マリンローズパーク野田玉川 世界の地下宝石博物館へGo!

野田といえばマリンローズ。
学名を「ロードナイト(和名:ばら輝石)」という、日本では、なんとここ岩手県野田村でしか採れないというピンク色の宝石です。


今日は、ここ『マリンローズ野田玉川』に写真撮影に行ってきました。
観光協会に入って2度目の取材です~

広い駐車場。(写真左にある建物は、マリンローズとは別のといいますか、関係のない会社さんです。)


入口に向ってテクテク歩いていたところ・・・、ん!?


花壇が“マリンローズ”になっていました!わぁぁ。


中に入ると・・・・・・「寒い~!」
坑道なので(洞窟みたいなもんです)寒いのです。皆さんは上着をお忘れなく。



水も流れてるー



前半コースは今回、時間の都合もあったのでちょっとササッと通ってきました。
前のブログでたっぷりご覧いただけますヨ!

「このマネキン、ホクロまであるよ。リアル!」



そしてマリンローズ名物(?)コウモリ!若い女の子さんたちの声を聞きつけて飛んできたのか、けっこう飛んでいました。頭の上をサーッと飛んでいくので結構びっくりします。

怖いような、楽しいような、わくわくした探検気分になります。(笑)



マリンローズの前半コースは坑道見学、後半コースでは鉱石や化石、世界の様々な宝石の原石を見ることが出来るのです。パンフには「世界の地下宝石博物館」のアオリ(?)が入ってますよ!
今日は後半コースで写真撮影。


電気石(トルマリン)は熱すると電気を帯びるそうです。たくさんの石に触れられるのも嬉しいところ。
「ビリビリするかな?」




「アンモナイト!」 このへんじゃなかなか見れませんよね。



きれいなピンク色。紅水晶です。



キラキラ光るアメジスト。これ一つで、指輪が何個つくれるかな?



石好きの男性にも人気のマリンローズですが、女性も宝石の原石についつい魅入ってしまいます。



売店にはマリンローズをはじめ、ほかの宝石のアクセサリーやパワーストーンもたくさん。売店を眺めるのも楽しいです。
「ラピュタっぽい!」(←飛行石??)

ちなみに私が持っているのはコチラです♪ぽちっと付いたマリンローズがかわいいでしょ?

もっともっと、若い人向けのかわいいデザインも増えるといいなぁ。


マリンローズ野田玉川の税田(さいた)さん。「石が好きな方はぜひ、いらしてください」




鉱物マニア・洞窟マニア・重機マニア?など、密かなファンもいるマリンローズ。

11月から4月までは冬季の閉洞になりますので、ぜひ遊びにきてみてくださいね!


★マリンローズパーク野田玉川


入館料、営業時間など詳細は下記よりご覧下さい
野田村観光協会-マリンローズパーク野田玉川
0194-78-2138

【関連記事】



タグ:マリンローズパーク野田玉川, マリンローズパーク野田玉川, 山ぶどう狩り

関連する記事

※記事の内容は取材当時のもので、最新の情報とは異なる可能性があります。最新情報は直接店舗等にご確認ください。

コメントする

公開されません

その他の記事

最近の記事から

過去の記事から

このページの上部へ

お知らせ


検索

以前の記事

プロフィール

岩手県九戸郡野田村(沿岸北部・三陸・三陸復興国立公園/陸中海岸国立公園・国道45号)の観光・物産・食、村の“ほっ”とな話題などをご紹介するブログです。