手が止まらないの!塩ぐるみ&黒糖ぐるみ

道の駅のだの物産館で密かな人気の「塩ぐるみ」「黒糖ぐるみ」をご存じですか。岩手県産や野田村に自生するオニグルミの加工・販売を行う「くるみ工房 くる美人」さんが作っている商品です。


オニグルミ(和ぐるみ)はその名前の通り殻が鬼のように硬いことで有名ですが、その実は渋味もなく濃厚でクリーミー!

とはいえ殻割りが大変なことに加え、食べられる部分も少ししかなく貴重です。




今日はその鬼グルミを加工している、村内根井地区の加工場にお邪魔しました。


こんにちは~!
左上の方が「くる美人」の中原さんです。いつもは6人で作業しているそうです!



この日は皆さんで、東日本大震災 被災地支援チーム「SAVE IWATE」さんの岩手県産のクルミをむき身にするお仕事をしていました。


クルミがぎっしり詰まった袋がたくさん!!!

えっ、器具とかじゃなくてカナヅチで割るんですか?


ガン・ガン・ガン!(ポイ)
ガン・ガン・ガン!(ポイ)

潔く3~4打で割れ目を入れて、テンポよくどんどん割っていきます。
一見殻が割れてないように見えましたが、殻に割れ目を入れて中の身を割らないよう気を付けてるそうです。(これにはカナヅチが一番いいんだとか。)
そうすると殻をカパッと取ったとき、こういう身が出てくるわけで・・↓


ひょえ~、職人技!

わたくしもやらせてもらったんですが、力加減が難しい。。。



それを1つ1つ取りだし・・・


ふるいにかけて大・中・小に選別し・・


さらにそれぞれ殻等入ってないかチェックします。
「でも、飽きないでやってますよ。」と談笑しながら語るお母さんたち。


「でも目が辛いのよ~」

わが家でやってもせいぜい正月に1~2kgですが・・・、皆さんは1日に30~40kgも加工しているそうです!!



こうしてできたオニクルミのむき身に、
ミネラル豊富な自然海水塩「のだ塩」とお砂糖をまぶしたのが「塩ぐるみ」
そして黒糖をまぶしたのが「黒糖ぐるみ」です。


固さはといえば思いのほか柔らかめで、口の中に入れればクルミの香ばしさ、噛めばなんともいえないコクが広がります。これにのだ塩のしょっぱさや黒糖の香りと甘さが手伝って、1つ食べると手が止まらないんです〜。


くるみのむき身(味付けのないもの)も販売しています。
すべて50g入りで一袋450円(税込)。

 

ちなみにこのあたりではクルミの実のことを方言で「クルビ」と呼んでいて、また大変美味しいものの表現をするときに”これァうめぇ味がするもんだ。くるび味がする”と言うんだとか。
そこから、“そんな味のある人間になれたら・・・”と「くる美人」さんと名付けられたそうです。

栄養ドリンクごっつぉーになってしまいました(*>0<*)

まさに”くるび味”がする「塩ぐるみ」&「黒糖ぐるみ」、ぜひ一度お試しになってみてはいかがでしょうか。

 

-データ-

岩手県産オニグルミ 塩ぐるみ・黒糖ぐるみ・鬼ぐるみ(むき身)
  〔販売者〕くるみ工房 くる美人
  〔価格〕50g入り450円
  〔TEL・FAX〕0194-78-3012(代表:中原郁子)
  〔販売店〕観光物産館ぱあぷる(道の駅のだ 内 TEL:0194-78-4171)



この記事が気になりましたらお気軽にコメントやシェアしていただければ幸いです。
野田村観光協会Facebookページはこちら

 

【関連記事】


タグ:くる美人, だらすこ工房, 観光物産館ぱあぷる, 道の駅のだ

関連する記事

※記事の内容は取材当時のもので、最新の情報とは異なる可能性があります。最新情報は直接店舗等にご確認ください。

コメントする

公開されません

その他の記事

最近の記事から

過去の記事から

このページの上部へ

検索

プロフィール

岩手県九戸郡野田村(沿岸北部・三陸・三陸復興国立公園/陸中海岸国立公園・国道45号)の観光・物産・食、村の“ほっ”とな話題などをご紹介するブログです。

以前の記事