LIGHT UP NIPPON NODA 2021 最終打

昨日8月11日、野田村としては最後となるLIGHT UP NIPPONライトアップニッポン NODA」が開催されました。
 
コロナ禍の中、今年も観覧会場を設けない形での開催となりましたが、ご近所の方々が傘をさして見に来ていらっしゃいました。happy01
 
 
2011年より東日本大震災の追悼と復興を祈り「東北を、日本を、花火で、元気に。」をキーメッセージに花火を打ち上げてきた一般社団法人LIGHT UP NIPPON。
野田村では2012年から開催していただき、今年で10回目となります。
これまでたくさんのご支援とご協力で花火を打ち上げてくださいました。
 
 
MVI_8828_Moment.jpg
 
あいにくのお天気rainだったけど、今年も希望の花火が野田村の夜空に咲きましたよshine
 
 
今年の「ライトアップニッポン」は野田村以外にも、全国10か所(北海道札幌市、岩手県 野田村、宮古市田老、山田町、大槌町、大船渡市三陸町越喜来、宮城県 気仙沼市片浜、石巻市、名取市閖上、福島県南相馬市萱浜)で花火が打ち上げられました。
 
MVI_8828_Moment2.jpg
 
約10分間、およそ300発の花火が上がりました。
 
MVI_8831_Moment.jpg
 
子どもたちが「アマビエ!」と叫んでました
 
 
 
「株式会社のだむら」さんから道の駅のだで販売している「のだ塩ソフト」の売り上げの一部を協賛金としていただくなど、多くの企業協賛金や花火募金が集まり、たくさん想いが、東北の夜空と、それを見上げる人々の心を照らしました。
 
LIGHT UP NIPPON 野田村実行委員長の佐藤仁昭さんは、「当初は10年も続くと思わなかった。支援してくれた皆さんのおかげ。今年は新型コロナ終息の願いも込めた。ライトアップニッポンの活動は続くと思うが、野田村はこれで最後となる。来年は地元の祭りで皆さんと花火を見上げることを期待したい。」と話しました。
 
 
 
lightappnipponnoda.jpg
 
たくさんの思い出があるライトアップsign01
イベント会場や打上場所も、復興状況と共に変化していきましたね。
 
 
今年9歳のお子さまは、生まれた時から毎年このライトアップの花火を見ていたことになります・・sign03
 
一般社団法人LIGHT UP NIPPONの皆様、有志である野田村実行委員会の皆様、またご支援いただいた皆様、10年間どうもありがとうございました。
 
 
 
 

LIGHT UP NIPPON2021開催概要(外部サイト)


この記事が気になりましたらお気軽にコメントやシェアしていただければ幸いです。
野田村観光協会Facebookページはこちら

 

 

関連記事

タグ:lightupnippon, 復興支援

関連する記事

※記事の内容は取材当時のもので、最新の情報とは異なる可能性があります。最新情報は直接店舗等にご確認ください。

コメントする

公開されません

その他の記事

最近の記事から

過去の記事から

このページの上部へ

お知らせ


検索

以前の記事

プロフィール

岩手県九戸郡野田村(沿岸北部・三陸・三陸復興国立公園/陸中海岸国立公園・国道45号)の観光・物産・食、村の“ほっ”とな話題などをご紹介するブログです。