被災写真をリメイク!

昼、野田村役場前にはい~いにおい・・・・




タイガーマスクさんが青森・黒石やきそばを!?





わぁぁ♪ 焼きそばがつゆに!?? 

お、おいしそう。。







そして、野田村役場のすぐ近くにある小林フォトさんの方では・・・

東北地区の写真館の団体「東北PGC」さんによる、写真復元サービスが行われました!


津軽衆有志野田村支援隊さん、ありがとうございます。

今日6月1日は写真の日なんですって!知らなかったー





泥と塩水で汚れた写真は、放置しておけば変色が進み退色してしまいます。

これからの季節、カビも生えてくるそうです!


大切な写真は、早め・早めに複写しておくことがおすすめだそうです。







皆さん、とっておきの写真を選んでまいります

じっとりぬれてカビているものも。





写真のほこりを払い、カシャ!




フォトショップで汚れやこすれを補正




そしてプリントすると・・・・(この機械は今回小林フォトさんに入ったばかりだとか!)






ええ!?なんということでしょう!

こんなにきれいになるんですか!

お顔部分はボカシましたが、右が被災写真、左が復元した新しいものですよ。

印字面が剥がれて白くなってしまっている部分も補正してくださっています。いくらソフトがあるとはいえ、これは手間がかかる作業でしょう。。




そして、すてきな台紙にはさんでいただき・・・納品です!

この写真は、見本品(?)の小林さんご夫妻。(これがまたとってもすてきな写真でした☆☆)





本当に1枚1枚、ていねいに作業されていました。すばらしい職人技。



今回、この手間のかかる複写作業が『1枚目は無料』ということで行われました!

すばらしいサービスです。



本来のお値段はこんなかんじだそうです




なんと来月7月にも行われる予定だそうですので、今回を逃した方はぜひ次回ご利用されてみてはいかがでしょうか♪



もし自分で持っていれば、スキャナかデジカメを使ってできるので、「大事なのは早めに複写しておいた方が良いよ」とのことでした。





今回は青森県弘前市、そして久慈市の田表写真館さんからも応援スタッフさんが駆けつけてくれました。

小林ご夫妻と田表写真館さんの1枚。


こちらの小林フォトさんも1階店舗は被災され、建物や機材の損傷も大きかったそうなのですが、現在再建に向け動いているそうです。





こうしてご支援してくれる皆さんがいること、大変ありがたいです。


弘前市の皆さんをはじめ、どうもありがとうございました!


 

【関連記事】


 現在、野田村生涯学習センターにて被災写真の展示を行っています。写真の持ち主(お名前)が分かるだけでも返却に大変助かると思いますので、ぜひ足を運んでみてください。


 

(haru)

・野田村では災害義援金を受け付けています

・野田村役場公式ホームページ(災害・復旧・生活・ボランティアなどの情報はこちら)


 

タグ:久慈市, 復興支援

関連する記事

※記事の内容は取材当時のもので、最新の情報とは異なる可能性があります。最新情報は直接店舗等にご確認ください。

コメントする

公開されません

その他の記事

最近の記事から

過去の記事から

このページの上部へ

検索

プロフィール

岩手県九戸郡野田村(沿岸北部・三陸・三陸復興国立公園/陸中海岸国立公園・国道45号)の観光・物産・食、村の“ほっ”とな話題などをご紹介するブログです。

以前の記事