〔野田ホタテまつり〕OISHI 荒海ホタテに舌鼓

昨日行われました『野田ホタテまつり』においでいただいた皆さま、ありがとうございます☆

さすがに「寒くなかった」とはいえないけど、風も昨年ほどは強くなかったし、空は清々しい青空!!sun



野田村漁協の組合長さんからのご挨拶と共に、10時にイベントスタート!

シャッターおーぷーん( ̄ロ ̄)

アラウミダン!
船がジャンピングしてるスゴイロゴが目印。




外海の野田湾で育ったホタテを水揚げして保管しておくホタテ蓄養施設内。
見ると、あっちピュッこっちでピュッと泳いでます。

この日のために3トンのホタテが用意されました!




ご覧ください、蓄養施設前はすでに長蛇の列です!
どれぐらい並んでいるのかな??

と数えましたら、ざっと70人以上は並んでいることに!

「田舎の人は行列慣れしてない」と言われますが、この日はたくさんの方が並んでくれました!




イベントでは主に

 ☆箱入りの贈答用ホタテにならぶ皆さん

 ☆バラ売りホタテにならぶ皆さん

 ☆焼ホタテなどフードブースにならぶ皆さん

と、三つの行列ができました。

この野田ホタテまつりでは、通常より2~3割安い価格で販売。

箱入りの贈答用は1キロ入り2,000円。2キロ入りで3,000円。(発泡・保冷剤付き)

中はすごいホタテの山~~~!


そして買ったら、発送希望の方は外のクロネコヤマトコーナーへ。
4箱5箱と買ってる方も結構いますね。




一方、蓄養施設前では・・・・
ホタテのバラ売りを買い求める皆さん(キロ900円!)

皆さん「2キロください」「4キロください」とざっくざっくホタテを買っていきます。
私も並びましたが、皆さんあんまり買うので無くならないか心配でした(笑)
自前の発泡スチロールやバケツを持ってくる方も。

バラ売りコーナーでは豪快にホタテをザザー!っと量りで量ってくれます。

カゴのが無くなると、目の前の蓄養施設からザブザブと出されたホタテがカゴいっぱいに入れられガーーーッと運ばれてきます。

う~ん本当に新鮮なんですね!(ノ゚ο゚)ノ



ワタクシも並んでようやくゲット!!
1キロ買ったので900円也。(8枚入ってましたheart01
大体6枚から8枚ぐらいみたいですね。





そしてこちらは、焼きホタテなどのフードブースに並ぶ皆さん!


焼ホタテのしょっぱ香ばしい、良~い匂~~~い。
トングを使ってすばやく殻を取ってどんどん焼いていきます。
殻用のカゴに殻がどんどん飛んでいきます。(´o`;
焼けるとひも(みみ)がちぢまって、貝柱がぷりっと盛り上がってきて、汁がグツグツ煮えてきて、殻がこんがりしてきたら、そろそろ焼き上がりかな~~。
焼きホタテは6コ入りパックで800円でしたが、
私はバラを1キロ買ったのもあって1枚(150円)だけ購入。
(ぜひ会場で食べたかったので・・・!)大きいの二口で食べるか一口で食べるか2秒悩んで、一口で食べました。

口いっぱいに広がる塩味、ホタテの濃い旨味、
最高です。。日本一です。。(*TーT)b


美味しいホタテをありがとうございます。。




それから『荒海汁』(300円)に並びましたが・・・・
その並んでいる間に、おやっ?
『荒海ホタテ』だけじゃなく、『荒海ワカメ』っていうのもあるんですね!

おとなりの『三陸マリネ』も試食でいただきましたら、美味しかったです。ホタテ・シメサバ・コンブのマリネで、そのまま食べれます。

さぁ、荒海汁の大鍋です☆☆
うーん、おいしそー。
わー、カニ入りだー!o(@.@)o
けっこうホタテが入ってましたよ!
ホタテ・平ガニ・ワカメと具だくさんで、スープもコクがあって、すっごく美味しかったです!!あったまった~。

うわぁ、イカの鉄板焼きですー。
やわらかいんだろうなぁ~~

ほかにもアワビが売ってました。


ポールスターファームさんのプリプリ☆ウィンナー!
食べると、ブワッといろいろなスパイスの香りがしました。
ボリュームがあって一人で食べるとお腹いっぱい(笑)
美味しそうな福袋もありました~。


地ビールのベアレン醸造所さん(盛岡)もいらっしゃいました。
会場で生ビールとは羨ましい!!
1本にりんごが2個使用されているというお酒「イングリッシュサイダー」のほか、ウルズス・ヴァイツェン・アップルラガー・クラシックなど、おみやげに買う方も結構いらっしゃいました。


レストランぱあぷるさんの『ホタテラーメン』もかなりの行列でした。
やっぱり体があたたまるメニューが嬉しいですね。


かまどのつきやさんの『こんにゃくおでん』『はっとう汁』も気になったなぁ。
お腹いっぱいで食べられませんでした・・・すみません・・・


こちら漁師さん秘伝のタレで漬け込んだ『鮭の醤油漬け』、半身で1,700円!
”鮭とば”みたいですが、とにかく大きくてお得!
切って炙って食べると、しょうゆの香ばしい風味がしておつまみにピッタリです。
「三陸りあす漬け」という名前で観光物産館ぱあぷるでも売ってますよ。

南部福来豚の串焼きも食べたかったな~~。。{{(>_<)}}


12月の寒い中、たくさんの方が会場へ足を運んでくださいまして
(秋田や八戸などのお車ナンバーも見かけました!)
野田村の荒海ホタテを楽しみにしてる方の多さに驚き、
とても嬉しかったです!*(≧〇≦)*

たくさん買っていただき、ありがとうございます☆







最後に、バラ売りで買った自宅用ホタテは・・・。

バター醤油でーすheart01
貝柱、厚いなぁ・・!

パクッ!!

うまーーーい。(>~<)ノ

お刺身も、とっても繊細な甘い味でした・・・

ごちそうさまでした!




まだ震災前の生産量には戻っていませんが、漁協さんや生産者さんは野田湾の「荒海」でのホタテ養殖に日々尽力されていることと思います。

来年もまたぜひ『野田ホタテまつり』へお越しください☆



通販はこちら【ネットぱあぷる 荒海ホタテ】



この記事が気になりましたらお気軽にコメントやシェアしていただければ幸いです。



タグ:かまどのつきや, 観光物産館ぱあぷる, 野田ホタテまつり, 野田ホタテまつり

関連する記事

※記事の内容は取材当時のもので、最新の情報とは異なる可能性があります。最新情報は直接店舗等にご確認ください。

コメントする

公開されません

その他の記事

最近の記事から

過去の記事から

このページの上部へ

検索

プロフィール

岩手県九戸郡野田村(沿岸北部・三陸・三陸復興国立公園/陸中海岸国立公園・国道45号)の観光・物産・食、村の“ほっ”とな話題などをご紹介するブログです。

以前の記事