マリンローズOPEN♪

こんにちは!

連休は青森でガンダムと航空機と写真を撮ってきました!

岩手県は広いので、移動時間が長くて大変ですね~。

 

 

さてさて『マリンローズパーク野田玉川』さんが、今春もオープンになりましたsign03

20180428_IMG_8805.jpg

入口の看板もピンクに一新。

20180428_IMG_3433.JPG

20180428_IMG_3063.JPG

入場料は大人700円、中・高生500円、小学生400円となっております。

20180428_IMG_3065.JPG

ではさっそく、キッズを連れて2億年の地下探検に行ってきます!

なお、暗いのが苦手な保育園児は以前、龍泉洞で「こわい~抱っこ~」と言われ始終抱っこしていたので、連れてきておりません!

20180428_IMG_3072.JPG

坑道内は年間を通しておよそ10度前後。この日は外と中の温度があまり変わらなかったようで、さほど寒くは感じませんでした。

「コウモリいるかな」「暗い、怖い」「あ、人じゃない、偽物だ!(←マネキン)」「これはきっとトロッコが通った跡だ!」「マイクラだね(←ゲーム)」「マイクラならすぐ掘れるのにね」

20180428_marin1.jpg

後半は世界の宝石や鉱物がたくさん。

やっぱり女の子たちは目をキラキラさせて宝石に見入っています。

20180428_IMG_3093.JPG

「絵具で色を付けたの?」

 

コウモリには会えなかったそうですが、いっぱいドキドキして出てきたようです。

20180428_IMG_3104.JPG

そう!売店は、今春からアイテムが一新されてるそうなのです!

行ってみましょう!happy02

 

 

わ~~shine

20180428_marin2.jpg

『てしごと屋』さんによる、淡いピンク色のマリンローズジュエリーがずらりと並びます。

ここ野田玉川鉱山で産出された『ばら輝石』を加工したマリンローズのネックレス・ブレスレット・指輪・ピアスのほか、タイピン・キーホルダー・ボールペン・スプーン・印鑑・数珠などもありました。
 

20180428_IMG_3041.JPG

中には、ばら輝石に透明な石英(せきえい)が混ざった、少し透明感があるタイプもあるそう。

これはまだアクセサリーが無かったんですが、希少なタイプなのでちょっとお値段が高くなりそうですね...。う~ん、でも素敵だな~sweat01

20180428_IMG_3058.JPG

キッズが気になるガチャガチャも。確か700円ぐらいだそうですが、何が出るかはお楽しみ。

20180428_IMG_3106.JPG

水晶・ガーネット・インカローズほか、天然石のプチアイテムも

 

20180428_IMG_3053.JPG

欲しいのがたくさんあって悩んだけど、普段使いできそうなマリンローズのブレスレットをチョイス!!

 

石の色や模様などの違いもあり、ある意味みんな1点ものなので、
ねま~るの本店・ここマリンローズ店・道の駅のだ、それぞれで違うアクセサリーに出会えるかもしれません。

ばら輝石の宝石言葉は「自らの価値・秘めた情熱」などで、自分に自信を与えてくれたり、人と人との絆を深めてくれるパワーストーンでもあるので、身に付けてパワーをもらおうと思います!

 

皆さんもぜひ行ってみてくださいね♪

 

同じくオープンとなりましたお隣の『涼海の丘ワイナリー テイスティングルーム』については、また次の記事で・・・wink

 

-施設データ-

マリンローズパーク野田玉川(野田玉川鉱山跡)
  〔住所〕〒028-8202 岩手県九戸郡野田村大字玉川5-104-13
  〔入場料金〕大人700円/中高生500円/小学生400円(団体割引あり)
  〔TEL〕0194-78-2138
  〔営業時間〕4月下旬~10月 午前9:00~午後5:00
  〔定休日〕毎週火曜日


この記事が気になりましたらお気軽にコメントやシェアしていただければ幸いです。
野田村観光協会Facebookページはこちら




関連記事

タグ:マリンローズ, マリンローズパーク野田玉川, 涼海の丘ワイナリー

関連する記事

※記事の内容は取材当時のもので、最新の情報とは異なる可能性があります。最新情報は直接店舗等にご確認ください。

コメントする

公開されません

その他の記事

最近の記事から

過去の記事から

このページの上部へ

検索

プロフィール

岩手県九戸郡野田村(沿岸北部・三陸・三陸復興国立公園/陸中海岸国立公園・国道45号)の観光・物産・食、村の“ほっ”とな話題などをご紹介するブログです。

以前の記事