H22年・野田観光まつり~お環り~

さてお祭り記事も4本目!お環り・最終日です。
お環りの日程は、昼間は山車・みこしの運行に、夕方の山車の競演、夜の懸賞付き盆踊り大会。


お環りの山車・みこし運行は北区からのスタート。(国道からのんちゃん像のところを入ってきて、警察のあるあたりです)愛宕神社の神輿を先頭に、ずらずらと後に皆が続きます。



そういえば、いつだかお隣の久慈市さんで山車の音頭にマイクを使っていてビックリしました。野田は小さい村だからか特にマイクは使いません・・・

御神輿はところどころ、バケツで水をかけられます。5杯ぐらいかな、もうザンブザンブと。かける人も、かけられる人も楽しそう。今年は暑いから気持ちよかったでしょうね!





夕方の「山車の競演」は、野田観光まつり実行委員長の道上さんのご挨拶から。この1ヶ月間いっぱい道上さんにお会いしました。お疲れ様です。



▼上組 『風流トラを生け捕る和藤内(わとうない)』 見返り『サルカニ合戦』

▼中組 『児雷也(じらいや)』 見返り『浦島太郎』

▼下組(自作山車)『源平最後の合戦 壇ノ浦の戦い』 見返り『弁慶の立ち往生』



「山車の競演」は大変な見ごたえがあります。昔は役場前広場でやっていましたが、現在はこの大鳥居前でやっています。大鳥居はのところはT字路になっていますから、そこに3台の山車がまるで三すくみのように顔を合わせます。

そして上組、中組、下組と、太鼓と笛のお囃子を披露。どんどんテンポが早くなり、太鼓の激しい乱打で会場を盛り上げます。


最後の下組さんは、若い衆が最後に龍退治!?の舞いを見せておおいに会場を沸かせました!すご~い!


ちょこっとですが動画モードでも撮りました↓





今年から?太鼓叩きに女の子も加わりました。おそらくずーっと男の子のお仕事だったと思うんで、新鮮です。

ライトアップされた愛宕神社の大鳥居を見ると、夏だなぁって気分になりますよね。



今年はコレが流行ってましたかねー↓ ピカピカ☆★ うちの子も変身ステッキみたいなやつを買ったんですが、暗いところで見つめてると頭がクラクラしました・・・


夜は遅くまで盆踊りの当選者発表をしていました。今年の盆踊りも、たくさんの協賛店から賞品が出されました。皆さん、何か当たりましたか??テレビとipodはどなたの手に渡ったでしょうかぁ~。



いやー、終わっちゃいましたが、やっぱり地元のお祭りが一番楽しい!!ですね。

観光まつりが終わればもうすっかり秋・・・・・・と思いきや、アレ~!? もう少し残暑が続きそうです。

タグ:のんちゃん, 愛宕神社, 久慈市, 野田観光まつり2010

関連する記事

※記事の内容は取材当時のもので、最新の情報とは異なる可能性があります。最新情報は直接店舗等にご確認ください。

コメントする

公開されません

その他の記事

最近の記事から

過去の記事から

このページの上部へ

検索

プロフィール

岩手県九戸郡野田村(沿岸北部・三陸・三陸復興国立公園/陸中海岸国立公園・国道45号)の観光・物産・食、村の“ほっ”とな話題などをご紹介するブログです。

以前の記事