津波のあとが残る西行屋敷跡

先日「西行屋敷跡」についてお問合せいただきました!
ありがとうございます!
野田村玉川地区、玉川海岸(玉川漁港)のすぐ近くにある「西行屋敷跡」



古くから歌に詠まれた名所「野田の玉川」(歌枕)は、全国に候補地が複数あります。
野田村の玉川もその一つで、玉川海岸には当地を訪れた歌人・西行(1118-90)の庵があった伝えられる場所があり、美しい景観が魅力です。
ここは野田村観光パンフにも掲載されている観光スポットの一つ。

玉川漁港まで来たらこの周辺でお車を停めて、徒歩で上がりましょう


徒歩でちょこっと上がると、左手に神社がありますねー。
木々に囲まれ、波の音がする、すてきな雰囲気のところです!!
そして右手には、玉川海岸が広がります。
いい眺め!!

ちなみにここ玉川海岸に流れ込む「玉川」という河川もあります

西行法師(さいぎょうほうし)は鎌倉武士でしたが、23歳で出家し、諸国を遊行。
天性の才能を謳われた、漂泊の歌人。花や月をこよなく愛した平安末期の大歌人で、後世にも多くの影響を与えた美しい和歌をたくさん残しました。
『百人一首』のお1人でもありますよ!
(興味のある方はもう少し詳しく書いた過去記事をご覧ください!!



そして、小高い丘の上にはこのように
歌枕「野田の玉川」に関係する句碑が建てられています。
が....
けっこう高い場所なんですが、津波で石が倒れています(-д-;)
「西行屋敷跡」の碑石がぁ~・・・
人の手で動かすのは無理(;´Д`A



こちらの句碑は台座にくっついていたらしく、無事

でも足元に丸い石がごろん

看板もちょっと残念なかんじに


復旧予定はありますが、まだ先送りようです。
港や道路の復旧工事が先ですから仕方ありませんね~


このような高い場所であっても、このような重い石であっても倒されてしまった
津波の恐ろしさを感じるのもジオ(lll´+д+)っ


そして西行法師だけではなく
遠い昔から、たくさんの人がこの玉川海岸の景色を見て心洗われた
そんな先人の想いを感じながらご覧いただくのもロマン∩(´∀`∩)★


あなたもすてきな秋の旅をお楽しみください。



-スポットデータ-

西行屋敷跡(さいぎょうやしきあと)
 〔アクセス〕道の駅のだ(三陸鉄道北リアス線 陸中野田駅)から車で約5.4km、約10分
  ※交通機関でおいでになる場合は、三陸鉄道北リアス線「野田玉川」駅を下り、海の方へ降りる道路を下り右手に進んでください。徒歩6分で玉川漁港に着きますので、右手の坂を登ると、右手に西行屋敷跡となります。

[#PARTS|USER|81447#]


(ハル)

【関連記事】



人気ブログランキングバナー 人気ブログランキング シーズンバナー
◆もっと岩手県ブログが読みたい方は 《人気ブログランキング・岩手》 へどうぞ~

タグ:三陸鉄道北リアス線, 道の駅のだ, 陸中野田駅

関連する記事

※記事の内容は取材当時のもので、最新の情報とは異なる可能性があります。最新情報は直接店舗等にご確認ください。

コメントする

公開されません

その他の記事

最近の記事から

過去の記事から

このページの上部へ

検索

プロフィール

岩手県九戸郡野田村(沿岸北部・三陸・三陸復興国立公園/陸中海岸国立公園・国道45号)の観光・物産・食、村の“ほっ”とな話題などをご紹介するブログです。

以前の記事