病院も起工!

昨日は、のだ塩工房の火入れ式がありましたが・・・

「おしかわ内科クリニック」さんの病院施設の起工式もありました!

場所は、わかりますかね・・・・
野田村役場の隣です!

ほんでボランティアセンター(社協)のプレハブの後ろです!
「まるきん」さんの後ろでもあります!


野田村には病院は一つだけ。その病院が津波で流失してしまいました。

△震災後の写真

病院は住宅地の真ん中にありました。
海からの距離は500メートルぐらいだったそうですが・・・


今はこのとおり何にもありません。


押川先生は震災後ほどなく、避難所にもなった高校の近くにある総合運動公園・救護所で派遣医師と医療を再開。
それから3月末に村役場隣にある「総合センター」の一室に臨時開設、現在もそこで診療を続けています。



病院兼自宅を流失された中で、野田村で医療を続けてくださり
本当に村民の皆さんに感謝されています!!



「今は機材が何もなく、健康診断もできない状態。
 患者さんもいつも『早く病院ができるとよいですね』と言うので、完成が楽しみ。
 自分は今までどおり、自分にできることをやっていきたい」と押川先生。。



今、資材が足りないそうで、建物の完成は今年の7月頃になる予定だそう。
かさ上げして建築され、2階は住居に。
診療は8月頃から始められる予定だそうです。


先生ありがとうございます!!
これからも身体に気を付けてがんばってください(┬_┬)

人気ブログランキングへ (haru)

・野田村役場公式ホームページ(災害・復旧・生活などの情報はこちら)

タグ:のだ塩工房, まるきん, 震災と復興

関連する記事

※記事の内容は取材当時のもので、最新の情報とは異なる可能性があります。最新情報は直接店舗等にご確認ください。

コメントする

公開されません

その他の記事

最近の記事から

過去の記事から

このページの上部へ

検索

プロフィール

岩手県九戸郡野田村(沿岸北部・三陸・三陸復興国立公園/陸中海岸国立公園・国道45号)の観光・物産・食、村の“ほっ”とな話題などをご紹介するブログです。

以前の記事

お知らせ