みちのく潮風トレイルウォーキングin野田コース:その2

さぁ、「みちのく潮風トレイル」野田村コースも後半!(前半の記事はこちら

玉川海岸から国道45号を目指します。


第一関門、玉川海岸からの登り道(第三関門中)

国道に通じる道があるとは聞いていたけれど・・・ここは初めて通ります
大きめの石がゴロゴロあって歩きづらい。

7分程で国道45号へ出ました。

これは立入禁止看板ですが、トレイルを歩く方は通行可能だそうです

国道45号に出たら左へ進みます。

おお、どんぐりがいっぱいだ

5分弱で次の右折ポイント。(11:20)

ここから再び国道を離れ、国民宿舎えぼし荘を目指し、山道を45分ほど歩きます。(えぼし荘までは約1時間10分)

ショートカットしたい方はこのまま国道45号を行きましょう...


第二関門、玉川の山道
ここからは初めて行くので未知の道です

 

民家もなく完全に山の中。マイナスイオンたっぷりの緑あふれる道です。

もし一人ならちょっと心細いけれど
素敵な小道ですね!

アスファルトから土の道に変わっていき、進むにつれ車の通行は無理そうに。


コドモハ元気ダネー( ;´-`)

***40分後***

だいぶ歩きました、だいぶ遅れました。(汗)

いや、疲れてなければいい道なんですよ。疲れてなければ・・



11:56 ここで曲り道、左折です。


杭が建ってました

ここを曲がれば、あと10分足らずで道路に出ます。最後の登り…


12:04 道路に出ました! やった、抜けた!


ここを左へ・・、ここからは下り道です!


枝分かれしているところもありますが、道なりにずーっと下って行きます。


道路に出てから約25分。
国民宿舎えぼし荘の3階が見えてきました。



12:30 第3休憩ポイント『国民宿舎えぼし荘』到着~!


ここで持参したおにぎりや、のだ塩ソフトクリームを食べる方も(´▽`)

今日はイベントなので休憩だけですが、えぼし荘さんのレストランで昼食をとったり、日帰り入浴(海の見える露天風呂あり)も可能ですよ!
のだ塩工房」もすぐそばにあります。

12:35 しゅっぱーつ。最後尾なので、あんまり休憩してません..

国民宿舎えぼし荘から出発し、右上の道路を上がって行きます。


真新しい家がならぶ下安家の高台団地

 

鮭の人工孵化事業に大きく貢献した島川直英翁像と縁結びの樹のある下安家園地を抜けます。


島川直英翁像

縁結びの樹。
裏側を見ると、まさに肩を抱いているようですよ!

 

ここからは海と三陸鉄道の橋梁が見渡せるので、良い写真撮影スポットでもあります。


すばらしい眺望

縁結びの樹の左側にある歩道から、下安家地区へ降りて行きます。
手すりも整備された歩道ですが、けっこう急!


第三関門の下り坂(10分ちょっとですが)
ぐぐぐ、つま先が痛い

 

下安家の住宅地が見えてきたー

ところどころにある”庚申塔”ってなんでしょう...?
 

降りるとサケマスふ化場が目の前に。
震災で壊滅的被害を受けながらも、その年の秋からふ化事業を再開させた下安家漁協さんです。


鮭の見事なジャンプが見れました!!

清流・安家川(あっかがわ)にかかる橋を渡り・・・


上に見える三陸鉄道北リアス線の安家川橋梁は高さが33mあり、列車に乗っていると車窓に太平洋が広がる三陸鉄道一の絶景ポイントになります。


左手にある小野旅館さんを過ぎ、国道45号に出るとまた海!


ここを右折、普代方面へ向かいます。
通行量の多い国道45号を歩きますので注意しましょう。


13:05 堀内こ線橋を通過後、左折(国道横断注意)


ここまでくればゴールは目前!
 

ゴールでは、おふるまいの昆布饂飩が待っているはず・・・「うどん・うどん・うどん!」と呪文を言いながら頑張ります。


ここも三鉄の線路がすぐ脇を通る、素敵な道です。

下って行くと海が見えました☆ 漁港が見えます。


漁港の反対側、右上の高台に見えるのは三陸鉄道の「堀内」(ほりない)駅。


例の「アイドルになりたーーーい」駅

海沿いの道路です♪


あー、見えてきた見えてきた・・!
 

わぁ~!! なんとわんこきょうだいのこくっち・のんちゃん・普代の特産品PRキャラクターの昆布ブラザーズがお出迎えしてくれました!!


13:20 「まついそ公園」(普代村)にゴールです~★

思わず「バンザーイ!!!」\(TωT)/




会場では美味しそうな食べ物がたくさん!


参加者におふるまいされた、普代村の昆布饂飩!


そして野田村産のホタテ焼!


いっただきまーす

うまー・°°・(((p(≧□≦)q)))・°°・。

帳消し!

疲れ帳消し!


そして会場のステージには、普代村役場のもりたさん、なんちゃって海女さんや、テレビ『電波少年』の懸賞生活で一躍有名となったタレント・俳優の「なすび」さんが!!


なすびさんはゲストウォーカーとして普代村コースを歩いてくださいました!!!

ご存じの方もいらっしゃると思いますが、なすびさんは福島のご出身。東日本大震災以降は復興支援に力を入れ、福島の復興と再生を願い世界最高峰エベレスト登頂を目指す挑戦も進行中です。

エベチャレ ~なすびの福島パワーアップ的エベレスト登頂計画~
http://i-shishi.jp/sagasu/evechalle.html



今回私が歩いたのは野田村ー普代村北部区間の半分である野田コースでしたが、北三陸の潮風を感じながらウォーキングすることが出来ました!

ただルートマップだけではわかりづらいかもしれません。
トレイルを利用する皆さん、ぜひ地元の皆さんにお気軽にお尋ねください。
そして地元の皆さんも、ハイカーさんを見かけたらあたたかくあいさつしましょう♪

ご参加された皆さん、お疲れ様でした!

info01このイベントの様子は、めんこいテレビ「のだむら通信」にて11/1(日)朝8:55~放送されます!
 

―Data―

みちのく潮風トレイル

 『みちのく潮風トレイル』とは、被災した太平洋沿岸部を中心に北は青森県八戸市から福島県相馬市までの道をつなぐ700kmのロングトレイルコースのこと。「トレイル」とは、森林や原野、里山などにある「歩くための道」を指す。歩くスピードで旅することで、車の旅では見えない風景、歴史、風俗や食文化などの奥深さを知り、体験する機会を提供する。
 
▼ルートマップはウェブ上で公開されているほか、取り寄せることもできます。
みちのく潮風トレイル 野田村~普代村北部区間

http://www.tohoku-trail.go.jp/static/route/route09.html

「みちのく潮風トレイル」のお問合せは下記まで
http://www.tohoku-trail.go.jp/contact



この記事が気になりましたらお気軽にコメントやシェアしていただければ幸いです。
野田村観光協会Facebookページはこちら

タグ:みちのく潮風トレイル, ウォーキングイベント, 国民宿舎えぼし荘, 普代村

関連する記事

※記事の内容は取材当時のもので、最新の情報とは異なる可能性があります。最新情報は直接店舗等にご確認ください。

コメントする

公開されません

その他の記事

最近の記事から

過去の記事から

このページの上部へ

検索

プロフィール

岩手県九戸郡野田村(沿岸北部・三陸・三陸復興国立公園/陸中海岸国立公園・国道45号)の観光・物産・食、村の“ほっ”とな話題などをご紹介するブログです。

以前の記事