三陸鉄道、海をわたる

先日の土曜日、久慈へ向かう途中、三鉄の線路に三鉄が2両いるのを発見。

でもなんかおかしいぞ。2両が離れてる?


そんなことってある??

と近づいて行くと・・・

!!

レールにいたんじゃなかった!
レールのすぐわきの桜庭さん(※)のところにいた!
(※櫻庭石材店さんの資材置場。国道45号沿いで自動販売機もあり、海も見え、よくドライバーの休憩に使われております)

なにわナンバーのトレーラー・・・。

一体、こんなところで何をしてるのかな?


私 「どうして久慈の車両基地でやらないんでしょう?」
おじさま「あっちじゃトレーラーが入らねーべ」
私 「トレーラーでどこかに移動するんですか・・」


と、現場にいたおじさまに話しかけていると・・・


あっΣ( ̄ロ ̄;)

普通の三鉄(?)が来た!

カシャカシャ

よくわからないけど、作業中の三鉄(左)とラッピング列車の三鉄(右)の2ショットを収めた私でしたが、後になってネットで調べてみてやっとわかりました。

 三鉄の引退車両、ミャンマーへ 震災後初の譲渡(2015/3/8 岩手日報)

記事によれば、この2両は三鉄が開業した時から30年間活躍した車両だそうですが、老朽化のため2013年度末に廃車、ミャンマー国鉄に譲渡されるそうです。



陸中野田―野田玉川間(つまりココ)で搬出作業が行われ、
陸路で横浜港まで輸送、その後船でミャンマーへ行くとか。
つまりこの後、夜間に旅立ち・・・今ごろは船の上でしょうか。


確かにここは線路がすぐ脇に通る空地で、搬出には良さそうなところですね。

こっちには36-1103の文字

私が小さい時からお客さんを乗せてバリバリ頑張ってきた三鉄。
30年間お疲れ様でした。
第2の人生、頑張ってね!!
 

この記事が気になりましたらお気軽にコメントやシェアしていただければ幸いです。

タグ:三鉄, 三陸鉄道

関連する記事

※記事の内容は取材当時のもので、最新の情報とは異なる可能性があります。最新情報は直接店舗等にご確認ください。

コメントする

公開されません

その他の記事

最近の記事から

過去の記事から

このページの上部へ

検索

プロフィール

岩手県九戸郡野田村(沿岸北部・三陸・三陸復興国立公園/陸中海岸国立公園・国道45号)の観光・物産・食、村の“ほっ”とな話題などをご紹介するブログです。

以前の記事