開業にむけて始動する野田村ワイナリー

今日は小正月行事でした。とても寒かったですが、賑やかに行われましたよ~~。
そのご紹介はまた後日としまして、今日は新春インタビュー第2弾!


さて若干前の話ですが、野田村の「山葡萄ワイン紫雫」が「Japan Wine Competition(日本ワインコンクール)2015」で2年連続の銅賞を頂きました!!

物産館にずらーりと並んでおります!

昨年の秋に村内で収穫された山葡萄で作った紫雫2016も、3月に新酒として登場する予定です。楽しみですね~~❤





さて皆さんは野田村にワイナリーができるというウワサ、聞いたことありますか!?

実はこの野田村ワイナリー(仮)、
建物自体は今年3月に完成予定なんです!

えっ、すぐじゃないの!ほんとに??ということで、
(株)のだむらの坂下さんにお話を聞いてきました!




ここは村内にあるマリンローズパーク野田玉川(野田玉川鉱山跡)
その隣にあるのが、野田村ワイナリー(仮)として生まれ変わる建物です!

旧レストハウスを改修してワイナリーになります
 

――ここにはどんな施設ができるんですか?

(坂下)現在は(株)のだむらで倉庫として利用していますが、この建物がワイナリーになります。
ワイナリーとしては小さいですが、まずは6トン(8千本)のワインを作るのが目標です。現在の委託醸造で4千本なので、2倍となりますね。

その左側にテイスティングできる建物を新しく作ります。完成は3月末の予定で、ワイナリーの名称はこれから一般公募します。

「この海が見える場所にテイスティングカウンターができます!!」

――運営はどちらが?

(坂下)野田村の第三セクターの企業、株式会社のだむら(社長・小田祐士村長)です。のだ塩製造部門に続き、ワイナリー部門ができるわけですね。

マリンローズパーク野田玉川(現在冬期につき休洞中)
坑道内は年間を通して安定しているので、ワインの保管に最適。

 

目の前の公園には親子が遊びに来ていました
 

――なぜ野田村にワイナリーを?

(坂下)野田村は県内2位のヤマブドウ産地です。

野田村のヤマブドウは品質が良く、村やヤマブドウ生産農家さんの未来のためにも、地元ワイナリー開業は社長の夢でもありました。
そこに復興支援で「のだ塩」を使っていただいていた(有)ネパリ・バザーロさん(横浜)との出会いから、この話が動き出しました。

地元ワイナリーを開設し、オリジナルワインを醸造し、観光、交流人口を増やすという目標のもと、地元の震災復興を進めるために発足した「野田村山ぶどうプロジェクト」(※)として販売面などで協力・ご支援をいただいています。


野田村は県内2位のヤマブドウ産地。
ヤマブドウワインも好評いただいています!

――ワインの醸造は、坂下さんが務めると聞きましたが・・。

(坂下)はい。私が醸造長となり、もう1~2人補助として付いていただくことになっています。
10月末から12月末までの3ヶ月間、岡山県の「ひるぜんワイナリー」さんで研修を行ってきました。

11月末、雪に包まれるひるぜんワインさん(坂下さん提供)

――坂下さんは今まで、国民宿舎えぼし荘さんでの支配人、またシニア・ソムリエとしてご活躍されていましたが、ワイン醸造の研修はいかがでしたか。

(坂下)タンクを洗ったり、撹拌したりと、とにかく肉体労働でしたが、ひるぜんワインの皆さんにはとても良くして頂きました。
研修としては短い期間でしたが、3カ月間色々な事をさせていただきましたし、大変勉強になりました。
今までソムリエという飲む立場だったので、作る立場に立って随分見方が変わりましたね。


岡山のワイナリーで研修生として働く坂下さん
(ひるぜんワインさん撮影、坂下さん提供)


――ここではいつワインの醸造が始まる予定ですか?

(坂下)今年の秋から醸造開始になります!
建物が完成したら許可を取ったり、タンクなどの設備や備品の準備をしたり、その他諸々・・秋の醸造に向けてやることが山積みですね。



――どのようなワインができるんでしょうか。

(坂下)野田村産の山葡萄はとても品質が良い。この山葡萄を使って、複雑な味わいで芳醇な風味を大切にしたヨーロッパスタイルのロゼ・赤の2種類を作りたいと思っています。

できれば二次発酵までさせ、樽に寝かせて香りを付ける。熱処理せずフィルター殺菌で作る”生詰ワイン”で、なるべく手を加えないワインにしたいと思っています。

『タンクで醸造した後、樽で寝かせて香りを付けたい』

――ワイナリーへの想いを聞かせてください。

(坂下)ワイナリーはいろんな可能性があります。観光もだが、地元のコミュニティになるような場所にしたいし、“地酒”として野田村のワインをもっと広げたい。そして願わくばヤマブドウ生産者も増えるなど、生産農家さんが夢を持てるよう、皆さんに愛される良いワインを作りたいですね。




「応援してくれる皆さんのためにも頑張りたい」と坂下さん。
ワイナリーの本格始動は秋から。皆さんもぜひ応援をお願いします!!
 


★野田村ワイナリーサポート会員募集中です!★
商品購入代金(1口2万円or5万円)を先にお支払いただくことにより、ワイナリーの施設建設や機械設備資金が得られます。2017年から5~6月頃、商品をお届けします。

▼野田村ワイナリー サポート会員制度のご案内(野田村山葡萄倶楽部)
http://yamabudou.jp/nodamurawinery/




-問合せ先-

株式会社のだむら(観光物産館ぱあぷる)
  〔TEL〕0194-78-4171 〔FAX〕0194-78-3370




 

 

(※)「野田村山ぶどうプロジェクト」・・・多くの社会貢献活動を行っている神奈川県の有限会社ネパリ・バザーロ(代表/土屋春代さん)により、東日本大震災の長期支援として2015年にスタートした。詳細については有限会社ネパリ・バザーロの、「東日本大震災支援活動 活動報告」(PDFファイル)よりご覧ください。

 

この記事が気になりましたらお気軽にコメントやシェアしていただければ幸いです。
野田村観光協会Facebookページはこちら

タグ:マリンローズパーク野田玉川, 国民宿舎えぼし荘, 野田村ワイナリー, 野田村ワイナリー, 涼海の丘ワイナリー

関連する記事

※記事の内容は取材当時のもので、最新の情報とは異なる可能性があります。最新情報は直接店舗等にご確認ください。

Comments [2]

No.1

TITLE: No title
SECRET: 0
PASS:
ワイナリーサポート、申し込みしちゃいました!

買って持ち帰るの、けっこう大変なんですよね…送ってもらえるなんてラッキー!

まだ先だけど、出来上がりを楽しみにしています。

No.2

TITLE: No title
SECRET: 0
PASS:
> aokage08452さん☆

なんと??!!ヽ(〃゜△゜〃)ノ

どうもありがとうございます。。。。

有り難いです。私も出来上がりが楽しみです!!

コメントする

公開されません

その他の記事

最近の記事から

過去の記事から

このページの上部へ

検索

プロフィール

岩手県九戸郡野田村(沿岸北部・三陸・三陸復興国立公園/陸中海岸国立公園・国道45号)の観光・物産・食、村の“ほっ”とな話題などをご紹介するブログです。

以前の記事