パラリンピック聖火フェスティバル「のだ復興の火」

東京2020パラリンピック聖火リレーは、「パラリンピック聖火はみんなのものであり、パラリンピックを応援する全ての人の熱意が集まることで聖火を生み出す」という国際パラリンピック委員会(IPC)の理念に基づいて、2021年8月12日(木)から8月24日(火)のパラリンピック開会式までの移行期間に開催されます。

それに伴い、岩手県内各地でも採火が行われましたsign01

マイギリ式で火起こしを行う市町村も多かったようですが、野田村では「夢灯り」から種火が採られました。

20210811_IMG_8777.JPG

8月11日、打上花火「LIGHT UP NIPPON NODA」当日。
天気予報では夕方から曇りともなっていましたが、あいにく雨は上がらず・・・。

20210811_IMG_8771.JPG

雨天のため、展望休憩施設「ほたてんぼうだい」施設内で夢灯りが行われました。shine

20210811_IMG_8792.JPG

東日本大震災からの復興と未来への希望を込めて灯された夢灯り

20210811_IMG_8798.JPG

成人式の中止が決まった新成人のお二人が代表として種火を採りました。

20210811_IMG_8805.JPG

20210811_IMG_8809.JPG

挨拶をする小田村長

20210811_IMG_8823.JPG

20210811_IMG_8817.JPG

「のだ復興の火」は8/12,8/13、8/16に野田村役場村民ホールに展示され、展示終了後は盛岡市で県内市町村の人一つになり、東京都でパラリンピック競技大会の聖火となります。

展示日時

8月12日(木)13時~16時
8月13日(金)9時~16時
8月16日(月)9時~10時


この記事が気になりましたらお気軽にコメントやシェアしていただければ幸いです。
野田村観光協会Facebookページはこちら

関連する記事

※記事の内容は取材当時のもので、最新の情報とは異なる可能性があります。最新情報は直接店舗等にご確認ください。

コメントする

公開されません

その他の記事

最近の記事から

過去の記事から

このページの上部へ

お知らせ


検索

以前の記事

プロフィール

岩手県九戸郡野田村(沿岸北部・三陸・三陸復興国立公園/陸中海岸国立公園・国道45号)の観光・物産・食、村の“ほっ”とな話題などをご紹介するブログです。