写真とお菓子とカメラマン

今日は午後より、野田中学校グラウンドの仮設住宅・集会所で、
ボランティア活動をされている「チーム北リアス・写真班」さんによる”お茶会”が行われましたー


災害時に集まった、泥だらけのアルバムや写真。
それをボランティアの皆さんが洗浄し、展示し、さらに探しやすいように選別したりファイリングしたりしてくれたそうです。

写真保管室として使用していた図書館が工事に入ったため、現在は「チーム北リアス」さんで保管していただいています。持ち主の分からない写真、まだまだたくさんあるんです。

スナップ写真や、お子さんや結婚式などのすてきな記念写真もあるんですよー。。



仮設住宅にお住いの皆さんを中心に、二十数名集まってくださいました!

「○○さんとこの○○ちゃんでない?」 「ああ、○○ちゃんだわ、ほに!」

皆さんアルバムをめくって、家族や知り合いを探します。



中には、めでたくアルバムを見つけお持ち帰りになった方もいらっしゃいました!
野田村に何度か来てくださっている、写真家の浅田政志さんが記念写真を撮っていらっしゃいました。

浅田政志さんは震災が起きた後、写真展を開いたことのある青森県八戸市に行かれたそうですが、その後沿岸沿いを南下し、たまたまここ野田村にいらっしゃり、
そのままボランティア活動をしてくださったそうです!


今日いらしてくださった皆さん10名ほどでしたが、
東京からだったり、八戸からだったり、北海道からだったりと遠方からも。

なんとありがたいことで・・・ ありがとうございます・・・。



ちなみに今回「お茶会」ということで、
めずらしいお菓子やお茶も出してくださいました!!

三重県の「柿の郷」? 銀座の和菓子「おとし文」?
北海道六花亭のバターサンド白い恋人!!

あ、あら 美味しそう・・・


えっ、あらあらあら すみません

浅田政志さんの出身県である、三重県の和菓子「柿の郷」だそうです。
ん、美味しーい!干し柿の中にこしあんが!

すみません。ごちそうさまです。


このお茶会でめでたく写真の主が分かった写真は、お名前を付けてピックアップ。


皆さんは、1枚でも多くの写真が持ち主の元へ帰るよう活動されています。
震災で生き残った写真に対する想いはまた特別。

始めこそ集めることから始まった活動だと思いますが、10カ月経った今もなお、このような活動までしてくださっているんですね。(この集まりは2度目だそう)


集まった仮設住宅の皆さんも、賑やかに談笑してとても楽しそうでした。
どうもありがとうございました。


というわけで、写真保管室代表・野田村出身の期待の星☆小田さんでした。

日帰り、おつかれさまです!!



【関連記事】




人気ブログランキングへ (haru)

・野田村役場公式ホームページ(災害・復旧・生活などの情報はこちら)

タグ:写真展

関連する記事

※記事の内容は取材当時のもので、最新の情報とは異なる可能性があります。最新情報は直接店舗等にご確認ください。

Comment [1]

No.1

TITLE: No title
SECRET: 0
PASS:
>がんづきさん

ほんとですね!素敵な写真、たくさんありました。

ぜひ持ち主の方に見つけてもらいたいものです。

ボランティアに参加していただいて、本当にありがとうございます。。

コメントする

公開されません

その他の記事

最近の記事から

過去の記事から

このページの上部へ

検索

プロフィール

岩手県九戸郡野田村(沿岸北部・三陸・三陸復興国立公園/陸中海岸国立公園・国道45号)の観光・物産・食、村の“ほっ”とな話題などをご紹介するブログです。

以前の記事