山ぶどうジュース(原液)の作り方・お鍋で煮る編

前回記事の「山ぶどうジュース(原液)の作り方・つぶすだけ編」に続きまして、今度はお鍋で煮る方法をご紹介いたします!


 

ご用意するは、山ぶどうの生果。

とっても美味しい、野田村の生果が良いでしょう♪♪
 

《材料》


・ヤマブドウ(生果)・・・2kg(作りやすい量)
 ⇒800cc~1,000ccのジュースができます。

《道具》
・ホウロウ鍋、ボウル、ザル、ヘラかマッシャー、ジュースを入れる容器(瓶など)

 

《作り方》

☆準備
・ヤマブドウを房ごと流水で洗い、ザルなどにあげて水気を切ります。
・ヤマブドウを房からはずし、一粒ずつにします。

☆煮る

(1)粒を鍋に入れて火にかけ、ヘラやマッシャーで潰しながら火を通します。(加熱するとこすのが楽になり、色もきれいになります。)

tulip【ポイント】この時、煮立たせないようにご注意を!中火から弱火で、ゆっくり加熱しましょう。ふつふつとして山葡萄から水分が出始め、つぶしてみて実がやわらかくなっていればOKです。(5分~10分)

 

この潰す作業、量が多いとけっこう結構です。マッシャーがあるとラクそうです。


(2)粒が潰れたら、ボウルにザルを重ねて皮と種をこします(目が粗めの鉄製のザルがこしやすい)。
ヘラやマッシャーなどで実をしっかりと潰しながら、ジュースをこし取ります。ボウルに残ったものは、木綿などの布で絞ります。

【2番絞り】この絞りかすに、水(またお好みで砂糖)を入れて再度煮つめると、またジュースが取れます。(水のかわりにリンゴジュースを入れて煮てもOK!)
加水・加糖したものは、お子さま向けにちょうどよいですよ。



(3)瓶で保存する場合は、熱いうちに瓶へ移し、ふたをして逆さまにして冷まします。冷めたら冷蔵庫で保存します。



できあがり~!




お砂糖やハチミツなどの甘味を加えても、そのまま飲んでも・・・
くぅ~、もう1杯!

 

炭酸(ソーダ)で割ったり、焼酎で割って山葡萄チューハイも!



by 野田村山ぶどう生産組合レシピ でした☆


【関連記事】こちらも参考にどうぞ↓↓


【山ぶどう狩り】
めずらしい!!野田村の「山ぶどう狩り」のご案内はこちらから!(野田村観光協会)




タグ:山ぶどう狩り, 山ぶどう狩り

関連する記事

※記事の内容は取材当時のもので、最新の情報とは異なる可能性があります。最新情報は直接店舗等にご確認ください。

コメントする

公開されません

その他の記事

最近の記事から

過去の記事から

このページの上部へ

検索

プロフィール

岩手県九戸郡野田村(沿岸北部・三陸・三陸復興国立公園/陸中海岸国立公園・国道45号)の観光・物産・食、村の“ほっ”とな話題などをご紹介するブログです。

以前の記事