”そとうみ”で育ったよ!野田村産『荒海ホタテ』

今朝はストーブのスイッチを入れたくなりました。
そのうち太陽の光で暖まってきたので、まだもうちょっとがんばれそうです。

さて~

今日は野田村自慢の荒海ホタテの紹介です!!!
一般的な養殖ホタテは内湾で育てますが、
野田村では外海(そとうみ)で育てられます。
これが「ホタテには天国、漁師には過酷」!!(-д-;)波が高く 潮の流れが速い外海(そとうみ)は、
きれいな海水が淀まずに流れ、エサとなるプランクトンが豊富!

さらにホタテの成長段階に合わせて
サイズの違う養殖用ネットに入れ替えたり、
のびのび動けるよう丁寧に育てています。




漁師にとってはリスクの大きい育て方ですが、苦労の甲斐あって
「甘い」「しっかりとした貝柱」「確かな食べごたえ」
市場関係者から高い評価をいただいてるそうです!!

超旨いよ?
この人口4,500人の小さな村で、せっかく他とは違う作り方で頑張ってるんだから
地元漁師や水産関係者で団結していこうよと
今年の7月、「荒海団」(あらうみだん)を結成!o(= ̄へ ̄=)o
これには大手飲料・キリングループ様からのご支援をいただきました!
結団式の様子はこちらなのだ!



ロゴマークは外海(そとうみ)の荒々しさを表現


この荒海ホタテを使ったイベント
来週の9月26日金曜日、横浜市にあるフレンチレストラン「HANZOYA」様にて開催してくださるそうです。


HANZOYA様のホームページを拝見する限り
なんかすばらしい店内です。
オラ、こんなとこいった事ねえだ!



HANZOYA様の代表でもある加藤シェフは
横浜からはるばる岩手野田村へ何度かお越しいただいているそうで(なんと)
野田村産ホタテにほれ込んで使ってくださってるんだとか・・・。(ななんと)
(その時の模様⇒https://www.facebook.com/kofukusya


HANZOYA様ありがとうございます!!

というわけで
HANZOYA―「フレンチで味わう郷土食材の魅力 岩手県野田村」
【日時】2014年9月26日(金)19:00~ 【料金】お一人様 ¥10,000-
メイン食材は野田村産『荒海ホタテ』。
当日、会場には野田村の匠の生産者たちがお食事とともに「野田村の食材」について楽しくお話しを交えていきます。

詳しくはこちら!



『私もヨコハマへ連れてって♪』といいたいところですが
道の駅のだで売っているのだホタテ弁当を食べたいと思います。(TmT)




-荒海ホタテ情報-

info01ベアレンオクトーバーフェスト2014(盛岡)
 9/21(日)~23(火・祝)に盛岡市で開催される工場ビールまつり「ベアレンオクトーバーフェスト2014(ベアレン醸造所北山工場前)では、9月23日(火・祝)のみ野田村漁協が出店いたします!

info01材木町よ市(盛岡)
 盛岡市材木町で4月~11月の毎週土曜日に開催している材木町よ市では、毎月第1土曜日に野田村漁協が出店いたします!

info01テレビ出演情報
 毎週土曜夕方6:30から放送しているめんこいテレビ「山海漬」11月1日(土)は30分まるまる荒海ホタテ特集です!

<お問合せ先>荒海団 営業センター
  〔住所〕岩手県九戸郡野田村大字野田36-219(野田港)
  〔TEL〕0194-78-2101 /Fax:0194-78-3534
  〔ホームページ〕http://araumidan.jp/

(ハル)


人気ブログランキングバナー 人気ブログランキング シーズンバナー
◆もっと岩手県ブログが読みたい方は 《人気ブログランキング・岩手》 へどうぞ~

タグ:道の駅のだ

関連する記事

※記事の内容は取材当時のもので、最新の情報とは異なる可能性があります。最新情報は直接店舗等にご確認ください。

Comment [1]

No.1

TITLE: No title
SECRET: 0
PASS:
>mana様

本当ですね・・・!

せっかくご興味を持っていただきましたのに、

遅い告知で申し訳ございませんでした。m(T -T)m

コメントする

公開されません

その他の記事

最近の記事から

過去の記事から

このページの上部へ

検索

プロフィール

岩手県九戸郡野田村(沿岸北部・三陸・三陸復興国立公園/陸中海岸国立公園・国道45号)の観光・物産・食、村の“ほっ”とな話題などをご紹介するブログです。

以前の記事