LIGHT UP NIPPON野田村2015 その2!

「野田まつり」まであと8日になりました!
ラストスパート&お盆前で皆さん忙しく過ごされています。

それは今日はちょっとおいといて、LIGHT UP NIPPON×NODA レポート第二弾(*^▽^*)


第一弾で素敵な花火の写真を上げましたが、今回は会場の様子です☆



 

ライトアップニッポンは、東北大震災後の2011年から、毎年8月11日に

震災で被災した東北地方の沿岸部10ヶ所以上で打ち上げ花火をあげるプロジェクト。


今年は全国10箇所で行われ、そのうちの一つである野田村会場では
午前中、そしてやんだと思いきや夕方に豪雨(´д⊂)
商工会の電話は「打ち上げますか?」の電話が鳴りやみません・・


飲食ブーステントの皆さんは雨の中がんばってますが大変そう(T-Tlll)



もうどうなることかと思いましたが
ミニコンサートの始まる夕方5時30分

雨あがった~!

野田実行委員長さんの「大丈夫!晴れるの信じてますから」という言葉どおり(*TーT)b






きゅうきょテントを組んだコンサートステージにまず出ていらっしゃったのは

盛岡のシンガーソングライターSHIZUKUさん


野田村のために作ってくれたという野田村テーマソングを披露してくださいました!!
やさしく透き通るような素敵な歌声とピアノに感動(つ∀<●)゚+.



そして後半は、大槌町出身、臼澤みさきさんが登場❤


野田村は2度目ですかね!写真NGでしたので雰囲気だけ・・。力強く伸びる素晴らしい歌声に感動(つ∀<●)゚+.

ミニコンサートが終わるころには会場は人でたくさんに!!

 


花火大会の日をとても楽しみにしていた夏休み中の子どもたち。
エアートランポリンや商工会女性部も子どもたちで賑わいます。


弘前大学の学生ボランティアさんも来てくれてました!
(小中学生対象の合宿を実施してくれました)

 

そして夜7時・・・
全国一斉打上です!!


ドン!ヒュ~~・・ ぱっ!

 

会場に流れる、童謡「赤とんぼ」に合わせるように
1つ、また1つと花火が上がっていきます。


 


ぽぽぽぽ~ん!と逆シャワーな花火もあって、すごくきれいでしたよー!!


ぽぽぽぽ~ん
(って震災を知らない子どもに言っても通じないんだよね)
 
 
会場からは歓声と拍手が起こってました。

 

会場の皆さん「すごくきれいだった!」と大喜びだったそうです。

実行委員会の一部の皆さん!
ほんとはもっとたくさんいるんですよ~~
おつかれさまでした!!

 

ライトアップニッポンは震災の年2011年からスタートして今年で5回目。野田村会場は4回目です。


ライトアップニッポンの目的の1つ目は「追悼」「復興」の願いを込め、東北の被災地を明るく照らすこと。
その中でたくさんの子どもたちの笑顔が生まれ、それを見た大人たちには希望を感じてほしいという願いがあるそうです。


2つ目はその様子を配信することで、復興に向かう被災地からのメッセージを日本中・世界中に届けること。今回はラジオや、インターネットのユーストリームというサービスから動画配信されました。

コミュニティFM「のだむラジヲ」のブース

FMいわてでお馴染みのまつみたくやさんがMCをしてくださいました!


「やりたい」という声がある限り、ライトアップニッポンは支援を続けるそうです。

小さな支援金も集まれば大きな力になります。

来年もみんなで大きい花火を上げましょう!!


公式ウェブサイト
http://lightupnippon.jp/

LIGHT UP NIPPON Facebook
https://www.facebook.com/lightupnippon

LIGHT UP NIPPON野田村 Facebook
https://www.facebook.com/lunnoda

この記事が気になりましたらお気軽にコメントやシェアしていただければ幸いです。
野田村観光協会Facebookページはこちら

タグ:LIGHT UP NIPPON, のだむラジヲ, 復興支援

関連する記事

※記事の内容は取材当時のもので、最新の情報とは異なる可能性があります。最新情報は直接店舗等にご確認ください。

コメントする

公開されません

その他の記事

最近の記事から

過去の記事から

このページの上部へ

検索

プロフィール

岩手県九戸郡野田村(沿岸北部・三陸・三陸復興国立公園/陸中海岸国立公園・国道45号)の観光・物産・食、村の“ほっ”とな話題などをご紹介するブログです。

以前の記事