポーク南部福来豚を焼いて焼いて焼きまくりました。

普代村の上神田精肉店さんの昆布入り特製生たれもかけまくりました。

20190706_IMG_3164.jpg

普代村さんでは、豆腐田楽や三船製菓さんの“あいすきゃんでぇ”がお振る舞いとなりました。heart04

20190706_IMG_3159.jpg

普代村の豆腐田楽も美味しい!!

20190706_IMG_3167.jpg

ご参加いただいた皆様、朝早くから本当にお疲れ様でございました。

 

「三陸ジオパーク フォトロゲイニングフェスティバルin普代村&野田村」の大会結果
 


 


この記事が気になりましたらお気軽にコメントやシェアしていただければ幸いです。
野田村観光協会Facebookページはこちら

タグ:ウォーキングイベント, 三陸ジオパーク

関連する記事

※記事の内容は取材当時のもので、最新の情報とは異なる可能性があります。最新情報は直接店舗等にご確認ください。

コメントする

公開されません

その他の記事

最近の記事から

過去の記事から

このページの上部へ

お知らせ


検索

以前の記事

プロフィール

岩手県九戸郡野田村(沿岸北部・三陸・三陸復興国立公園/陸中海岸国立公園・国道45号)の観光・物産・食、村の“ほっ”とな話題などをご紹介するブログです。