だらすこ工房

ゆうべからずっと雨が降り続いています。
追悼式に大雪にならなければいいな・・・と思っていましたが、気温が高く雨になりました。
明日は夕方から夢灯りもありますし、落ち着くといいですね。


さて、今日は村内の「だらすこ工房」さんに遊びに行ってきました!!
「道の駅のだ」からはお車で大体10分ほどでしょうか。野田中学校の更に上の方にあります。


このブログでは何度か登場しているだらすこ工房さんですが
今年度ワタクシとしてはご紹介するのが初めてなのであらためてご紹介しますねー



だらすこ工房さんは震災をきっかけに、仮設住宅のお父さん達が集まって、木工の手仕事など色んな活動をしているグループです。
ちなみに「だらすこ」っていうのは「ふくろう」の方言ですヨ。

この建物、お父さんがご趣味で何年もかけて建てたんだそうです!すごい。

こっちの小屋二つは元大工のお父さんが作ったそうです。すごい!

昔ばなしや。

代表である大澤継彌さんにお話をお聞きしたら、今は冬期間なので注文があるとき以外は活動していないらしく、この日は大澤さんお一人。

今年は雪が少ないので難なく来ましたが、去年などは道路から建物までの除雪に何日もかかって大変だったそうです。




遊びに来たのは、実はこのあいだ「農家食堂つきや」さんで
だらすこ工房さんの作った箸置きを見つけたから。
これこれ
一体どんな活動をしているのかな?と気になりましてo(´▽`)o



最近では、近隣市町村から灯籠のご注文が入ったり・・・

それからこちらは、野田村の花鳥木(はまなす・せきれい・くろまつ)に、だらすこ・さけ・のんちゃんがあしらわれている木製パズルなんですが・・・少し前に岩手日報さんにも掲載されましたが(参照)、野田村ではここ最近新生児に村から木製のパズルがプレゼントされてるんです~!
そのパズルを、だらすこ工房さんが作っているそうです。

それとセットで、この木製のおしゃぶり歯がため「かむカメ」をだらすこ工房さんからサービスでプレゼントしているそうです。

いいですね~、どちらも素敵!(*・0・*)

それから「だらすこ」のマークであるフクロウさんの木製ストラップや箸置きに・・・


野田村の特産品であるホタテをかたどった木製ストラップ
これスマホ対応のストラップで、ジャックに差し込んでぶら下げられるんだって。(そんなのあるんだ)


こういった木工小物も販売用に作っています。




あと木製の額縁プランターというのもあって、これがけっこう好評だそうです。
現物がないということで写真をお借りしましたが・・
あ~、これ村内でも見かけてました!
オシャレなプランターですね~。



だらすこ工房さんは、お父さん達が集まって、手を動かして、おしゃべりして元気を出す!という活動ありきのグループ。大澤さんは「売るのが恥ずかしいというか申し訳ない」とおっしゃっていましたが、どれも温かいぬくもりあるものばかりでした。



それから「野田村だらすこ市民共同発電所」という活動や、これから新しく植林される防潮林や、来年度完成予定の都市公園の植林活動への募金活動も行っています。



「若い人にはやっぱり負けるけど、まだもう少し頑張ってみるよ」という大澤さん。いやいや十分アツいものを感じる、元気なお父さんたちです。
私も負けないように頑張らないと(≧◇≦)
[#IMAGE|S72#]木工小物商品は「道の駅のだ」観光物産館ぱあぷる、「まるきん 大沢菓子店」さんにも置いてあります。


-詳細-

だらすこ工房
  〔住所〕〒028-8201 岩手県九戸郡野田村大字野田7-116
  〔TEL/FAX〕0194-75-3923
  〔ウェブサイト〕http://www.darasuko.com/
  〔通販〕ネットぱあぷる―だらすこ工房

この記事が気になりましたらお気軽にコメントやシェアしていただければ幸いです。


【関連記事】


タグ:だらすこ工房, 震災と復興, 都市公園, 道の駅のだ

関連する記事

※記事の内容は取材当時のもので、最新の情報とは異なる可能性があります。最新情報は直接店舗等にご確認ください。

コメントする

公開されません

その他の記事

最近の記事から

過去の記事から

このページの上部へ

検索

プロフィール

岩手県九戸郡野田村(沿岸北部・三陸・三陸復興国立公園/陸中海岸国立公園・国道45号)の観光・物産・食、村の“ほっ”とな話題などをご紹介するブログです。

以前の記事

お知らせ