blog_eyecatch.jpg

ひと針ひと針思いを込めた“つるし雛”

今日は、野田村総合センターに来てみましたー

役場の斜め向かいだよ。日曜日にはここで成人式があったんだよね。



今日のお目当てはこれっ!ただいま玄関ホールに飾られている
“つるし雛”です。

村の文化祭でも飾ってたよね~


“つるし雛”というのは、長女の初節句に無病息災、良縁をお祈りして作るものだそうで、その子が成長するとどんと焼きで炊き上げてしまうらしいです。
こんなに手間隙かかってそうなのに~~!?

静岡県の伊豆稲取地方の風習らしいですが、最近ではつるし雛の本(型紙なんかが付いた)も出ていて人気のようですよっ。とにかく50種?ぐらいと種類が多くて、それぞれに意味があるらしく...確かに本の出版のし甲斐がありそうです。


ささやかな展示スペースではありますが、どれもこれもかわいらしくて、本当にもう女の子らしさを感じます。



おくるみ赤ちゃんが特にかわいい~~

思わずちゅーしちゃうね


こっちは昔話に出てくるしたきりすずめみたい。


金魚とか、蝶々とか、亀とかめじろうぐいすひよこ巾着 もういろいろあります。


そうそう、今年は兎年ですもんね。

これは商工会女性部の皆さんが手づくりしたものなんですが、見れば見るほど細かくて・・・、本当によく作れるなぁ~~と感心しちゃいます。


ん?のんちゃんがいないと思ったら・・・ そんなとこに!


こんなのもしてました。おおっと、15時まで。終わってました。。

今週いっぱいですね!


岩手県花巻市では八日市ひなまつりというのがあって、そちらでもたくさんの素晴らしいつるし雛飾りを見られるそうですっ。

このつるし雛は野田村総合センター(村民体育館隣)玄関ホールにて今月(1月)いっぱい飾っているそうですので、「興味はあるけど、花巻までは行けないな・・・」という方は、ぜひ覗いてみてはいかがでしょうか☆


★野田村教育委員会


Tel:0194-78-2936
日曜日はお休みです

(haru)

◆もっと岩手県ブログが読みたい方は、人気ブログランキングへどうぞ~

タグ:のんちゃん, ひなまつり

関連する記事

※記事の内容は取材当時のもので、最新の情報とは異なる可能性があります。最新情報は直接店舗等にご確認ください。

コメントする

公開されません

その他の記事

最近の記事から

過去の記事から

このページの上部へ

検索

プロフィール

岩手県九戸郡野田村(沿岸北部・三陸・三陸復興国立公園/陸中海岸国立公園・国道45号)の観光・物産・食、村の“ほっ”とな話題などをご紹介するブログです。

以前の記事