台湾友好演奏会inのだ

先週土曜日、『台湾友好演奏会inのだ』(主催:野田村文化スポーツプロジェクト実行委員会/関本満会長)が開催されました!

20180721_IMG_4858.JPG

野田村は2020年東京オリンピック・パラリンピックに向けて「復興『ありがとう』ホストタウン」として台湾との交流を行っています!

 

「復興『ありがとう』ホストタウン」とは、被災3県(岩手・宮城・福島)の自治体を対象に、震災支援してくれた海外の国・地域に復興した姿を見せつつ、住民との交流を行い、2020年東京オリンピック・パラリンピック競技大会に向けた交流を行うものです。

岩手県内では大船渡市で米国、花巻市で米国・オーストリア、野田村は台湾、陸前高田市はシンガポール、釜石市ではオーストラリアとなっているそうです。

 

20180721_IMG_4857.JPG

ホワンインライ(ようこそ)イエティエン(野田へ)
台湾の公用語は中国語。挨拶は「ニィハオ!」ですhappy01

 

演奏会では、台湾から邱建富・彰化市長を総団長として、彰化ジャンファー市立管弦楽団、汐止シーチュウ城市愛楽管弦楽団、狂響クワンシャン管楽団が参加し、野田村の野田小学校合奏団・野田中学校吹奏楽部、野田中創作太鼓などと共演し、音楽を通して台日友好交流を深めました。

20180721_IMG_4885.JPG

美しい音色の演奏を披露する楽団の皆さん。

20180721_IMG_4887.JPG

野田中学校では、東日本大震災後「村を元気にするため何ややってみたい」という想いをきっかけに創作太鼓を始めました。

台湾・台北中正ロータリークラブより寄贈していただいた太鼓も使用し、力強い演奏を披露しました。

20180721_IMG_4871.JPG

 

演奏会終了後には交流会も行われ、野田村文化スポーツプロジェクト実行委員会(関本満会長)でおもてなしをしました。

20180721_IMG_4914.JPG

外では、野田村自慢の荒海ホタテの素焼きや手作りの豆腐田楽、ホタテ焼きそばをどんどん焼いていきます。焼いても焼いてもすぐなくなりましたが、好評で良かったですね~sweat01

20180721_IMG_4906.JPG

20180721_IMG_4920.JPG

20180721_IMG_4909.JPG

餅つきも行われました!搗きたてのお餅美味しかったかなnotes

20180721_IMG_4934.JPG

そして最後のお別れ&お見送り・・・ 「シェシェ~!」「ありがとう!」

20180721_IMG_4945.JPG

 

東日本大震災では、台湾よりあたたかいご支援・また義援金をたくさんいただきました。たくさんの台湾の方々が手を差し伸べてくださったことに心より感謝です。本当にありがとうございます。

 

野田村の皆さんは、元気な姿を見せ、感謝を伝えられたのではないでしょうか。

はるばる台湾から来てくださった皆さん、ありがとうございました。

 


この記事が気になりましたらお気軽にコメントやシェアしていただければ幸いです。
野田村観光協会Facebookページはこちら

関連する記事

※記事の内容は取材当時のもので、最新の情報とは異なる可能性があります。最新情報は直接店舗等にご確認ください。

コメントする

公開されません

その他の記事

最近の記事から

過去の記事から

このページの上部へ

検索

プロフィール

岩手県九戸郡野田村(沿岸北部・三陸・三陸復興国立公園/陸中海岸国立公園・国道45号)の観光・物産・食、村の“ほっ”とな話題などをご紹介するブログです。

以前の記事