道の駅のだ「ぱあぷる」の由来

道の駅のだでは、観光物産館と産直に「ぱあぷる」という名前が付けられています。
この由来、皆さんご存じでしょうか?eye
 
 
物産館の名付親は、のんちゃんの生みの親でもあるデザイナー・桜庭 昇さん
“ぱあぷる”(Purple)は紫のことですが、野田村の景勝地・十府ヶ浦を覆う赤紫色の小豆砂から名付けられました。
 
小豆砂は赤紫色をしていることから、「朝日を浴びた十府ヶ浦の海岸は紫色に輝く」と言われたそうです。
 
20210520_IMG_7507.JPG
 
昔に比べ数が少なくなったそうですが、海岸では確かにぽつぽつと小豆色の小石を見つけることができます。
 
 
 
ん?そういえば・・・
“朝日に染まった海岸”を、なんと私、まだ見たことがないじゃないですかsweat01sweat01
 
ということで天気予報と夜明けの時間をチェックして、(ものすごく珍しく)早起きして、野田港にやってまいりましたsign03
 
20210520_IMG_1668.JPG
 
え・・なんでしょうこの色!?怖いぐらい、濃紺からオレンジへのグラデーションが綺麗です。
 
20211025_IMG_1686.JPG
 
野田漁港の陸閘の脇に停車し、防潮堤の上へ登り、宇部川の水門の横に来ました。(カラスがすごいです。)
 
20211025_IMG_1690.JPG
 
船が出航していきます。沖にも何艘か光が見えますね。
目をこらすと、海から網を引き揚げていました。朝早くからお疲れ様です。bearing
 
 
 
にしても朝日がどこから出てくるのかも分かりません。
寒くて車に戻りたくなってきました・・・・
 
20211025_IMG_1719.JPG
 
あっ、あそこ(写真中央)、一段と赤が濃いところが!
 
20211025_IMG_1720.JPG
 
5:58。水平線に一筋の光が差し込みました。
 
20211025_IMG_1741.JPG
 
息を飲むほどきれい!!だるま太陽です。
 
水平線のところ、朝日の前を船が通り過ぎていきます・・・手前でも、港から船が出航し通り過ぎていきます。
昔の金曜ロードショーを思い出します。
 
20211025_IMG_1763.JPG
 
すごくいい景色を見させていただいて、なんだか漁師さん達に頭がさがるような気持ちになりました。
 
20211025_IMG_1786.JPG
 
撮ってそのまんまでこの色です。すごい。
 
20211025_IMG_1836.JPG
 
日が昇ったとたん、水面から蒸気が上がってきました。気嵐けあらし(蒸気霧)です。
 
20211025_IMG_1848.JPG
 
 
そうだ、砂浜は・・・
 
20211025_IMG_1876.JPG
 
紫色に染まって・・・
 
20211025_IMG_1886.JPG
 
るか・・・
 
20211025_IMG_1853.JPG
 
な・・・!?
 
 
20211025_IMG_1811.JPG
 
どっちかというと防潮堤がピンクに染まってました
 
 
小豆砂がもっとたくさんあったという当時は、砂浜も広く、塩を焚く小屋や、番屋や家があり、川べりには芦や韮が生え、ハマナスの群生もあったのでしょうか。
 
それにしても初日の出も見られないような私が、水平線に雲一つない好条件で朝日が見られたのは、本当にラッキーでした。
早起きして良かったなと思います。shine
 
(皆さんもぜひ・・・と言いかけて思いましたが、もしかして早起きの皆さんには珍しくない光景だったりしてcoldsweats01
 
20211025_IMG_1898.JPG
 
 
 
ぜひたくさんご応募くださいhappy02
 

この記事が気になりましたらお気軽にコメントやシェアしていただければ幸いです。
野田村観光協会Facebookページはこちら

タグ:十府ヶ浦, 日の出

関連する記事

※記事の内容は取材当時のもので、最新の情報とは異なる可能性があります。最新情報は直接店舗等にご確認ください。

コメントする

公開されません

その他の記事

最近の記事から

過去の記事から

このページの上部へ

お知らせ


過去記事

プロフィール

岩手県九戸郡野田村(沿岸北部・三陸・三陸復興国立公園/陸中海岸国立公園・国道45号)の観光・物産・食、村の“ほっ”とな話題などをご紹介するブログです。