美しい海を未来へつなぐ~シーカヤック&海岸清掃

「秋は夕暮れ」というだけあって、最近夕焼けが綺麗ですね!

空がピンクやオレンジに染まっていたと思ったら、すぐに真っ暗になり気温が下がります。

だんだん紅葉が深まってきそうですね。

 

さて先日、海で楽しく遊び海岸をお掃除するプレイベントとして

野田村トレイル振興会で(再び)シーカヤックに挑戦してきましたsign03

20201016_IMG_2924.JPG

みちのく潮風トレイルコースの通り道にもなっている玉川漁港です

この日もお天気&海が良くてよかったsweat01

20201016_IMG_2891.JPG

夏に初挑戦したときはとにかく海が怖かったのですがshock、、

2回目はちょっと余裕が出てきたかなsign02(酔い止めもバッチリ飲んだし)

いくらかリラックスして海のアクティビティを楽しめました。

1回目で終わっていたら、シーカヤックの楽しさを知らないままでしたねcoldsweats01

20201016_IMG_2923.JPG

初めての方も多かったけど皆さんお上手なのです

 

さて、今回は玉川海岸の清掃活動も目的の一つです。

20201016_IMG_2948.JPG

野営場のところから、玉川海岸に降りていきます!

20201016_IMG_2938.JPG

ここは海流の関係なのでしょうか、漂流・漂着ごみ(海洋ごみ)が打ち上げられやすい場所なのです。

みちのく潮風トレイルコースにもなっているのですが、ごみが多くて驚かれます。

20201016_IMG_3650.JPG

大時化で打ち上げられた巨木の流木。
十府ヶ浦の方では見かけないんですが・・

20201016_IMG_2935.JPG

腕時計が当たるキャンペーン付きの清涼飲料水かな?

20201016_IMG_2940.JPG

これは絶対コーヒーだ!

20201016_IMG_2933.JPG

えぇと・・・ハングル文字?

20201016_IMG_2934.JPG

ボルネオ?インドネシアの方でしょうか?

日本産のペットボトルもたくさんありました。とにかくペットボトルがたくさんあって、すぐにゴミ袋がいっぱいになりましたsign01

あとは発泡スチロールもたくさんありました。

ビニール袋のやぶれたようなゴミもあり、また時化で海へ戻って海の生物が飲み込まないようにと拾い集めました。

「どこから」「なぜ」海洋ごみが発生しているのか。興味のある方はぜひ見てみてください。

appli01日本財団ジャーナル【増え続ける海洋ごみ】

 

20201016_IMG_3649.JPG

うわ~ こんなのも。養殖場の何かかな・・?

20201016_IMG_3653.JPG

今回はプラごみなど燃えるごみを中心に集めて、ブイなど大型のものはひとまず一カ所に集めていました。

 

20201016_IMG_2930.JPG

20201016_IMG_2942.JPG

だいぶきれいになりました。

20201016_IMG_2943.JPG

みんなで集めたゴミを持って上がります。

 

清掃中にもたまたまサーフィンをする方が降りていらっしゃいましたが

上がるときに「ついでだから」とゴミを持って行ってくれました。いい人だなぁ・・・ありがとうございます。weep

20201016_IMG_3656.JPG

今回は11人で、軽トラ二台分のごみを集めることができました!

海に流れ着くプラスチックごみの量は非常に多く、また玉川海岸は徒歩でないと入れないので大変なのですが、人手があったおかげで短時間でこれぐらい集めることができました。

IMG_3645.jpg

北三陸OUTDOORSの大津先生、いわて復興応援隊の町田さん、どうもありがとうございました。

 

来年度以降も継続して行えると良いですね!!


この記事が気になりましたらお気軽にコメントやシェアしていただければ幸いです。
野田村観光協会Facebookページはこちら



 

関連記事

タグ:みちのく潮風トレイル

関連する記事

※記事の内容は取材当時のもので、最新の情報とは異なる可能性があります。最新情報は直接店舗等にご確認ください。

コメントする

公開されません

その他の記事

最近の記事から

過去の記事から

このページの上部へ

お知らせ


検索

以前の記事

プロフィール

岩手県九戸郡野田村(沿岸北部・三陸・三陸復興国立公園/陸中海岸国立公園・国道45号)の観光・物産・食、村の“ほっ”とな話題などをご紹介するブログです。